大きくする 標準 小さくする

【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載

緊急支援物資を南三陸町へbyマーキュリー [学外活動]

投稿日時:2011/08/01(月) 12:35

 こんにちは
マーキュリーです!
 
今日は6月4日5日に、皆さんからお預かりした募金を野菜・果物に変え宮城県南三陸町に届けてきた報告をします。
※の入った箇所は、6月時点での情報です。現在では、変更となった場合がありますので、最新の情報を参照するようにして下さい。
 
今回使わせて頂いた募金は、3月中旬から4月下旬まで大宮駅、宮原駅での募金です。この募金から、約24万円グレープフルーツ新じゃがいも玉葱人参キャベツに変えて送りました。(※)
 
6月4日に、大学で1.5トン平トラックと、大学のバンを使い約1.5トン強の野菜・果物を、さいたま北商工組合の方1人、聖学院大学職員1人、学生2人の計4人で輸送しました。
 
4日の夜には、東北に着いたのですが、受付時間上5日の朝という約束でしたので、その日はマーキュリーの親せき宅(岩手県一関市にあります)に泊まらせて頂き、5日の朝に時間通り届けさせて頂きました。
 
親せき宅では、大震災前日に小規模な地震があり、その時にやはり津波警報が出たということを、あまり知られていないこととして、教えてくださいました。その時の地震では、津波は来ず、次の日の大震災でも津波はそれほどではなく、来ても小規模の津波なのではないか、という考えがあったそうです。しかし、実際に来た津波は予想を遥かに超える規模の大津波で、逃げ遅れた方もいるんじゃないかということでした。
このような話は、一同初めて聞いた話でしたから、大変驚きました。

 
被災地では、私たちがメディアを通して目にする被災地とは全く異なるものだったのは、鮮明に覚えています。
道路は抉られ、ガードレールはむしり取られ、そこは畑だったのか家だったのか解らないありさまでした。山は塩水で木が枯れ、車が山にのめりこんでおり、ところどころに大きな水たまり。
しかし、不思議なことに人が住む
匂いがするのです
人が生活をしていた頃の
匂いなのでしょうか。それが、目の前の光景とはあきらかに不自然であり、恐怖でした。

 

地面をみると小さな布袋が落ちていました。
最初何か分からずに見ていましたが、それはお手玉でした。
お手玉は穴があいており、中には、なにも入っていませんでした。
それを見て何か悲しくなりました。
ここは国道の真ん中、お手玉が落ちているにはあまりに不自然すぎる場所です。

 
そしてお手玉を見て思ったのは、この持ち主は生きているのだろうかという気持ちでした。

 




















南三陸町では、緊急支援物資を「ベイサイドアリーナ」という場所に集めていました。(※)運ばれている物資で一番驚いたのは、新鮮な牛乳でした。これには、驚きました。私たちのように埼玉から運ぶにはまず無理ですから(久喜インターから一関インターまで6時間半もかかりましたから)、近隣の牧場などからの支援なのでしょうか。

 









































無事私たちも、物資の輸送を完了し、石巻から仙台方面へ渡り帰路に着きました。
途中小学校の運動会にたまたま遭遇し、温かい気持ちになれたのを覚えています。

 
復旧が進んできている被災地ですが、未だに救援物資を必要としている市町村が多いのが事実です。また仮設住宅に入るにも必要となる物資は多いでしょう。私たち「学生有志」では、皆さんからお預かりした募金を、夏に向けた被災地のニーズに応えられるように、緊急支援物資に変えて、これからも被災地に輸送いたします。