大きくする 標準 小さくする

SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 2013/10

10/12開催 欧米文化学科オープンキャンパス体験授業 「アニメの歴史」

[実習・授業・部活動] 投稿日時:2013/10/31(木) 15:58

10月12日(土)、オープンキャンパスの体験授業の時間に、欧米文化学科の畠山宗明先生に「アニメの歴史―アニメはなぜ「アニメ」と呼ばれるのか」についてお話ししていただきました。


アニメと親しむ外国人の写真などを見ながら考えました

ここ10数年で日本はアニメをはじめとした日本の大衆文化産業の振興を積極的に推し進めています。
その理由は、海外に日本文化の愛好者が増えているからです。

例えば日本のアニメは、ジャパニメーションと呼ばれ、世界で親しまれています。日本でも人気のアニメ『ポケット・モンスター』は世界60か国以上で放送されており、アニメ『ドラえもん』もアジアを中心に世界30か国以上放送されています。また、今年公開された映画、『パシフィック・リム』ではモンスターを「カイジュウ」と呼んだりしていました。それは監督が日本のアニメに感化されて作られたからです。

では、アニメとはどういう意味があるのでしょうか?
それは日本独自の文化なのでしょうか?

英語でのAnimationは活力、生気、活気という意味があります。俗にいう日本のアニメとは意味が少し異なっている感もあります。
逆に日本のアニメは、英語の「Cartoon Film(漫画映画)」の方がイメージに近いと畠山先生は説明されました。
しかし、だとするなら、それはなぜわざわざ「アニメ」と呼ばれるのでしょうか?


AnimationとCartoon Filmの違いについて
お話ししていただきました


それを考えるためには、日本のアニメのもととなった、「アニメーション」と呼ばれる技法や映画について考えなければなりません。

例えば今年亡くなった映画監督でストップモーションアニメーターのレイ・ハリーハウゼンは、実写映画『シンドバット黄金の航海』(1974年)の中で、クライマックスに粘土を使ったアニメーションを駆使しました。これは、実写ですが「アニメーション」と呼ばれています。

またそれは、実写映画と同じくらい古い歴史を持っています。
世界最初のアニメーションである、フランスのアニメーション作家エミリー・コールの『ファンタスマゴリー』は1908年)に作られました。

実は、実写もアニメーションも同じメカニズムから生まれています。
静止画像を連続して映写することにより、そこには「動き」が生まれます。動画はこのような静止画の連続上映から作り出されます。

このような技術を目にした人達は、それが死(静止画)から生(動き)が生まれたかのように感じ、また、動きそのものに命が宿っているような印象を受けました。アニメーションとは動かない(死んだ)画像から、まるで生き物のような動きを生み出す技術、動きそのものに生命が宿っているかのように表現する技術を指しているのです。

アニメーションとは、漫画や描かれた線で作られた動画だけを指すのではなく、動きを生き生きと表現するさまざまな技術を指す言葉なのです。アニメーションとはダンスや舞踏のような、物語よりも「動き」が強調された表現だとも言えるかもしれません。

日本のアニメはしばしばオタク文化に結び付けられます。
カワイイ女の子や、SF的なストーリーがその大きな特徴だとされます。しかし、アニメのもととなった「アニメーション」にまでさかのぼったうえで、もう一度アニメの表現を見直したとき、日本のアニメにおいても、様々に工夫を凝らされた「動き」を発見することができます。日本のアニメも、間違いなくこれまで作られてきたさまざまなアニメーション映画の子孫なのです。

このように、「アニメ」を「アニメーション」と捉え、その広い歴史の中でとらえ直したとき、私たちがよく知るアニメとは別の表現の可能性が、浮かび上がってくるのである、と畠山先生は締めくくられました。


欧米文化学科 ホームページはこちら>>

10/12開催 こども心理学科オープンキャンパス体験授業「自己理解、他者理解」

[オープンキャンパス関連] 投稿日時:2013/10/23(水) 19:05

10月12日(土)、オープンキャンパス体験授業の時間にこども心理学科の村上純子先生に「自己理解、他者理解」についてお話ししていただきました。


村上純子先生による体験授業の様子

体験授業は、前半は講義型、後半はグループワークという形で行われました。講義に参加した受講生は初めての相手に緊張しながらも、活気に溢れた体験授業となりました。

村上先生は、人間は自己理解(自分を理解すること)と、相反する他者理解(他人を理解すること)を繰り返している生き物であると説き、その二つの間には自己開示(自分を見せること)が必要だと話されました。
この自己開示をしないと、他者は自分を理解してくれないと言います。

授業の後半では、受講生同士でグループワークを行いました。自己理解と他者理解、そして自己開示の実践です。村上先生からワークシートが配られ、自分に当てはまる物事と、他の受講生に当てはまりそうな物事を推理し、どれだけ正解するかというものでした。


グループワークを行いました

その中で、同じ答えを(例:「生まれ変わったら男になりたいか女になりたいか」など)示しても、理由は異なるものだということを知り、受講生は驚いていました。

村上先生は、グループワークをする理由として、ワークを通して人としての幅が広がり、他者理解につながることなどを挙げました。

最後に、心理学は人の心を勉強することであるから、受講生にグループワークを通して体験してもらった、自己理解、他者理解、そして自己開示というものは切っても切り離せない、大事な物であると締めくくられました。


こども心理学科ホームページはこちらから>>

10/12開催 児童学科オープンキャンパス体験授業「社会の中にある教育力について考える」

[オープンキャンパス関連] 投稿日時:2013/10/23(水) 18:53

10月12日(土)、オープンキャンパスの体験授業の時間にて、児童学科の小池茂子先生に「社会の中にある教育力について考える」についてお話ししていただきました。


      講義をされる小池茂子先生

人類の進化・歴史をひも解きつつ、教育という営みは人類の出現と共にあるのだと、小池先生は話されました。
最初に、「狩猟採集生活による教育的営み」についての説明が行われました。
タンザニアのラエトリで発見された人類の祖先の最古の直立歩行足跡化石(360万年前)の写真を示され、それが両親と子どもの足跡と推測されるものであることの説明を通して人類最初の教育は家族間において営まれたことが紹介されました。

狩猟採集生活の時代、父と母と子が生活を共にしながら、食料のありかや獲得の仕方、或いは外敵からの身の守り方、暑さ寒さのしのぎ方など、今日の生命を明日につないでいくために必要な知識や技術を親が子どもに生活を通じて教えた、この継承こそが教育的営みの最初であったというのです。

次に、家族単位の狩猟採集生活を脱して、人間が他者と共に集落を作って生活した時代の「村落共同体にみる教育」について取り上げられました。
近代社会の以前の共同体では、人々は家族の枠を超えて村を作り土地を共有し合い、農業生産や日常生活を互いに助け合うことによって自給自足的な生活を営みました。このような村落共同体の中での教育とは、先行世代の村の大人たちの手で、次世代を担う未成熟者たち子ども・青年たちを社会の一人前の構成員にしようとする営みでありました。

そして、学校という組織化された教育の場がなかった社会の中で行われた具体的な教育の仕掛けについて説明されました。その一つは、On the Job Trainingです。これは子ども或いは青年たちが大人と共に仕事をする中で、生活を営む上で必要な知識や技術を教え込んでいくというものです。また、年中行事や祭礼を通じた教育がありました。


   多くの高校生が模擬授業に参加しました

授業では、主に東日本の農村で行われてきた「鳥追い」という行事を例に引き、伝統的な行事に子どもたちを参加させ、子どもたちがその行事を楽しみながらも、そこにある一定の役割を与えることで、子どもたちに自分が生活する社会にある文化を継承させ、且つ農村社会の構成員としての自覚を育てていくという仕掛けがそこにはあったということが紹介されました。

さらに、大人たちがその社会に伝わる神話・民話・物語を子どもに話して聞かせることも教育でした。子どもたちは大人たちが語って聞かせてくれる神話や物語を通じて、自分たちが生活する社会の成り立ち、伝統、そして規範(何をするべきなのか、何をしてはいけないのか)を学んでいったのでした。

小池茂子先生は、人間の教育という営みは今から何万年も前から行われ続けてきたのだということ、そして近代になってすべての子どもたちが通える学校教育の場が出現する以前から、社会の中にはその社会の中にいる未成熟者たちを社会の一員に育て上げていく仕組みが存在し、教育の営みが行われてきたのだと締めくくられました。


児童学科ホームページは下記

http://www.seigakuin.jp/contents/faculty/child/
 

2013/11/1~11/2 ヴェリタス祭 開催

[お知らせ] 投稿日時:2013/10/18(金) 11:47

11月1日(金)~11月2日(土)にヴェリタス祭を開催します
今年のテーマはLink~大切な繋がり~


11月1日(金) 10:30~16:30
11月2日(土) 10:30~17:00
 

気になるイベントの内容はコチラ↓↓

◆11月1日(金)
声優トークショー (13:00~14:00)

声優、“三ツ矢雄二”と“日髙のり子”がやってくる!


三ツ矢雄二
【代表作品】タッチ「上杉達也」役、キテレツ大百科「トンガリ」役、その他多数出演


日髙のり子
【代表作品】タッチ「浅倉 南」役、となりのトトロ「草壁サツキ」役、その他多数出演

入場整理券は朝10:30よりチャペル前で配布開始。入場は無料です。
※先着700名までとさせていただきます

 


◆11月2日(土)
お笑いライブ 
(12:00~13:00)


聖学院大学に爆笑の渦が巻き起こる!
整理券不要、入場無料です。

出演芸人
トータルテンボス  とろサーモン  トレンディエンジェル


※声優トークショー、お笑いライブともに出演者は変更になる場合がございます


その他のイベント 
模擬店、展示、二人羽織、クイズヴェリオネア、学生イベント、男装女装コンテスト、カラオケ大会、ヴェリタスLIVE、ほか。
また、学生オーケストラや聖歌隊、ダンス部や軽音楽部などの学生サークルのコンサートやライブも開催!
大学の雰囲気を味わってみては?!


昨年のヴェリタス際の様子がコチラからみられます

(模擬店の様子)
http://www.youtube.com/watch?v=BB_kYRDwpYQ

(大道芸・オーケストラなど)
http://www.youtube.com/watch?v=b6VzfEZPdYg

(コンサートの様子)
http://www.youtube.com/watch?v=bdk-fBzO1EI

 


ヴェリタス祭と同時開催で「入試説明・相談会」も開催します

入試説明・相談会
11月2日(土)10:00~15:00
予約不要・入退場自由

各学科教員が個別に面談します。
推薦、AO入試、自己推薦入試、一般入試等、お気軽にお立ち寄り下さい。

 


入試説明・相談会参加者にはヴェリタス祭模擬店で利用できる600円分の「模擬店券」をプレゼントします

ぜひヴェリタス祭に足を運んで私たちと一緒に盛り上げましょう!!(ノ>ω<)ノ


◆聖学院大学へのアクセス
聖学院大学へは、最寄り駅 JR高崎線 宮原駅・JR西大宮駅より出ているバスをご利用ください。

バス時刻票表はこちらから>>
アクセス(交通手段)はこちらから>>


 

10/12(土)オープンキャンパス報告

[オープンキャンパスの報告] 投稿日時:2013/10/12(土) 17:46

10月12日(土)オープンキャンパスが開催されました。


201310151814_1.jpg    201310151814_2.jpg


今月は10月ということで、聖学院大学はハロウィン仕様に
キャンパス内にはハロウィンの飾りで彩られ、学生スタッフが仮装をして皆さんをお出迎えしました

 

【大学紹介】
阿久戸学長による大学紹介「平和を創り出す者は幸いなり」が行われました。
お話しの中では、マイケル・フェアマン作 絵本「少年の木 希望のものがたり」が紹介されました。


201310151814_3.jpg
    阿久戸学長による大学紹介



【欧米文化学科特別企画】
ジャックオーランタン(かぼちゃのランプ)作り

アメリカ映画やドラマで見るようなオレンジ色のかぼちゃをくりぬいて、ハロウィンのかぼちゃのランプ「ジャックオーランタン」を作りました。


201310151814_4.jpg
   
ジャックオーランタン作り



【個別相談】
入試のこと、大学生活のことなどを各学科の先生に相談できる個別相談。
今回、個別相談の参加者全員に観賞用のハロウィンかぼちゃをプレゼントしました


201310151814_5.jpg

         学科別個別相談
 

【体験授業】

欧米文化学科
畠山宗明先生「アニメの歴史」

日本のアニメが注目される中で、“アニメーション”とはそもそもどういったものなのだろうか?その歴史は?といった講義がされました。


 

人間福祉学科
野口祐子先生「私たちの暮らしを変えるユニバーサルデザインとは」

高齢者、障がい者、こどもなど、様々な人たちが使うことができる「ユニバーサルデザイン」について講義が行われました。



201310151814_6.jpg    201310151814_7.jpg
       欧米文化学科  畠山宗明先生              人間福祉学科   野口祐子先生
                「アニメの歴史」        「私たちの暮らしを変えるユニバーサルデザインとは」



【その他の体験授業】
・政治経済学部 大森達也先生 「日本の農業と市場経済」
・日本文化学科 清水正之先生 「文学と思想ー夏目漱石の「個人主義」をめぐって」
・児童学科 小池茂子先生 「社会の中にある教育力について考える」
・こども心理学科 村上純子先生 「自己理解,他者理解」


★ヴェリタス祭開催 11/1(金)~11/2日(土)


11/1(金) 10:30~16:30
11/2(土) 10:30~17:00


模擬店やヴェリタスLIVE、カラオケ大会、声優トークショー (三ツ矢雄二、日髙のり子)、お笑いLIVE (トータルテンボス、とろサーモン、トレンディエンジェル) など、盛り沢山の内容になっています
また、オーケストラやハンドベル、ダンス部やアカペラ部など、学生サークルのコンサートやライブも開催!


ヴェリタス祭の詳細はコチラ


また入試説明・相談会も同時開催します
開催時間は10:00~15:00です。


入試説明・相談会来場者には、ヴェリタス祭模擬店で利用できる600円分の「模擬店券」をプレゼント


皆さんのお越しをお待ちしています

 

ブログ最新記事

SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 8/2(土)オープンキャンパス開催  2014/07/31(木) 13:52
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 7/19(土)、7/21(月・祝)オープンキャンパス開催  2014/07/14(月) 18:03
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 5/31(土)オープンキャンパス報告  2014/06/03(火) 13:28
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 5/31(土)オープンキャンパス開催  2014/05/14(水) 16:17
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 4/26(土)ミニオープンキャンパス開催  2014/04/10(木) 11:11
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 1/11(土)入試説明・相談会を開催  2013/12/19(木) 16:21
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 12/14(土)入試説明・相談会を開催  2013/11/29(金) 10:10
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 10/12開催 人間福祉学科オープンキャンパス体験授業 「私たちの暮らしを変えるユニバーサルデザインとは」  2013/11/19(火) 16:45
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 10/12開催 日本文化学科オープンキャンパス体験授業 「文学と思想―夏目漱石の「個人主義」をめぐって―」  2013/11/19(火) 16:36
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 10/12開催 欧米文化学科オープンキャンパス体験授業 「アニメの歴史」  2013/10/31(木) 15:58
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 10/12開催 こども心理学科オープンキャンパス体験授業「自己理解、他者理解」  2013/10/23(水) 19:05
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 10/12開催 児童学科オープンキャンパス体験授業「社会の中にある教育力について考える」  2013/10/23(水) 18:53
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 2013/11/1~11/2 ヴェリタス祭 開催  2013/10/18(金) 11:47
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 10/12(土)オープンキャンパス報告  2013/10/12(土) 17:46
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 10/12(土)オープンキャンパス開催  2013/09/19(木) 17:51
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 9/14(土)オープンキャンパス報告  2013/09/14(土) 14:12
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 8/3 人間福祉学科 体験授業報告 「アルプスの少女ハイジにみるリカバリーとピアサポート」  2013/09/12(木) 11:03
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 8/3 日本文化学科 体験授業報告 「中国の妖怪・日本の妖怪」  2013/09/12(木) 10:55
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 8/3 政治経済学科 体験授業報告 「ゆとり教育世代のコミュニケーション能力は?」  2013/09/11(水) 15:32
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG One Day Campusを9/16に開催します  2013/09/05(木) 16:19
資料請求(無料)
聖学院大学の入試情報
携帯メールマガジン登録
進学・修学支援制度
聖学院大学YouTubeチャンネル
聖学院大学から海外の大学へ
先生インタビュー
大学案内をネット上でご覧になれます。
よくある質問の検索とお問合せのページ
聖学院大学サイト