大きくする 標準 小さくする

【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載

<<前へ

『入学前準備教育』についてゼミで発表をした学生の感想レポート

[【The 聖学院物語】] 投稿日時:2013/12/17(火) 13:20

毎年、聖学院大学では入学予定者を対象に入学前準備教育を行っています。
入学前準備教育では小論文・数学・英語を基礎から学び、イベントなども行う11日間の特別講座です。
大学で学ぶための“基礎学力”を身につけ、学科を越えた友達ができることもメリットになっています。


今回、雑誌「学研・進学情報2013年12月号特集」にて聖学院大学の入学前準備教育が掲載されました。
学生スタッフとして受講生をサポートしている学生が、日本文化学科3年の卒業研究Ⅰ(川崎ゼミ)で入学前準備教育の説明や、自分自身が取り組んできたことなどについて発表し、内容をレポートしてくれました。

※「入学前準備教育」は2014年2月より「入学前スタートアップ講座」に名称を変更いたします。

===========================


12月6日(金)日本文化学科3年の卒業研究Ⅰ(川崎ゼミ)が行われました。


聖学院大学の入学前準備教育が雑誌「学研・進学情報2013年12月号特集」に掲載された関係で川崎ゼミの時間をいただき、取り上げていただきました。
学生スタッフや受講生の意見が紹介されています。






新入生と関わる大学生として、毎年緊張しつつスタッフとして携らせていただいています。
初めは本当に右も左も分からず、戸惑ってしまったことを懐かしく思い出しました。
改めて、今年も真剣に取り組んで行こうと決意できました。


本日ゼミで挙げていただいた疑問点や提案などを考慮しつつ、来年も盛り上げていきたいと思います。
入学前準備教育に毎年参加しているため、普段気づかない点がたくさんありました。
またゼミ生の皆さんにも興味を持っていただくこともでき嬉しく思いました。



【参考サイト】

入学前準備教育 HPはこちら
入学前準備教育 学生ブログはこちら

2013/10/5開催「聖学院大学創立記念音楽会」に学生が参加しました

[【The 聖学院物語】] 投稿日時:2013/10/21(月) 11:16

10月5日(土) 聖学院大学のチャペルで聖学院大学創立記念音楽会が開催され、ウィーン三重奏団による演奏が行われました。

このコンサートに参加した聖学院大学の学生で、高校生へのメールマガジンを担当している学生スタッフ「かっつん」がコンサートの様子をレポートしてくれました。


===========================

こんにちは、欧米文化学科2年のかっつんです。
10月5日に行われた、創立記念音楽会についてのブログを書こうと思います!

今年もウィーン三重奏団の方々を招き、チャペルにて演奏をしていただきました。


201310211501_1.jpg  
 
楽器は、ヴァイオリン、チェロ、ピアノです。
      
 ヴァイオリンは、ダニエル・フロシャウアー氏。
      
 チェロは、ラファエル・フリーダー氏。
      
 ピアノは、マクシミリアン・フリーダー氏が演奏されました。




この3人は、生粋のウィーン生まれ、ウィーン育ちであり、ウィーンフィルの中でも極めて希少な存在です。
曲は全14曲。アンコール3曲でした!

ウィーンフィルは本当に世界でも有名な管弦楽団なのですが、さらにその中の生粋のオーストリア人演奏者が、オーストリアが輩出したモーツァルトを奏でることに、私は最高の感動を感じました…!


他にも、ベートーヴェン、ショパン、ハイドンなど、有名な曲をたくさん演奏してくださいました。知っている曲も多く、生の演奏を聞けたのは、何とも言えない感動でした。
私が大好きな、「ノクターン」で有名な、ショパンの夜想曲第2番変ホ長調が聞けたのが嬉しかったです。


最後は、聖学院大学フィルハーモニー管弦楽団もダニエル・フロシャウアー氏、ラファエル・フリーダー氏と共演し、迫力ある演奏をしてくれました。
また、聞きに来た人も巻き込んで、拍手を促すなど、チャペル全体が一つになって、音楽会が終わりました。


もちろん、また来年も聞きに行きます。
みなさんも、どうぞいらしてください!!




※聖学院大学では、毎年、創立記念音楽会を開催。
ウィーンフィルメンバーによるコンサートを行っております。


◇参考

かっつんも作成しているメールマガジンはこちら
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー
http://www.seigakuin.net/blog_my_top/blog_id=6

10/5「聖学院大学創立記念音楽会 ウィーン三重奏団 抽選にてご招待」
http://seigakuin.d2.r-cms.jp/blog_detail/id=872





 

「チャペルシアター」にて韓国映画「祝祭」を上映、学生の感想レポート

[【The 聖学院物語】] 投稿日時:2013/10/15(火) 17:13

10月11日(金) 聖学院大学のチャペルで、チャペルシアターが開催されました。
上映されたのは、イム・グォンテク監督の韓国映画「祝祭」です。


チャペルシアター「祝祭」を観賞した聖学院大学の学生が、内容をレポートしてくれました。


===========================


10月11日(金)16時50分から聖学院大学のチャペルにてチャペルシアターが開催されました。
このチャペルシアターは、秋のキリスト教週間に2回行われました(10月11日(金)は2回目にあたります)。


本日の上映はイム・グォンテク監督の韓国映画「祝祭」です。
様々なあつれきが有りながらも、賑やかに死者を弔う韓国の伝統的な葬儀を舞台に繰り広げられる人間ドラマとなっています。



この作品で特に注目して欲しいのが挿話です。中心となる家族の会話に感動しました。
「おばあちゃんは年を分けてくれる。そして、わけた分だけ小さくなる。その後居なくなる」という母親が子どもに言うセリフです。
「亡くなる」という事を大人からの目線だけでなく、様々な視点で捉えられていると感じました。


おばあちゃんの死をきっかけに、最終的に親戚や家族の仲が元通りになれた点も良かったと思います。
また、服装にも興味をひかれました。日本の喪服は黒ですが、韓国は白色でした(僕が見た印象ではチマチョゴリを思い浮かべました)。
韓国の映画と言う事で内容が入ってくるか心配でしたが、作品に良い刺激が入っていて、飽きることなく観ることができました。


 


現在、日本と韓国は仲が悪くなったように感じています。国が異なれば文化も違う、全てを受け止めるのは難しいと思います。ただ互いに互いの国についてもっと知るべきではないかと僕は感じました。
この作品は是非とも沢山の方に見て頂きたいと思いました。

 

姜尚中先生、池上彰さんなどが講演されれた「未来授業」に学生が参加!

[学外活動] 投稿日時:2013/10/11(金) 18:08

姜尚中先生、池上彰さんなどが講演された「未来授業」に
学生が参加!


10月5日(土)12時から渋谷ヒカリエホールBにて、三菱商事 presents FM FESTIVAL 2013 未来授業~明日の日本人たちへ~「ニッポンの転換点・未来を創る」が開催されました。

この講演会に参加した聖学院大学の学生が、内容をレポートしてくれました。

===========================

講演をされた方は、クリティカルデザインを手掛けるスプツニ子さん・建築家の安藤忠雄さん・ジャーナリストの池上彰さん・聖学院大学全学教授の姜尚中先生と言った方々で、有名な方ばかりです。

それぞれ様々な視点で語られていて、十人十色とはこういうことを言うのかと言うのが率直な感想です。
スプツニ子!さんは、「ゆとり教育悪くないのではないか」という指摘。安藤忠雄さんは「電子機器の会話だけで良いのか」という指摘。池上彰さんは「教養を学ぶ理由、世の中に批判的でも良いのでは?」という指摘。姜尚中先生は「孤独や孤立しているか、親友と心友居ますか?」という指摘。

4人とも言いたい事や核になることは同じだが表現方法が異なるだけで、何かを換言して繰り返しているように感じました。様々な見方が出来ることを学べました。

感性や知性を磨けたかは分かりませんが、またとない経験ができ、嬉しく思います。
個人的には、参加者が見ている未来授業の中で、姜尚中先生に直接意見も言えたという経験ができたので、是非とも沢山の方に聞いて欲しいです。
尚且つ、今後の学生生活の参考にしたり大学内で共有したくなりました。本当に楽しめて参考になった1日でした。
このような機会を頂けて嬉しく思います。またこのような機会が有れば参加したいです。

 


【未来授業 放送予定】
なお、こちらの「未来授業」の模様はTOKYO FMをはじめとするJFN 38局(※プレスペシャルの放送は、TOKYO FMのみ)にて放送されます。

■10月13日(日)19:00~19:55
プレスペシャル 姜尚中さんの授業を紹介

■11月4日(月・祝)16:00~19:00
池上彰さん・安藤忠雄さん・スプツニ子!さんの授業を紹介


 

【参考サイト】

new! (2013/10/14 更新)

姜尚中先生の授業内容、また聖学院大学の学生が発言した様子などが動画で下記サイトよりご覧いただけます↓
◇特設サイト:
未来授業 こちら

◇「未来授業」紹介サイト:
TOKYO FMのプレスリリース こちら



【未来授業 放送予定】

なお、こちらの「未来授業」の模様はTOKYO FMをはじめとするJFN 38局(※プレスペシャルの放送は、TOKYO FMのみ)にて放送されます。

■10月13日(日)19:00~19:55
プレスペシャル 姜尚中さんの授業を紹介

■11月4日(月・祝)16:00~19:00
池上彰さん・安藤忠雄さん・スプツニ子!さんの授業を紹介

 


 

卒業生が姜尚中先生の小説『心』をレビュー【その2】

[卒業生] 投稿日時:2013/05/20(月) 18:00

【その1】に引き続き、聖学院大学全学教授 姜尚中先生が執筆された小説『心』について、卒業生で作家の木村綾由子さんからのレビューをご紹介いたします。

姜尚中先生の小説『心』レビュー【その1】は こちら から


姜尚中『心』レビュー② 真剣に考えさせられる作品

テーマは非常に重い。
しかし、それを手紙やメールというツールを使って物語に広がりを持たせているので、スムーズに読めます。

登場人物が実に個性的で、メールの文章の中からはっきりとキャラクターが3Dのように浮かび上がってきます。
特に、主要人物の直広、与次郎、萌子は手に取るように、その人物像が頭に思い浮かぶのです。

しかし、震災後の描写や主人公の直広が遺体を引き上げる描写などは心を締めつけ、喉の奥が熱く詰まるような感覚に襲われました。
その描写があってこそ、本書のテーマが引き立つ。そして、直広が「死」についてある回答を出したとき、心に穏やかさが戻り、喉の奥にも冷たい息が通るようになり、つっかえがとれます。

最後まで読んでいくと、何故、「心」というタイトルでなければならなかったのかがわかります。
読み終えた後、深く「生」について「自分」について考えたくなる本です。
この本を読むときは是非、用事は全て終わらせて、後は寝るだけ、という段階で一気に読んでもらいたい、そんな本です。
真剣に「生」「死」「自」について思いをめぐらせながら眠りに落ちるのも、たまにはいいものです。
それでは、「末永く、元気で」


■参考
姜尚中著『心』 amazonサイトは こちら から



 

«前へ

ブログ最新記事

【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 『入学前準備教育』についてゼミで発表をした学生の感想レポート  2013/12/17(火) 13:20
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 2013/10/5開催「聖学院大学創立記念音楽会」に学生が参加しました  2013/10/21(月) 11:16
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 「チャペルシアター」にて韓国映画「祝祭」を上映、学生の感想レポート  2013/10/15(火) 17:13
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 姜尚中先生、池上彰さんなどが講演されれた「未来授業」に学生が参加!  2013/10/11(金) 18:08
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 卒業生が姜尚中先生の小説『心』をレビュー【その2】  2013/05/20(月) 18:00
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 卒業生が姜尚中先生の小説『心』をレビュー【その1】  2013/05/20(月) 17:46
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 バングラディッシュからの留学生、ハミドさんインタビュー  2012/06/25(月) 18:05
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 聖学院チャンネル出演!byマーキュリー  2011/11/24(木) 22:20
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 ヴェリタス祭直前インタビュー byマーキュリー  2011/10/30(日) 23:24
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 私の周りのストレス発散方法byマーキュリー  2011/09/15(木) 00:05
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 私の新年…学友会総務委員会「総会」byマーキュリー  2011/09/08(木) 03:36
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 緊急支援物資を南三陸町へbyマーキュリー  2011/08/01(月) 12:35
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 東南アジアボランティア部Rung近況報告byマーキュリー  2011/07/30(土) 00:55
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 今の大学…レポートラッシュの巻byマーキュリー  2011/07/25(月) 23:05
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 山手線駒込駅での募金活動報告byマーキュリー  2011/07/21(木) 02:48
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 台風の思い出byマーキュリー  2011/07/21(木) 00:18
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 募金活動 byマーキュリー  2011/05/16(月) 15:00
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 はじめまして byマーキュリー  2011/05/13(金) 22:05
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 コミュニティ政策学科のリアル学生インタビューその2  2011/03/08(火) 18:01
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 コミュニティ政策学科 リアル学生インタビューその1  2011/03/08(火) 17:46