大きくする 標準 小さくする

【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載

<<前へ次へ>>

卒業生が姜尚中先生の小説『心』をレビュー【その1】

[卒業生] 投稿日時:2013/05/20(月) 17:46

2013年4月に刊行された、聖学院大学全学教授 姜尚中先生が執筆された小説『心』について、欧米文化学科卒業生で、2012年に作家としてデビューした木村綾由子さんから、レビューを寄せていただきました。ご紹介いたします。

木村綾由子:
2010年3月、聖学院大学人文学部欧米文化学科卒業。
自身の体験を基にした小説『ミゼラブル』文芸社 (2012)でデビュー。


姜尚中『心』レビュー① 誰にでも生きる意味はある

確か大学2年の夏からだったと思うけれど、大学のリトリート(学生や教職員が集まり、テーマに沿って話し合う会)に参加しました。
そこでは、あるテーマに沿って班ごとに話し合い、意見を交換し合い、私はそこで感じた感情を、再び本作品で蘇らせることが出来ました。

あるテーマとは「死」、「孤独」、「自分」……。
決められたテーマ自体にはその言葉は入っていなくても、そのようなことを沢山話し、そして同級生、先輩、後輩、人生の諸先輩方から聞くことが出来たのです。それは私の貴重な体験になりました。
「死」、「孤独」、「自分」。
それについて深く考えさせるストーリーがこの作品には詰まっています。
自分は何者かについて、また友人や恋について考える主人公直広の真面目さに心を打たれ、さらに青春とはその一瞬しかないものだと、感慨深い気持ちになります。

この小説では、沢山の言葉に胸を打たれました。
中でも私が最も心を揺さぶられた言葉は、直広の「もしかしたら自分は間違っているのかもしれない、だとしたらどこが間違ったんだろうという疑問を常に抱きながら生きていく」という言葉。
それは私の中にあった思春期のような悶々とした不安を少し安らかに、そして強固なものにしてくれました。
誰にでも、生きる意味はある、と。


レビュー【その2】は こちら から


■参考
姜尚中著『心』 amazonサイトは こちら から

 

バングラディッシュからの留学生、ハミドさんインタビュー

[【The 聖学院物語】] 投稿日時:2012/06/25(月) 18:05

留学生インタビュー
バングラディッシュからの留学生に聞く

 

HAMID HOSSAIN CHY.(ハミド ホサイン チョドリ)さん
政治経済学部政治経済学科4年



●日本に留学したいと思ったきっかけ
日本とバングラディッシュは、自然環境が崩れてしまっていることなど似ている点は多いのに、日本は経済的に発展していて、一方バングラディッシュの経済は発展しておらず、若者たちは、どこかあきらめてしまっています。
なぜ日本は経済的に発展しているのか、それを知りたいと思い留学を決めました。
また、日本には従兄弟が住んでいるので、その影響もあります。浅草から大学に通っていますので、スカイツリーがよく見えますよ。



●大学に入学するまでの道のり
日本語学校に約2年、専門学校(コンピュータ系)に約2年、その後聖学院大学に入学しました。
アルバイトをしながら日本語の勉強をし、専門学校時代に結婚をしました。バングラディッシュでフィアンセと結婚式を挙げ、その後妻を日本に呼び寄せ、彼女も日本語学校に通ってもらいました。
結婚をして勉強を続けることがどんなに難しいかを周囲に言われ続けましたが、それでも故郷から遠い日本において二人で生活をしようと思ったのは、二人であれば苦しいことも楽しいことも共有できる、お互いに心の支えになりうるということを考えたからです。
事実、彼女がいるから頑張ることができたと思っています。もちろん従兄弟の協力もなければ今の自分はありません。



●聖学院大学での学びについて
専門学校の友人の勧めもあり、聖学院大学を知りました。
日本語にまだ自信がなかったので、最初の一年は、特別プログラムで日本語を集中的に学びました。そのため、他の学生よりも、多くの単位数をとらなければならず、時間が足りないという点で苦労はしていますが、特別プログラムで学んだことで、専門科目の理解が上がったと実感しています。
 
特別プログラムの先生は「困ったことがあったらいつでも相談して」と頻繁に声をかけてくれます。他大学に通っている留学生の友人に話を聞くと、先生とは授業以外であまり接点がなかったり、授業以外の話をする機会も少ないので、こんなに先生と距離の近い大学はないということがよくわかります。
ゼミの先生も同様で「いつでも来なさいよ」と言って受け止めてくださいます。距離の近い友人のような存在です。
 
 
●東日本大震災を受けて
3.11の地震の時は、バングラディッシュには帰らず日本に居ました。故郷の家族は心配していましたが、翌日に電話がつながるようになると、安心してくれたようでした。
日本人が頑張っているときに国外に出るのは(逃げるようで)嫌だったし、何よりも自分自身の勉強を途中であきらめたくなかった。妻も理解してくれたので、志を貫くことができました。
 
 
卒業と就職、その後のビジョン
まずは、しっかりと聖学院大学を卒業すること。今、バングラディッシュから、アメリカやイギリスなど海外の大学に留学する若者が増えています。しかしその多くが理由はそれぞれあるのでしょうが、卒業することができていない状況です。
自分はバングラディッシュで目標を持てずにいる若い人に、夢をあきらめなければ達成できるということを、身をもって伝えたいと思っています。
経済関係の企業への就職を目指していますが、日本で社会の経験をして、それをバングラディッシュに持ち帰り故郷に貢献したいと考えています。
今はやりたいことが多すぎて困ってしまうのですが、SNSを利用したWEBデザインのコミュニティを立ち上げて、運営を始めています。
 
 
●留学を目指す人へのメッセージ

留学生は自分のことだけを考えてしまいがちです。そうするといろいろな面で煮詰まってしまいます。それよりも、社会のことを考える、助けることを考える、という視点を持つと、次第に目標がはっきりとしてくるように思います。
夢をあきらめないでほしいです。
 
 
写真
2012年6月13日(水)に行なわれた「国際交流会」の様子。聖学院大学に在籍する留学生が、毎年それぞれの自国の文化や、言葉、食べ物を紹介します。ハミドさんご夫婦は、バングラディッシュの結婚式について発表しました。
                                                          
  

聖学院チャンネル出演!byマーキュリー

[実習・授業・部活動] 投稿日時:2011/11/24(木) 22:20

こんにちは
マーキュリーです。
 
ヴェリタス祭も終わり、普段通りの学生生活に戻りました。
ヴェリタス祭のときは、そんなに寒くなかったはずなのに、どんどん寒くなっていますね。そろそろ大学受験も大詰めの時期にもなってきましたから、風邪には気をつけて下さいね。

 
さて、11月19日、聖学院大学放送部が毎週収録して、浦和地区限定で配信されている「聖学院チャンネル」という番組に出演してきました。今回は、東日本大震災における駅前街頭募金活動で活動した「学生有志」について、いろいろとお話を聞かせてほしいとのことで、出演しました。
まぁ、「学生有志活動」は9月30日で終わったのですが、良い機会だったのでお受けしました。
聖学院チャンネル」には、部活動で二回出演させて頂いているのですが、なかなかアットホームな雰囲気を出すラジオ番組で、収録も終始アットホームな雰囲気を出しながらの収録でした。
 
今回は、学生有志の活動として、募金活動を行った学生二人と私の三人で参加し、募金活動や、緊急支援物資の件などを約30分お話しました。
収録自体は30分では済まず、聞き手の部員さんが、今回初めての聞き手役として収録だったらしく、1時間半ほどでしたが…(頑張れ一年!)
詳しい内容は、このブログでもお話したことなどで、省きますが、なかなか良い収録だったと思います。
 

また近々出演することとなったので、また報告しますね!
 

ヴェリタス祭直前インタビュー byマーキュリー

[イベント] 投稿日時:2011/10/30(日) 23:24

こんにちは
マーキュリーです!
 
今日は、「ヴェリタス祭直前インタビュー」として、ヴェリタス祭実行委員会の大宮卓也委員長にお話しを伺いました。
 
マーキュリー(以下マ)「皆さんこんにちは。今回は、来月行われる「ヴェリタス祭」に先立ち学友会ヴェリタス祭実行委員長の大宮卓也さんにインタビューをさせて頂きます。大宮委員長よろしくお願いします。」
委員長「皆さんこんにちは!学友会ヴェリタス祭実行委員長の大宮です。よろしくお願いします。」
 
・ヴェリタス祭とは?
マ「まずヴェリタス祭という行事、これはどういった行事なのですか?」
委員長「ヴェリタス祭とは、簡単に言えば、聖学院大学の学園祭になります。」
マ「なぜヴェリタス祭という名前なのですか?」
委員長「ヴェリタスとは、聖書の中でも記されているのですが、「真理」といった意味があります。私たちヴェリタス実行委員会は、「真理」を求め探求する学園祭を目指し、日々努力して、成功に導かせるように努力しています。」
マ「なるほど。学園祭ひとつに取っても深い理由があるのですね。私たちも出店しますが、「真理」を心に持ち、ヴェリタス祭を成功に導きたいと思っています。」
委員長「よろしくお願いします。」
 
・テーマについて
マ「「真理」というものが核にあるヴェリタス祭では、毎年テーマが決められています。前年度は、『学生力』をテーマに、大成功しましたが、今年はどのようなテーマなのでしょうか?」
委員長「前年度のテーマ『学生力』は、聖学院大学の学生総動員で、聖学院大学の祭を盛り上げていこうという趣旨がありました。今年は、3月11日の「東日本大震災」が起こり、この震災の経験から、もっとよりよく元気な祭りにしていこうと『WE CAN DO IT (行動する) 今こそ明るく』というテーマで、盛り上げていこうと考えています。」
お「委員長も、岩手県のご出身ですし、私も「東日本大震災」では街頭募金活動させて頂きました。今回は委員長にも私にも深く心に突き刺さる想いですね。」
委員長「そうですね。だからこそ、元気で思い出深いヴェリタス祭となるよう、成功させたいものです。」
 
・目標について
マ「目標を教えてください。」
委員長「教職員、学生、皆が参加、行動し、皆で盛り上げていきたいですね。
もう一つ、「東日本大震災」や「大雨による災害」で、暗い気持ちを「祭」で明るい気持ちにしていこうと、私たちは考えています。それは、お客さんだけでなく私たち学生や、教職員も一丸となって心温かく明るく復興の象徴として活動していこうという気持ちも含まれています。」
マ「それはすごいテーマです。毎年テーマが変わり、毎年毎年違った色が出てくることが、ヴェリタス祭の特徴でもあります。」
委員長「今年は去年より先に行くという形では、毎年のテーマとしては違うかもしれませんが、「真理」という骨格とは、適したテーマだと思います。」
マ「なるほど。このインタビューで委員長のヴェリタス祭に向けての想いが伝わったと思います。
毎年学生委員会ですから、メンバーが変わると思います。ヴェリタス実行委員会としての想いという観点からもお話を聞かせて頂きたいのですが。」
委員長「そうですね。先ほどおっしゃったようにメンバーは毎年変わります。全員が変わるわけではありませんが、四年生になれば引き継ぎをして、引退となりますし、新入生も入ってきます。二年生となった学生たちは、教えられる側から教える側になりますから、毎年変わりますね。ただ全員の心は盛り上げていきたいという信念を持って行動しています。だからこそ、メンバーが変わっても「祭」に一生懸命に取り組み、明るく華やかに盛り上げていきたいという想いがあります。」
 
・今年のヴェリタス祭について~高校生の方・一般の方へ~
マ「私も三年間ヴェリタス祭に出店させて頂き、毎年その都度のヴェリタス祭実行委員会の色を楽しませて頂いてもらっています。来場された方もぜひこの色を、感じてほしいなと思います。さてヴェリタス祭では、多くの方々が来場されます。聖学院大学の学生だけではなく、このブログを見て頂いている高校生や、大学へ入学したいと考えている方々に一言頂きたいのですが」
委員長「ヴェリタス祭は、毎年多くの企画や露店を設けています。
今年はミュージシャンによるライブとして「奥華子」さんを招いて、学内ライブを行います。また去年着物のファッションショーを行いましたが、今年は宮原に本社のある「しまむら」とコラボしたファッションショーを行います。
また「ミス・ミスター聖学院コンテスト」も行います。「ミス・ミスター聖学院コンテスト」は他大学のミスコンとは違い、聖学院らしい学生を選ぶコンテストとして開催したいと思います。」
マ「「ミス・ミスター聖学院コンテスト」では、断トツ私が一位でしょう!(笑)」
委員長「(苦笑)」
マ「まぁ冗談ですが(笑)。このように楽しい企画が盛りだくさんですが、委員長のオススメはありますか」
委員長「奥華子さんのコンサートは、是非聞いて頂きたいですね。私自身をとても楽しみにしていますから。もう一つは、「ミス・ミスター聖学院コンテスト」ですね。やはり初めての企画ですから、私自身もどうなるか解りませんし、そのドキドキ感も楽しんで頂けたらと思います。」
マ「あの大企業さんである「しまむら」とのコラボも見どころですしね!」
委員長「そうですね。これは一年生や二年生が、中心となって活動した集大成ですから期待して頂きたいと思います。」
 
・ヴェリタス祭実行委員会に参加するには
マ「今回は、聖学院らしさを出しまくってますね!去年よりも盛大なお祭りになるのではないでしょうか。
そんな魅力的な委員会に是非入りたいという、新入生は多いと思います。ヴェリタス祭実行委員会にはどのように入会すればいいのでしょうか?」
委員長「まずは聖学院大学に入学して頂く事と、今年のヴェリタス祭を楽しんで頂くことが必要ですね(笑)」
マ「そうですね(笑)」
委員長「入学してから、クラブ勧誘デーという期間があります。ここでもヴェリタス祭実行委員を募集しますし、それとは別に委員会の説明会も開いています。もちろんヴェリタス祭を楽しんでから、ヴェリタス祭実行委員会室に来て頂いて、入会することも可能です。」
マ「連絡先などは」
委員長「連絡先などは、クラブガイドなどにも掲載されていますし、学生課で聞いていただくことも可能です。私たちは来る人は拒みませんし、皆で作り上げていくヴェリタス祭をモットーにしていますから、ぜひ興味を持った学生は、どんどん入会して頂きたいと思います。」
マ「高校時代に学園祭などで、腕をならした方など是非入って頂きたいですね。」
委員長「そうですね。部活動や委員会に入っていなかった学生にもぜひ入って頂きたいです。私も高校時代は、そういった団体には入っていませんでしたが、大学に入って何かやってみたいという学生は、ヴェリタス祭実行委員会の門をぜひ叩いてほしいものです。」
マ「経験にもなりますし、なによりも達成感はねぇ…(笑)」
委員長「ねぇ…(笑)」
マ「大宮委員長の満面の笑みを見ながらのインタビューですが、この満面の笑みが全てを語っていると感じますね」
委員長「(苦笑)」
 
・最後に一言
マ「今回のヴェリタス祭も大成功するだろうと確信しておりますが、皆さんが来られての大成功となるわけですから、是非ヴェリタス祭は友達やご家族をお誘いのうえ、楽しんで下さい。委員長最後に一言お願いします。」
委員長「今年のヴェリタス祭はとても楽しい祭になるでしょう。
私たちも楽しみにしています。参加して頂いた方や、協力して頂いた方々に感謝しつつ、全員が楽しんで頂きたいと思います。毎年の恒例行事ですが、聖学院大学の一番のイベントとして、皆さんの思い出となる「祭」を皆で盛り上げて行きましょう!」
マ「今回はありがとうございました!」
委員長「ありがとうございました!」
 
 
ヴェリタス祭は11月2日3日に行われます。
当日は、私が部長を務める東南アジアボランティア部も「タイチャーハン」を出店いたします。
皆さん是非足をお運びください!

私の周りのストレス発散方法byマーキュリー

[おススメ] 投稿日時:2011/09/15(木) 00:05

こんにちは
マーキュリーです。
舟木一夫映画夕笛」(当時青春歌謡映画と呼ばれていました)を見てかなり切なくなりました。
まぁ古い映画ですから、現代っ子には関係ないですね。ただ私も二十歳ですから現代っ子に属するのですが…
切なくなりたかったら映画夕笛」を、なんだか勇気が欲しいときは映画君たちがいて僕がいた」(映画青い山脈」と似ています)か、映画高原のお嬢さん」をどうぞ(ただしふられた直後夕笛は見ないほうがいいかと思います…)
 
さて今日は、以前書いた「今の大学は…レポートラッシュ」に引き続いて、そんな学生ストレス発散方法を書きたいと思います。
 
だいたいは、四号館食堂にておしゃべり部活ストレス発散が多いのですが、それだけでは発散できなかったりします。
成人を迎えた学生は、友達を誘って飲みに行くということも多いですが、金欠に困っている学生はそうもいきません。また未成年の学生もいますから、まさか飲み屋に連れて行くことなど出来るわけもないのです。先輩と行くと奢ってくれることもないですが、たいてい金欠君がそこに居座っているわけですから、先輩も我慢、後輩も我慢という悪循環が生まれるわけです。
では大宮に出るとしようか、とお思いでしょうが、熊谷方面の学生もいます。
なぜかひと駅のはずなのに、運賃が高いんですよ…
 
そこで皆が行くのは、宮原駅前のカラオケハッスル」!
ネーミングからして、ストレス発散出来そうでしょう!
学生料金割引チケットでかなり出費抑えられます。
たまにはオールナイトで行きますかと、皆でのどがかれるまで歌いまくる!!!
 
こればっかりが大学生ではないですが、私の周りではこのストレス発散方法大きい割合をしめています。
 
皆さんもたまにはカラオケいかがです?
«前へ次へ»

ブログ最新記事

【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 『入学前準備教育』についてゼミで発表をした学生の感想レポート  2013/12/17(火) 13:20
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 2013/10/5開催「聖学院大学創立記念音楽会」に学生が参加しました  2013/10/21(月) 11:16
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 「チャペルシアター」にて韓国映画「祝祭」を上映、学生の感想レポート  2013/10/15(火) 17:13
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 姜尚中先生、池上彰さんなどが講演されれた「未来授業」に学生が参加!  2013/10/11(金) 18:08
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 卒業生が姜尚中先生の小説『心』をレビュー【その2】  2013/05/20(月) 18:00
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 卒業生が姜尚中先生の小説『心』をレビュー【その1】  2013/05/20(月) 17:46
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 バングラディッシュからの留学生、ハミドさんインタビュー  2012/06/25(月) 18:05
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 聖学院チャンネル出演!byマーキュリー  2011/11/24(木) 22:20
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 ヴェリタス祭直前インタビュー byマーキュリー  2011/10/30(日) 23:24
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 私の周りのストレス発散方法byマーキュリー  2011/09/15(木) 00:05
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 私の新年…学友会総務委員会「総会」byマーキュリー  2011/09/08(木) 03:36
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 緊急支援物資を南三陸町へbyマーキュリー  2011/08/01(月) 12:35
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 東南アジアボランティア部Rung近況報告byマーキュリー  2011/07/30(土) 00:55
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 今の大学…レポートラッシュの巻byマーキュリー  2011/07/25(月) 23:05
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 山手線駒込駅での募金活動報告byマーキュリー  2011/07/21(木) 02:48
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 台風の思い出byマーキュリー  2011/07/21(木) 00:18
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 募金活動 byマーキュリー  2011/05/16(月) 15:00
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 はじめまして byマーキュリー  2011/05/13(金) 22:05
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 コミュニティ政策学科のリアル学生インタビューその2  2011/03/08(火) 18:01
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 コミュニティ政策学科 リアル学生インタビューその1  2011/03/08(火) 17:46