大きくする 標準 小さくする

【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 ブログテーマ:学校生活

<<前へ

今の大学…レポートラッシュの巻byマーキュリー

[学校生活] 投稿日時:2011/07/25(月) 23:05

こんにちは
マーキュリーです。
 
このブログを見ている方は、高校生が多いと思います。
もう夏休みに突入されたのでしょうか?
 
今聖学院大学に来られると、切羽詰まった大学生を見られると思います。
まるで混雑した東北道の帰宅ラッシュを思わせるような、帰宅ラッシュならぬレポートラッシュの学生が多いからです。
 

大学を歩いているとどこからともなく
今日また授業でレポート出されちゃったよ
えーマジかよ
2500文字以上だってさ
お前今季何枚目?
7枚目だよ~
まだいいじゃないか
お前は?
11


というような声がいたるところから聞こえてきます。
 
今期は、東日本大震災の影響で大学生も一カ月遅く大学が始まりました。
その影響は、テストではなくレポート地獄という結果を招いてしまいました。
提出期限も来週までのものが、3、4枚は普通で、あと二週間ほどしかない今学期は、夏休みの楽しみよりもレポートが終わるかという心配のほうが大きいという状態です。

 
図書館のパソコンは毎日満席で、早く行っても満席、放課後も満席という状態。
しかもこの節電で、八時頃には二階から上の階が封鎖されてしまうという事態に…
 

頑張れ大学生!
頑張れ自分!

コミュニティ政策学科のリアル学生インタビューその2

[学校生活] 投稿日時:2011/03/08(火) 18:01

コミュニティ政策学科には、公務員や学校の先生、一般企業やNPO法人で働くなど非常に幅広く様々な目標を持った学生が集まっています。
今回はそのなかで公務員の消防士を目指しているコミュニティ政策学科1年の越川翔吾さんにお話を伺いました。

コミュニティ政策学科リアル学生インタビュー その1は コチラ から



1年生 越川翔吾さん 


 

―幼いころから消防士になりたいという夢を持っていたということですが、いつごろからどのようなことがきっかけで消防士を目指そうと思っていたのですか?

越川:はっきりとは覚えていないのですが、幼稚園の時に書いた「将来の夢」の本にはすでに「消防士」と書いていました。
以前近所で大きな家事が発生したときに消防隊の方がかけつけてくれた現場を見て感動しました

また、消防隊の方にお話を伺う機会をいただいたり、職場体験を通じて消防士の仕事を実際に体験したりするなかで、今まで憧れでしかなかった「消防士」のイメージを間近で体験し、想像以上に大変な仕事であることが分かったのですが、それでもやはり消防士になりたいという思いが強くなり、消防士になることを決意しました。


―そうだったのですか。職場体験ではどのようなことを体験したのですか?

越川:職場体験ではまず、前日の報告から始まるのですが、整列の仕方から施設の見学、実際に防火服を着せていただいたり、放水体験をさせていただいたりもしました。

また、救出に出動した救急車の中も見せていただき、非常に衝撃的な体験でしたが消防士の仕事に対する意識を高めてくれる貴重な体験をすることができました。

消防士の仕事の真実を知っても、やはり「俺は消防士になるんだ!」と強く思うことができました。


―それはとても大きな体験でしたね。消防士になるためには公務員の資格を取得するための勉強をしなければならないようですが、越川さんは現在どのような勉強をしているのですか?

越川:元々高校生のころから公務員試験の勉強を始めていたのですが、大学では1年生の秋学期に公務員特攻という事業で市政のリアルについて学んだり、公務員講座で試験対策の勉強をしたりしています。

―公務員試験は出題される科目がとても幅広く、勉強しなければならないことが沢山あって大変だと思うのですが、休日にも予備校に通ったり、勉強をしたりしているのですか?

越川:もちろん勉強をしますが、よくスノーボードをしに行ったり、いろいろな映画を観たりとプライベートも充実させています


―越川さんのように一度に多くのことに挑戦することは簡単にはできないことのように思うのですが、「やらなければならないこと」と「やりたいこと」を上手に平行する自分なりのコツなどはありますか?

越川:休みの日にも何も予定を立てずにただ過ごすのではなく、1日1日の計画や目標を自分の中に立てて少しずつ実行するようにしています。


―最後に高校生のみなさんにメッセージをお願いします。

越川:勉強や趣味、遊びも大切ですが、俺は「友達」が一番大事だと思っています
   友達は大学生活を充実させてくれる存在なので今までの友達はもちろん、大学でできた友達や自分の周りにいる人を大切にしてください。



 このインタビューの模様は動画でも一部見るこ とができます。
動画は コチラ から


カリキュラムやコミュニティ政策学科の卒業生インタビューが見られる
コミュニティ政策学科ホームページは コチラ から 

コミュニティ政策学科 リアル学生インタビューその1

[学校生活] 投稿日時:2011/03/08(火) 17:46

本日は普段大学案内などでは聞けないような生の学生の声を聞きたいと思い、今回インタビューをすることになりました。
質問者の、日本文化学科の比嘉雄介、答えるのは、コミュニティ政策学科の櫻井理彩です。

 

このインタビューの模様は動画でも一部見ることができます。
動画は コチラ から



2年生 櫻井理彩さん



 

―それではまず最初の質問なのですが、今現在櫻井さんは大学生活をどのように送っていますか?

櫻井:私は大学のアドミッションセンターで働いてたり、地元のほうでも働いていたりと、人と関わることが好きなので、アルバイトでいろんな人と関わっています。
またコミュニティ政策学科は、政治経済学部のなかの学科なので、仕事やお金に関することは、やるべきかな、と感じているので、働いています


―コミュニティ政策に入る前と比べて、櫻井さん自身に何か変化はありましたか?


櫻井:高校の頃は普通科で、普通の授業を受けていたのですが、大学で専門科目を勉強しているので、新聞読んでみようかなど、興味の幅が広がりました。


―ちなみにコミュニティ政策の先生で、個人的にお勧めする先生はいますか?


櫻井:政治学を担当している川添美央子先生です。
メリハリのある授業展開と綺麗な板書で時間内に理解ができ、質問にも丁寧に答えてくださいます。
学生の顔と名前をすぐに覚えてくださるので、個人的に話しかけたくなっちゃいます!


―ちなみに、政治学ではどのような授業を行うのですか?

櫻井:特に国内政治のあり方について学びます。
法律がどのようにして成立するのか、衆議院や参議院の違いなど、基本的なところから学びました。



―なるほど。ではここでちょっと話題を大学から離れて休日は何をしていますか?


櫻井:先ほど言ったようにアルバイトなどに精を出しているんですけど、アルバイトがないときはショッピングに行ったりなどして、そこで小物や服などをチェックしています

ファッション紙なども見ていますが、流行には乗っからず自分の好きな格好を貫いています。
自分の道を行く、みたいな。
だからファッションには結構こだわっています。


―地元でのアルバイトとアドミッションセンターのアルバイトではどのような違いがありますか?


櫻井:地元のアルバイトは、かなり大変で、肉体的や精神的に辛いこともあるのですが、私自身人間関係の構築を大切にしているので、充実しています。
アドミッションセンターでは、大学内の空き時間などで出来るので働きやすいです。
それと学内で働いていることから自分とは違う学科の人たちと仲良くできることが良いですね


―ちなみアドミッションセンターの仕事はどのようなことをやっていますか?

櫻井:オープンキャンパスもアドミッションセンターの仕事なんですけど、夏は高校生の方が多く参加して、しかも暑いので、実はちょっとそこは辛いです
でも自分たちの後輩になるかもしれない高校生やほかの学科の人もいるので、回数を重ねていくと顔馴染みとなる人も出てくるので、その人たちと会うのが密かな楽しみです。

私は教員が直接高校生と話す個別相談をよく担当するのですけど、自分の学科の先生以外と顔を合わせることも多いので自然と仲が良くなって、オープンキャンパスが終わった後でも顔を覚えてくれるので自然と声をかけてくれます。
そこが嬉しいですね。

ほかには、アドミの事務所で、書類整理や資料作成の送付を行っています。
ちょっと内職っぽい仕事もあります。


―アルバイトからまた大学に話は戻るんですけど、今までどのような大学生活を送ってきたかを先ほど聞きましたが、ではこれからの大学生活ではどのようなことにチャレンジしてみたいですか?

櫻井:今六月にある簿記と秘書検定に向け勉強に励んでいます

今まで大学生活を謳歌して大学の講義だけで満足していたんですけど、これからはそれだけではなくて資格もとって就職活動に臨めたらいいな、と考えています。
ただ二つ同時に勉強しているので、どちらかがおろそかになるかもという不安はあります。



―これからはどうしたいですか?

櫻井:将来税理士を目指していますので、頑張っていきたいです。


―では、これから大学へと進学する高校生に向けて一言。

櫻井:大学は遊べるけど、頑張るとさらに楽しいよ!


 

その2へ続く (その2は こちら から!)

その2では消防士を目指すコミュニティ政策学科1年生の越川君のインタビューをご紹介します。


カリキュラムやコミュニティ政策学科の卒業生インタビューが見られる
コミュニティ政策学科ホームページは 
コチラ から 

【動画】コミュニティ政策学科1年生~4年生 リアル学生インタビュー

[学校生活] 投稿日時:2011/03/08(火) 16:35

入学前準備教育の学生スタッフルームにて、コミュニティ政策学科の学生スタッフ座談会&インタビューを行いました!
動画にてその一部をご紹介します。
授業やゼミのこと、学生生活のこと、アルバイトや趣味のことなどで盛り上がりました。(動画では少々緊張気味?)
インタビューの全貌は、近日ブログにて公開予定です。





人間福祉学科 学生インタビュー その2

[学校生活] 投稿日時:2011/02/23(水) 13:20

引き続き、人間福祉学科2年の村田 未鈴さんのインタビューです

 その1は コチラ から


 
    福祉学科2年 村田未鈴さん

 

次に聖学院大学を選んだ理由と今後の就職活動について、聞きたいと思います

町田:どうしてこの大学の福祉学科に来ようと思ったの?

村田:中学生の時から福祉の道に進みたいと考えていて、自分の学力に合っている
   この大学を選びました。ですが当時、否定的な意味ではなく「両親にもう少し色々な
   進路も考えてみなさい。」と言われたんです。

村田:高校に入ってから大学に進学する際、もう一度考え直してみてやっぱり福祉の道に
   進みたいなって思ったのでAO入試レポート型で受けました。
   やっぱり高齢者福祉がやりたくて、その中でも特にヘルパーの仕事がやりたいなぁと思って
   でも、高校生の時に腰を痛めちゃったから…


町田:そんな状態だと仕事をするのが難しいんじゃないかな?


村田:うん。でもそんな時に『社会福祉士』の資格を見つけて、私が思っていた「福祉」って
   介護することが福祉のすべてだと思っていたけど、相談援助とかもあるんだなぁって知ったんだ


町田:社会福祉士にもいろいろな仕事があるんだね


村田:今はあんまり考えてないけど、一般企業に就職するか、介護施設に就職するか悩んでる。
   福祉企業なら福祉機器の販売もしたいし、介護施設でも働きたいと思う。


町田:ちゃんとそこまでの希望はあるんだね。
   僕は全然決めてないよ~!泣
   そういえば福祉学科に通ってるけど、常日頃から『福祉』を意識して生活してる?


村田:うん。電車の席を譲ったり、老人が困っていたら話を聞いたり基本的なことだけど。


木下:それだけでもすごく大事なことだと思うよ!!!
   大体の人はそれを当たり前だと思うけど、実際できてない人のほうが多いからね。
 

じゃあ、就活がもうすぐ始まるにあたってどう思う?


村田:やるしかないっしょ!!!


木下、町田、木村:やるしかないっしょ~!!(笑いながら)


木下:じゃあ、福祉企業と福祉施設どっちとも面接受けに行くの?


村田:そうそうそう、両方とも受けに行く!福祉の道に進むことは
   中学からの夢だから何がなんでも就職する!!


木下:そうだよね!!今の時期は就職氷河期だし勉強もたくさんしないといけないから
   すごく大変な時期だよね~。
   
では最後の質問です!
村田さんの思う大学生活とはなんですか?

 

村田:  

友達と助け合って、同じ学科の中で互いに
高めあい切磋琢磨していくモノだと思います!!


木下、町田、木村:すごく良い言葉ですね~!!!素晴らしいです!!
   
       
        では本日、インタビューにご協力くださった村田 未鈴さんありがとうございました。
   今回、相川ゼミ・増田ゼミの他に新しく野口ゼミの研究内容や
   福祉の必要性、就職活動への意気込みなどいろいろお話を聞けることができました。

次回のインタビューでもゲストをお招きしてお話を伺いたいと思います

人間福祉学科のホームページは コチラ から!
 

 

«前へ

ブログ最新記事

【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 『入学前準備教育』についてゼミで発表をした学生の感想レポート  2013/12/17(火) 13:20
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 2013/10/5開催「聖学院大学創立記念音楽会」に学生が参加しました  2013/10/21(月) 11:16
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 「チャペルシアター」にて韓国映画「祝祭」を上映、学生の感想レポート  2013/10/15(火) 17:13
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 姜尚中先生、池上彰さんなどが講演されれた「未来授業」に学生が参加!  2013/10/11(金) 18:08
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 卒業生が姜尚中先生の小説『心』をレビュー【その2】  2013/05/20(月) 18:00
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 卒業生が姜尚中先生の小説『心』をレビュー【その1】  2013/05/20(月) 17:46
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 バングラディッシュからの留学生、ハミドさんインタビュー  2012/06/25(月) 18:05
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 聖学院チャンネル出演!byマーキュリー  2011/11/24(木) 22:20
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 ヴェリタス祭直前インタビュー byマーキュリー  2011/10/30(日) 23:24
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 私の周りのストレス発散方法byマーキュリー  2011/09/15(木) 00:05
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 私の新年…学友会総務委員会「総会」byマーキュリー  2011/09/08(木) 03:36
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 緊急支援物資を南三陸町へbyマーキュリー  2011/08/01(月) 12:35
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 東南アジアボランティア部Rung近況報告byマーキュリー  2011/07/30(土) 00:55
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 今の大学…レポートラッシュの巻byマーキュリー  2011/07/25(月) 23:05
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 山手線駒込駅での募金活動報告byマーキュリー  2011/07/21(木) 02:48
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 台風の思い出byマーキュリー  2011/07/21(木) 00:18
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 募金活動 byマーキュリー  2011/05/16(月) 15:00
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 はじめまして byマーキュリー  2011/05/13(金) 22:05
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 コミュニティ政策学科のリアル学生インタビューその2  2011/03/08(火) 18:01
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 コミュニティ政策学科 リアル学生インタビューその1  2011/03/08(火) 17:46