大きくする 標準 小さくする

ブログ一覧

ブログ 2008/8

次へ>>

虹色プリズム☆第12・13話[聖学院大学提供│携帯小説「虹色プリズム」]

投稿日時:2008/08/25(月) 00:00

★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆虹色プリズム
├第一章 蒼夏の頃
└第12・13話   

※携帯小説『虹色プリズム』のHP掲載は、

毎週月曜日に変更になりました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆


「ふおっほっほっほ、いい塩梅に雷が落ちよる。のう、ひかり」

「そうですね、でもずいぶんと近かったような」

「ええ、この裏山の尾根伝いに鉄塔がありますから、そこへ落ちたんでしょうね」

ここは管理人の木戸の部屋、テーブルを4人が囲っていた。

「送電線なの、その鉄塔は?」
木ノ下 翼 は心配そうに、芦屋 武人に尋ねた。

「ああ、そうだけど、停電しなかったのは運が良かったかな」

「あら、私にすれば停電してくれた方が楽しかったのに、ねえ、木戸のおじいさま」

月森ひかりは、怪しげに笑った。虹色プリズム第1213話イラスト

「ふおっほっほっほ、そうかもしれんなあ、じゃあ、停電させるかな?」

「もう、止めてください、まだ初日、深夜ですよ、ただでさえ遠路くたびれたところに、私が上げさせられた悲鳴ですっかりみんな参ってるみたいだし。今の雷だって相当驚いたはずですよ。私も一人だったら泣き出したかも」

木ノ下 翼はそう言ってみんなを睨んだ。

「でもね、私にとっては、これが最後の映画になるのよ。うーんとすごいものを創りたいの、それで木戸のおじいさまや、あなた方お2人にもお願いしたわけなんだから」

月森ひかりは3人に頭を下げた。

「ふおっほっほっほ、わしもこの年になっても、まだ楽しめるんじゃから、ありがたいことじゃて、ふおっほっほっほ」

「じゃあ、今夜はみんなを寝かさないようにしましょうか?どう、ひかりちゃん」
「ひかりさん、それでいいの?」

月森ひかりは左手の親指を噛んだ。考えるときの癖のようだ。

「できる?」

「ああ、今度は悲鳴なんかじゃないさ。もっと驚かせてやろうじゃないか」

芦谷武人は目を輝かせた。


+・+・+・+・+・+・


ガタン・・・
管理人以外誰もいない筈の1階で、小さな音がした。
当然、その小さな音に気付くものは誰もいなかった。

ギシ・・・ギシ・・・
微かに、何かを引きずるような音を伴いながら、それは階段をゆっくりと上ってくる。
若き合宿参加者達より少し背の高い影は、時々ため息をつき、ゆっくり階段を上る。

まだ誰も、気付いていない。

影は階段を上りきると、ひとつのドアノブに手を伸ばした。

   ☆   ☆   ☆   ☆

甲高い悲鳴が、小さなペンションに響き渡る。
それはまるで闇を切り裂く雷の音のようで、誰しも一瞬、悲鳴だとは思わなかった。

一瞬の戸惑いの後、真っ先に駆けつけたのは七尾だった。
「春川さんっ!?」

少し遅れて、岡野と黒木が部屋を飛び出してきた。
3人は、そこで意外な光景を目の当たりにする。

後に考えてみれば、ひかりたちが来たのが妙に遅かったことにも気付けたはずだが、
この時点での3人には、そんなことは、少しも気にならなかった。

 

 


8月23日のオープンキャンパスのみどころは!![SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG]

投稿日時:2008/08/21(木) 17:28

夏休みも残りわずか!!こんばんわ。ボギーです

あっという間に夏も終わりですね。。。

 

この時期になると、もう1回ぐらい花火大会行きたかったな~なんて思いません

 

『次があるからいいかー。』

なんて思ってると、次はないんですよね(汗)

できる時、やれる時に何事もチャレンジすべきですね♪

ちなみに、

 

 

8月23日は聖学院大学の夏休み最後のオープンキャンパスですよ~

 

 

 

ちょっと囁いてみました

 

夏休みが終わるといよいよ、2学期

長い2学期と思うかもしれませんが、

 

実は、あっという間に3年生の2学期は過ぎます

 

まだ、受験に向けて行動できてない人はぜひオープンキャンパスに参加してみてはいかがですか?

ちなみに、聖学院大学のオープンキャンパスは、8月23日(土)です

 

個別相談コーナーがオススメですよーーー!

 

各学科の先生方が受験生の悩みに真剣に答えます

志望校選びから、学科選び、推薦やAOのことや、当然、聖学院のことも

 

聖学院大学の受験を考えていなくても、アナタの応援をします!

 

面倒見のよい大学だからこそできる個別相談コーナー

まだまだ、相談受付中です

みなさんの参加をお待ちしています~

 

8月23日のオープンキャンパス情報は、

コチラ!!

虹色プリズム☆第10・11話[聖学院大学提供│携帯小説「虹色プリズム」]

投稿日時:2008/08/18(月) 14:04

★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆虹色プリズム
├第一章 蒼夏の頃
└第10・11話   

※携帯小説『虹色プリズム』のHP掲載は、

毎週月曜日に変更になりました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆


芦谷と翼さんの部屋の前で、部員達と集まってなにやら話をしている。


「みなさん、ご心配をお掛け致しました。もう大丈夫です。明日もお早い起床ですよね。ごゆっくりお休みください。それでは、お休みなさいませ。」


芦谷はにやにや笑いながら、そう言って早々と部屋の扉を閉める。


俺はこの芦谷という男が嫌いだ。言葉使いは丁寧だが、

いつもにやにや笑いながら話をしてて他人をバカにしてるとしか思えない。


慇懃無礼とはまさにこの事だ。どうして翼さんみたいなお金持ちのお嬢さんが一緒にいるんだろうか。

 

「何があったんだ?」


俺は状況が分からず、近くにいた月森に問いかけた。

 

「こっちのほうで悲鳴が聞こえたから見に来たんだけどね…」


月森もまた状況が分からない、といった感じで答える。

 

「なんか~、木之下さんの~寝てるとこに~、おっきな蜘蛛が~降ってきたらしいんですよ~。」

 


一番状況を把握してそうな春川がのんびり続けた。虹色プリズム第1011話イラスト


なるほど!

 

寝てるとこに蜘蛛なんか降ってきたら、お嬢様育ちの翼さんはさすがに悲鳴あげるよな。

 


なんて可愛いんだ…守ってあげたい!いや、待て。俺には月森が…。

 

「ふ~ん。」

 


興味なさげに岡野がつぶやく。

 

「でも~、木ノ下さんは~出てこなかったんですよ~。それに~七尾さんと管理人さんも~。」


春川はさらに続ける。


ん?言われてみれば、七尾とじいさんがいない。まぁ、俺と一緒で気付かなかったんだろう。
しかし、翼さんも顔を出さなかったのか…。相当ショックだったのか…。

 

「とにかく、このままだと明日のロケハンに支障をきたすから、そろそろ各自部屋に戻って寝よう!」


岡野がそう締めくくると、みんなはそれぞれの部屋に戻っていった。まるで部長みたいだ…。まぁいい。

 

俺と岡野も部屋に戻って寝た。そして、また叩き起こされるとは知らずに…。

 

+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・

 

「ふしゅっ、ふしゅっ、しっ、ふしっ、しっ・・」

 


隣の部屋から、さきほどの騒動で目が冴えて眠れなくなったのだろうか、声質から察するに、腕立てだか腹筋だか分からないが筋トレをしているであろう黒木部長の呼吸音が聞こえてくる。

 

「気持ち悪い・・」

 

聞きたくもないその荒い息使いを耳にした春川萌は、隣室と自分の部屋とを隔てている、そう厚くはないであろう壁に向かってつぶやいた。

 

春川萌は思う。

 

黒木部長は単純な体育会系筋肉バカだ。

 

「お前」なんかにひかりさんが振り向くものか。黒木の親友、副部長の岡野も然り。

 

いや、バカなりに自ら前に出る黒木と違って、あいつは提灯持ちキャラな分、いっそう鼻についてたちが悪い。

 

あの二人がいる限り、わたしの好きな「作品」とは全く真逆な方向の映画しか作らせてもらえない。

 

 

「早く卒業して引退しないかな・・アイツら。」

 

・・・!

 

思わず声に出してしまったことに気づいた萌は、意味もなく慌ててあたりを見回した。

 

自分でも極端な性格だと思う。

 

いつからかは分からないが、人目のある場所での自分と心の中の自分とに相当の開きができていた。小学校に上がる頃にはもうこんな感じだったように思う。

 

 

まあいいや。

 

 

天然にしろ二面性にしろ変なキャラであることは一緒。それに天然の自分も別に演じているわけではない。

 

ちょっと人より好き嫌いが激しい感じ・・?みたいなもの・・?人間って誰だってこんなものじゃない?

 

それにしても本当に黒木と岡野には早くどこかに消えて欲しい。

 

そうすれば、映研は七尾先輩と翠さん、そしてわたしの三つ巴の体制で新しく生まれ変わるのだ。

 

七尾と翠はあのバカでスットコドッコイなコンビとは比べ物にならないくらいセンスも良いし「使える」。

 

わたしはあの二人にならついていってもいい・・。

 

そして、こんな子供じみたホラー・サスペンスもどき路線の脚本はゴミ箱へ捨てて、とびっきりの「恋愛青春映画」を作るのだ!

 


その時、かつて耳にしたことのないような大音量の雷鳴が萌の妄想モードを停止させた。

 

 

+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・

 

サマースクール特設サイトがオープンしました!!

http://www.seigakuin.jp/camp/summer/

8月16日に開催されるサマースクールの締め切り日が近くなっております。


お申込はお早めに♪


☆さあ予約↓
http://www.seigakuin.net/inquiry_detail/id=2(PC)

http://m.seigakuin.jp/index.php?objID=427(携帯)

+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+

次へ>>

ブログ最新記事

SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 8/2(土)オープンキャンパス開催  2014/07/31(木) 13:52
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 7/19(土)、7/21(月・祝)オープンキャンパス開催  2014/07/14(月) 18:03
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 7/1号  2014/07/01(火) 19:32
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 6/15号  2014/06/16(月) 12:00
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 5/31(土)オープンキャンパス報告  2014/06/03(火) 13:28
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 6/1号  2014/05/31(土) 09:36
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 5/15号  2014/05/15(木) 12:30
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 5/31(土)オープンキャンパス開催  2014/05/14(水) 16:17
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 4/15号  2014/04/15(火) 16:30
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 4/26(土)ミニオープンキャンパス開催  2014/04/10(木) 11:11
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 4/1号  2014/04/01(火) 12:30
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 3/13号  2014/03/13(木) 12:00
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 2/15号  2014/02/14(金) 16:10
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 2/4号  2014/02/04(火) 16:30
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 1/15号  2014/01/15(水) 12:00
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 1/4号  2014/01/04(土) 12:00
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 1/11(土)入試説明・相談会を開催  2013/12/19(木) 16:21
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2013 12/17号  2013/12/19(木) 16:09
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 『入学前準備教育』についてゼミで発表をした学生の感想レポート  2013/12/17(火) 13:20
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2013 12/2号  2013/12/02(月) 17:12

アーカイブ

資料請求(無料)
聖学院大学の入試情報
携帯メールマガジン登録
進学・修学支援制度
聖学院大学YouTubeチャンネル
聖学院大学から海外の大学へ
先生インタビュー
大学案内をネット上でご覧になれます。
よくある質問の検索とお問合せのページ
聖学院大学サイト