大きくする 標準 小さくする

ブログ一覧

ブログ 2009/1

次へ>>

虹色プリズム☆第51・52話[聖学院大学提供│携帯小説「虹色プリズム」]

投稿日時:2009/01/26(月) 08:00

 ★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆虹色プリズム
├第二章 銀幕の裏側で
└第51・52話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆

 

その時は「あんなこと?」と思ったが、すみれがおぼれたことだと勝手に思っていた。

その言葉の意味がいまわかった気がする。間違ってなければ、母には許せるはずはないが、さくらは俺の異母妹なのだ。

こんな重大な事実がわかったのに、冷静でいられる俺に自分でも正直驚いているが、なぜか素直に受け入れられるのだ。

 


いや、母から聞かされてきた理想的な父親ではなく暖かい血の通った人間的な父親がいたということがむしろうれしいという感じなのだ。他の人には理解できないかもしれないが、父を身近に感じられた。父がさくらを通じて真実を教えてくれていると感じた。

さくらとすみれはそんなことも知らぬまま双子の兄弟のように楽しそうに映画の話をしている。

その姿を見ていて、ひらめいた!

 

「ねえ、さくらさんもこの映画に出てくれない?もちろんすみれも出るんだけどふたりがいるととてもおもしろいストーリーになるんだ。」

さくらは驚いたようであったがすぐに
「やります。私映画に興味があるんです」

「さくら、大丈夫、そんな安受け合い。合唱コンクールはどうするの」
練習のついでにちょっと見学のつもりで一緒に来ていた友だちが心配して声をかけた。

 

「もちろん合唱コンクールもがんばるよ。大丈夫ですよね、蒼也さん」

いきなり蒼也さんと呼ばれてちょっとむずかゆい思いでいると、すかさず萌が不満そうに

「蒼也さんって、なれなれしいわよ、七尾さんと呼びなさい。私たちだって七尾さんなんだからあ」

確かにそうだ、萌や翠に蒼也さんと呼ばれたら変だ。するとひかりが口をはさんだ。

 


「蒼也くん、水車小屋のストーリーがつながったのね。」

「ひかり先輩まで蒼也くんですか」


萌が口を尖らせた。

 

 



+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・

 

 

ひかりはそれには応えない。

「パズルの最後のピースがうまくはまりそうね」

 

ひかりも興奮気味だ。

俺が見た水車小屋の夢というかまぼろしの話を面白いからとシナリオに入れるようにいったのはひかりだったのだが、何度ミーティングをしてもうまいストーリーにならなかったから気にしていたのだ。深雪先輩まで巻き込んで夏休みには受験勉強の合間にヨネダコーヒーでやったのに、うまくまとまっていなかった。

それこそすみれが演じるヒロインは「まぼろしの少女」になりかけていたのだが、ふたりいたんだ!これではっきり見えた。

少し撮り直しの部分は出てくるが、肝心の部分はこれからなので、二人にしても大丈夫だ。

虹色プリズム第49・50話イラスト

 


ヒントをあたえてくれたおばの子ども、おれの姪の桃花と甥のあきらもせっかくだから回想シーンで使ってあげよう。この前遊びに来たときにビデオカメラをまわしておいたのだ。

14歳の少女がふたり。すみれとさくら、3月生まれのすみれ、4月うまれのさくら。家に戻って仕上げればそのふたりの学園青春映画のシナリオはほぼ完成だ。

川べりでの撮影は順調に終えることができた。シナリオ変更によるとり直しという技術的なことは深雪先輩に相談すればいい。

 


+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・

 

 

1月31日(土)個別相談会開催!!

 

>>> コチラをクリック

 

 

+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・

 

掲示板『虹色プリズム』を開設しました♪

 

聖学院大学が提供する携帯小説「虹色プリズム」をいつもご覧頂き、ありがとうございます!

読者の皆様の感想や応援メッセージを募集しています。ぜひ投稿ください♪

 

>>掲示板の利用はコチラから

フィンランドで学んだこと momoの日常[【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載]

投稿日時:2009/01/24(土) 15:55

 

皆様お久しぶりです^^レポートと就職で毎日ひいひいいってるmomoです。

先日、ブログでもなげいていた異文化間教育のプレゼンテーションを無事終えることができました♪

最終レポートも提出できたので、とりあえず一安心です。

 

今回私が研究したのは、フィンランドの教育について。

皆さんフィンランドという国について知っていますか?

日本の本州と四国を合わせたくらいの、北欧にある小さな国。人口は525万人と小規模だけれど、国民の学力は世界一なんです!!

今フィンランドの教育はさまざまな教育、保育雑誌でも取り上げられていて、フィンランド・メゾットなんていう本まで出版されているんですよ!!

やっぱり、世界一の学力の秘訣について知りたいですよね~

というわけで私去年・・・・・フィンランドにいってきちゃいました!!

 

残念ながら大学のカリキュラムコースにあったものではなく、外部のツアーに1人で参加したんですけど、とても勉強になりました。

実際の保育・教育現場を見たり、国の成り立ちや理念について学んで『だから、フィンランドは学力世界一なんだ』と納得するくらいすばらしい国でした。

正直、日本ではフィンランドのような教育はできないけれど、いろんな良い点を吸収して、日本なりの教育や保育ができたらいいなって思いました。

 

今回のプレゼンは、学んだことを形にしてまとめることができたらいいなっておもって挑戦したんです。

皆さんも、視野を広くもって、いろんなことに挑戦してくださいね^^

いろんなことに挑戦できるのは、学生の特権ですよ!!

 

第44代アメリカ合衆国大統領就任式 by M.L.K.[【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載]

投稿日時:2009/01/22(木) 08:33

 こんにちは!久しぶりの登場です。

 

みなさん昨日(日本時間1/21)のObamaアメリカ大統領就任式見ましたか?

 

私はリアルタイムで見ましたよ!!!

 

今回の就任式は本当に盛りだくさんで感動しました。

オバマ大統領は今回の就任式を行うにあたり、様々なこだわりがあったようです。

 

例えば、第16代大統領のリンカーンと同じようにワシントンDCへ電車で現地入りしたり、宣誓する際に手を置く聖書も、リンカーンが使った物と同じを使ったりと、オバマ大統領が尊敬する人物への強い意識が感じられました。

補足情報ですが、なぜオバマ大統領がリンカーンを尊敬するかというと、リンカーンは1863年に南北戦争終結の際に奴隷解放宣言をし、当時の黒人奴隷を自由にしたことから、奴隷解放の父と言われているからです。

 

もう一つの特徴として、就任式中でのパフォーマンスとして歌を歌ったのは黒人のアリサ・フランクリン(ソウルミュージックの女王)だったり、クラシック音楽を演奏したのは、アジア系のヨー・ヨー・マやラテン系のピアニストなど、多種多様の人種が織り交ざったものでした。

 

これは、オバマ大統領が主張するすべての人種による同盟(Unity)の象徴でもあったと言えます。

 

そして、肝心の演説の内容ですが、それは現時の世界的金融危機をはじめ、イラク戦争、イスラエル-パレスチナ紛争など、多くの問題を抱えたこの時期に再びアメリカが世界のリーダーとして他の国々を牽引してゆくのだという意志が強く表れたものだと感じました。そして皆が期待していた(少なくとも私は)"YES WE CAN"というフレーズを使わなかったのですが、その理由を私は、アメリカの大統領や国民に課せられた課題は、そう簡単に解決できるものではなく、そうするためには本気で真剣に立ち向かっていかなければいけないのであり、楽観的になって気軽に"YES WE CAN"なんて連呼出来なかったのではないかと感じました。

 

しかし、その演説内容は本当にすばらしいものであり、明るい未来が垣間見えた気がしました。

日本もこれに見習い少しは責任感があり、国民の支持を得られる政治を行ってもらいたいですね・・・。

 

そんな訳で、昨日、世界の歴史が動いた瞬間をテレビで見れて本当に感動したM.L.K.のウンチクでした。

 

バーイ!!!

 

 

虹色プリズム☆第49・50話[聖学院大学提供│携帯小説「虹色プリズム」]

投稿日時:2009/01/19(月) 08:00

 ★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆虹色プリズム
├第二章 銀幕の裏側で
└第49・50話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆

「すみれちゃんね!会いたかったわ」
翠は嬉しそうに微笑んだ。
「久しぶりね、すみれちゃん」
ひかりも声を掛けている。

 

「・・・本当に、そっくりですね」
萌は、昨日の少女、さくらと比較しているようだった。

 

 

「そういえば、どうしてわざわざ下で待ち合わせにしたの?橋の上でも良かったんじゃない?」
しばらく話しているうち、ひかりが唐突に萌に聞いた。
ひかりも以前さくらに会ったことがあるらしく、もう一度会うために来たらしい。
「そうなんですけどぉ、さくらさんが、一秒でも長く合唱の練習したいって言うので、ここにしたんですぅ」

・・・別に橋の上で待ち合わせしてもそんなに時間は変わらないと思うが。というか、なぜわざわざ川べりに下りて練習するのだろう。
極論を言ってしまえば、歌の練習ぐらい放課後の学校でも、カラオケボックスでもできそうなものだ。

 

 

「あ、来ましたよ!」
翠の声に、全員が上を見ると、確かに風見さくらともうひとり、女の子が下りてくるところだった。

下りきるとさくらは深々と頭を下げ、昨日はありがとうございました、と言う。
そして萌に、紙袋に入れられた上履き(たぶん)と、それとは別に小さな袋を渡した。
おそらく、お礼のお菓子か何かだろう。

 

 

隣の少女がすみれに気づいた。
「ねえ、あなた・・・さくらそっくりね!」
その瞬間、意外なことが起きた。
すみれの性格からして、きっとこういうとき、「わぁ、本当!鏡みたい!」と叫んだりして、こう・・・騒ぐと思っていたのだが、すみれはまるで昨日のさくらのように、硬い表情のままだった。
「本当。・・・そっくり」
静かにそういうと、ぎこちなく笑い、さくらに握手を求めた。

なんだか違和感がした。
もしかして、二人は既に会ったことがあるんじゃないか・・・。
だがこのときはまだ、自分の中に沸いた、そんな馬鹿げた想像にさえ、まだ気づいていなかった。

 



+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・

 

さくらさんに単刀直入に聞いてみた。

「小さい頃、川に落ちたことない?」

虹色プリズム第49・50話イラスト

「どうして知っているですか?おぼれかけたんです。覚えてないんですが…。」

 

やはりさくらが川に落ちたらしい。まぼろしをたどるとその時誰かが助けようとして亡くなっているはずなのだが、いやなことを思い出させるのはかわいそうなので、それ以上聞かなかった。

 

聞いたとしてもたぶんその話は聞かされていないだろう。誰でも幼稚園以前の記憶はほとんど覚えていないし、覚えていても断片的なものだ。

するとさくらの方から話しだした。

 

 

「ほんとに危なかったらしいのですが、近くにいた大学生が助けてくれたそうです。その命の恩人とは今でも時々手紙をやり取りしてますよ。助けてもらったのに食事をごちそうになったりして」

 

 

あれ!?俺の想像していたことと全然違う。助けたのは俺のおやじで、助けた後におぼれて死んだ、それを隠すために外国で交通事故死したと幼かった俺たちは信じ込まされている。そう、思い始めていたところだったのだ。

記憶は嘘をつくといわれているらしい。そう思いたいように記憶を作り上げる。父の死とまぼろしの少女をどこかで勝手に結びつけていたのだろう。

この前おばさんが来たとき気になることをいっていた。母に話しているところを偶然聞いてしまったのだ。

 


「蒼也君、兄さんにそっくりになってきたわね。映画が好きなんだって。兄さんも映画つくっていたわよね。それでは食べられなくて商社マンになったんだけどね。そこでおねえさんに出会って七尾家の養子におさまって、私たちは安心したんだけどね。あんなことがあって、さらに事故でしょ。時々、お兄さんはやっぱり映画を作っていた方が幸せだったのかなって思うこともあるのよ」

 

 

普段からずけずけというおばさんなのだが、いやみはないので母とも仲良くやっているのだ。

 

 


+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・

 

 

1月31日(土)個別相談会開催!!

 

>>> コチラをクリック

 

 

+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・

 

掲示板『虹色プリズム』を開設しました♪

 

聖学院大学が提供する携帯小説「虹色プリズム」をいつもご覧頂き、ありがとうございます!

読者の皆様の感想や応援メッセージを募集しています。ぜひ投稿ください♪

 

>>掲示板の利用はコチラから

[聖学院大学メールマガジン No20]大学生の放課後って?[聖学院大学メールマガジン・バックナンバー]

投稿日時:2009/01/15(木) 13:43

\◆/*\◆/*\◆/*\◆/*\◆/*\◆/*\◆/*\◆/

  ┏┓────────────────────────┏┓
 ┗■┓ 聖学院大学メールマガジン2008-09 No20          ┏■┛
  ┗■        (●´∀`)人(´∀`●)                                 ■┛
   └───────────────────────┘

\◆/*\◆/*\◆/*\◆/*\◆/*\◆/*\◆/*\◆/
┌──┐
│■■│┌──┐
│■■││■■│♪SEIG univ♪
│■■││■■│
┴──┴┴──┴───────

こんにちは★☆欧米文化学科のさっちゃんです(^^@)
皆さん体調など崩してませんか?

┏┓─ Today's contents ──────────┏┓
┗■┓1.大学生の放課後ってどんなの?     ┏■┛
 ┗■ 2.入試情報                         ■┛
  └───────────────────┘
★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       *:..。o○大学生の放課後ってどんなの?○o。..:*
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆

さてさて今回は、大学生の放課後とはどんなものか?についてレポート!

私たち聖学院生は、一番授業が終わるのが遅くて、火曜から金曜の第五限
目が、6:20が授業終了時間になっています★
週に2日は、さっちゃんも第5限までありますね。

さて、そんな授業がおわったら何をしているのか・・・?
まず、学校での用事をすませます★
例えば部活や、学生課へ行ったり。バイトに行く人もいます。

皆さんはその聖学院生のブログはもう見てくれていますか??
色んな学科の学生が、日々の生活を公開しています♪
http://www.seigakuin.net/

私の場合、まず帰宅。宿題があったらやります。
英語系の科目は宿題が多いですね(^-^;)でも大した量は出ません。
大体一時間あればすんじゃいます☆

バイトがある人は、次の日に響かない程度に頑張って働いてるようです。
やっぱり大学近辺のお店で働く人が多いですね♪

部活したり、学食でゲームしたりして、大学で放課後を過ごす聖学院生も
けっこういますよ。

 ★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      一般入試出願受付中。
      1月24日はAO入試1日講義型があります。    
                    アドミッションセンターより
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆

AO入試1日講義型はエントリー受付中、
一般入試A・B日程は出願受付中です。

☆AO入試[1日講義型]
50分の講義をノートを取りながら聴講し、聴講後にノートを整理して提出
します。提出されたノートとエントリーカードを元に面接を行い、審査を
行うという方式です。

審査日:1/24(土)
エントリー期間:インターネットの場合は1/21(水)12時(正午)まで。
(郵送、窓口受付もあります)

※今回のAO入試[1日講義型]では、児童学科は募集しません。

☆一般入試[A日程] 試験日:2/4(水)出願受付中!
☆一般入試[B日程] 試験日:2/14(土)出願受付中!

いずれも、大学センター入試出願者は、受験料が2万円に減額されます。
(ただしセンター利用入試ではありません)

↓出願状況は、HP、モバイルで毎日夕方更新しています↓
http://www.seigakuin.jp/admission/03successful/jokyo.htm
電話でも聞けます。048-781-0435

審査方法:
2科目(英語+
選択科目1科目:国語、世界史、日本史、政治経済、数学1・A)

または、3科目(英語+国語+
選択科目1科目:世界史、日本史、政治経済、数学1・A)

※緊急・経済支援特別入試は、一般入試A・B日程で申込受付中
申請書ダウンロード急増中!

----------------------------------------------
◆一般入試直前対策に!
センターレベル英単語メルマガ本日1/15より配信スタート!
平日毎日20単語ずつお届けします。
配信登録は、下記のアドレスへ空メール送信で。↓↓
emg@m.seigakuin.jp

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏           ○編集後記○
┏    お正月もすぎてゆっくりしていたところから、大学も始まって
┏┌┬┬┐きていますが・・・お正月ぼけがな治らなくてダルイって人も
┏││││いるのでは?そんな時は一粒チョコを食べるとすっきりします。
┏├┴┴┤ダルイときにはチョコです♪
┏ \ / さっちゃんもそれで乗り切ります~!
┏  ▼   次の配信日は2月1日です☆お楽しみに♪
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

次へ>>

ブログ最新記事

SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 8/2(土)オープンキャンパス開催  2014/07/31(木) 13:52
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 7/19(土)、7/21(月・祝)オープンキャンパス開催  2014/07/14(月) 18:03
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 7/1号  2014/07/01(火) 19:32
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 6/15号  2014/06/16(月) 12:00
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 5/31(土)オープンキャンパス報告  2014/06/03(火) 13:28
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 6/1号  2014/05/31(土) 09:36
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 5/15号  2014/05/15(木) 12:30
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 5/31(土)オープンキャンパス開催  2014/05/14(水) 16:17
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 4/15号  2014/04/15(火) 16:30
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 4/26(土)ミニオープンキャンパス開催  2014/04/10(木) 11:11
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 4/1号  2014/04/01(火) 12:30
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 3/13号  2014/03/13(木) 12:00
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 2/15号  2014/02/14(金) 16:10
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 2/4号  2014/02/04(火) 16:30
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 1/15号  2014/01/15(水) 12:00
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 1/4号  2014/01/04(土) 12:00
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 1/11(土)入試説明・相談会を開催  2013/12/19(木) 16:21
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2013 12/17号  2013/12/19(木) 16:09
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 『入学前準備教育』についてゼミで発表をした学生の感想レポート  2013/12/17(火) 13:20
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2013 12/2号  2013/12/02(月) 17:12

アーカイブ

資料請求(無料)
聖学院大学の入試情報
携帯メールマガジン登録
進学・修学支援制度
聖学院大学YouTubeチャンネル
聖学院大学から海外の大学へ
先生インタビュー
大学案内をネット上でご覧になれます。
よくある質問の検索とお問合せのページ
聖学院大学サイト