大きくする 標準 小さくする

ブログ一覧

ブログ 2009/10

次へ>>

11/3~11/4 ヴェリタス祭開催☆[SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG]

投稿日時:2009/10/30(金) 11:10

11月3日~4日ヴェリタス祭を開催します!!

 

文化祭や運動会の季節になりましたね!

さて、聖学院大学でも11月3日~4日にヴェリタス祭(文化祭)を行います

 

お笑いライブや、有志バンドによる演奏、ファッションショー、模擬店などなど・・・・学校見学も兼ねてヴェリタス祭に来ませんか?

 

気になるヴェリタス祭の内容は↓↓↓

 

日時

113日(火・祝) 10001630

114日(水)   10001630 

   

テーマは『十人十色』

それぞれが持つ“色”を随所で融合させ、新たな“色”を作ってみようと考えています♪

 

 

お笑いライブ

113日 11001200(野外ステージ)

吉本の人気コンビや、爆笑ミュージカル芸を披露するアノ人が聖学院にやってくる!!

出演芸人は・・・・↓

FUJIWARA

大西ライオン

チーモンチョーチュウ

 

 

DEPAPEPEによるコンサート

113日 1300開場 14001500(チャペル) 

アコースティックギターで心を満たす軽快なサウンドや、せつないメロディーを奏でるDEPAPEPEが登場。今、盛り上がりを見せるインスト市場注目のギターデュオです!!

 

 

ファッションショー

113日 13401440(野外ステージ)

普段あまり着る機会のない着物のファッションショー。

アナタも見に来ませんか☆

 

 

チャペルコンサート

113日 (チャペル)

聖学院大学の音楽団体がチャペルに勢ぞろい!!

ポップスからクラシックまで堪能しよう♪

    フィルハーモニー管弦楽団 10:3012:00

・ 聖歌隊 15:3016:30

・ ハンドベル・クワイア 16:3017:00

 

14:0015:00まではDEPAPEPEが出演します 

 

 

Music Hour

114日 14001715(チャペル)

学生有志バンドによる演奏をお楽しみ下さい♪

 

 

その他、各種模擬店、野外ステージでのイベントなど二日間に渡って、盛りだくさんの内容です。

 

 

そして、ヴェリタス祭と同時開催、入試個別相談会も開催します!

年内合格を目指す方は必見。推薦入試やAO入試、一般入試などなど、入試に関するあらゆるアドバイスを教員がいたします。

 

□□□入試個別相談会□□□ 

113日 10001500

4303教室にて

予約不要・入退場自由

☆参加者全員に模擬店チケットプレゼント

 

 

友だちや保護者の方をさそって、ヴェリタス祭に来てみてくださいね。

みなさんのお越しをお待ちしております

 

 

一日探訪ツアーin上田 byメタボーマン[【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載]

投稿日時:2009/10/26(月) 23:33

こんにちは 

メタボーマンです

 

今日は先々週行った日本文化学科恒例の一日探訪ツアーの事を書こうかと思います。

 

今回私が参加したのは「一日探訪ツアーin上田」です。

 

他にも川越・浅草・横浜がありましたが、私は長野県上田のツアーにしました!

理由は簡単

ただ単に行きたかったから!

 

期待に胸を躍らせ高崎線宮原駅に降り立ったのは朝の745分の事です。

 

私は事前の説明会に体調を崩し出られなかったものですから、何を持ってきてよいのやら右も左も解らん状態ですから、大変緊張していました。

 

しかし友達の顔を見た瞬間そんな緊張はどこへやら…

 

ちなみに上田へは学校の小型バスで行きました。

運転手さんが顔なじみでこれも緊張のほぐれとつながったかな

 

そして全員が集まったところで無事8時半出発!

 

バスの中では、皆まるで童心に帰ったようなはしゃぎよう! 

 

上田に着いたのは11時半!ちょうど3時間ぐらいかかったのかな

 

上田に着き次第まずは腹ごしらえと上田城前のそば屋へ

私が食べたのは十割そば!東京や埼玉の都心部では食べられない味でした!

 

 

次に上田城へ! 

 

上田城の作りに驚き代々の城主に戦国ロマンを感じながら、見物しました。

また上田城内の資料館では「お蚕様」の道具や蚕の繭を見たり歴史の教科書でも見た絵巻ものが展示してあったりとなかなか勉強になりました。

また資料館の裏で取れた長い松ぼっくりのお土産も貰いラッキー!でした。

 

次に池波正太郎の資料館

この資料館は日文(日本文化学の意)としては興味深い!

 

池波正太郎の世界感を堪能出来ました。

またここで本を買っている学生も目立ちました。

 

そしてその後有名な神社の生島神社に行きました!

そこでは書物を見たり、鯉と亀に餌をやったりとなかなかのんびりとした時間を過ごしました。

 

さてその後すぐにこれまた有名な山の中腹にある神社の皇太神社に行きました。

そこでは駐車場からジャングル探検(笑)(本当に変な道を通ったのです!)をして、神社に行きつきました。

 

(上の写真は生島神社)

その後山を運転手さんのパワフルな運転さばきで山頂まで行き、旧上田城後へ行きました。ここはなかなか来れないそうで本当にいい景色でとても空気が旨かった!

 

帰りの道路は混んでいたけれどもお土産のリンゴも買えた事だし良かったです。

 

最後にこのツアーは行きたい所に行った方が正解です。

面白いし、友達と友情を深める事もできます。またこれまで知らなかった人とも交流を図れるので本当に良かった

 

狂言祭と講演会のことについて。 by白妙[【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載]

投稿日時:2009/10/26(月) 19:30

ブログをご覧の皆様、こんにちは。白妙でございます。

前回の記事では、暫く入試関連について取り上げますよと書いたのですが、今回は狂言祭について。

 

10月21日のAH(アセンブリー・アワー)に、体育館で狂言祭が行われました。

演目は、狂言:「柿山伏」、小舞:「三人夫」「神鳴」、狂言:「口真似」、狂言「仏師」

役者は、集中講義:伝統芸能を選択した学生、茂山千三郎先生、鈴木実さん。

一つ一つ、とても面白かったですよ。

演じるほかにも、演目の内容の解説なんぞも、合間に入れてくれました。

 

・喜劇が狂言で、悲劇が能。

・狂言の基本姿勢は、少し腰を落としたポーズで、移動するときの足運びは、すり足。

・能は悲劇なので、悲しみを表現するときは、じっと動かずにする。

・狂言は喜劇なので、能とは反対に発散するように、能よりも激しく動く。

・はーっははははと笑うのが、笑いで、へーっへへへへと笑うのが、泣き。

・袴の裾の長いのが、身分が高い人で、短いのが、身分の低い人。

・踊ると舞うは違う。踊るのは、いかに自分を美しく見せるかで、舞うのは、いかに舞台を美しく見せるか。

 

メモが手元に無いので、うろ覚えですが。

普段はなかなか知ることが出来ないので、とても興味深いですよね。

 

その後は、チャペルで聖路加国際病院理事長の日野原重明先生の公演を聞きました。

 

「光を受けて生きる生き方」

お話の内容にすごく感動しました。・・・ところどころ寝てしまったのですが。

 

私なりに要約すると、限りある命の時間を他者の為に捧げる。

このような人生は素晴らしい、価値がある。

神に与えられた、限りある私たちの命の時間。その貴重な時間を他者に尽くすことに使う。

私がはしょり過ぎて、なんそらって感じですよね、すみません。

命の時間の使い方、使い道、そんなお話が中心でした。・・・多分。

 

日野原先生は、8年先までアポが詰まっているらしいのです。

そんな方のお話が聞けるなんて、凄いですよね。私びっくりしました。

 

聖学院大学は、こうして定期的にAHや講義の時間を使って、なかなか体験できないことを体験することが出来ます。

ただ講義を受けているだけじゃ、味わえない経験。他の大学とはここが違うのかなと思います。

体育の日も「探訪ツアー」といって、高校で言うところの校外研修のようなものにも行きました。

4年間の間に歌舞伎も観れるらしいのです。いやあ、凄い凄い。早く観たいです。

 

入試シーズンに入りましたね。受験生、頑張れ!

それでは今回はこの辺で。次回にまた会いましょう!


ピンクリボン活動に参加!byメタボーマン[【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載]

投稿日時:2009/10/23(金) 01:14

こんにちは

メタボーマンです

 

先日学友会の方々とピンクリボン(乳がん早期発見・撲滅運動)のチャリティーマラソンのお手伝いに行ってきました。

 

 

 

朝7時現地集合で起きたのは4時半…

死ぬかと思いました…

 

初めに会場作りをし、1時間あまりで完成!

会場作りは会場となった日比谷シティ前にテントを張ったり、司会者の立つ舞台を作ったりしました。

 

ちなみに司会者というのは男の人(外人さん)と女の人(日本人)2人で、息のピッタリあった司会は流石でした!

 

しかしさすが学友会ですね!パッパッと動きテントやなんかも素早く立ててしました!この早さ年季が違うというか…

 

ランナーの方々が続々と集まりだしましたが参加者が予想以上に多く2時間ほど遅れてスタート!

 

今回は当日参加のランナーさんが多く大会主催者の方も驚いていましたよ!

 

お次の仕事は7人で二班に分かれ、一つの班は給水に、もう一つの班は会場の整理や順位の確認を担当しました。

順位の確認は上位に景品を渡すためで1位はスポンサーがデルタ航空という事もあり、まさかのサイパン旅行チケットでした!!!

 

ランナーは10キロ、5キロ、5キロのウォーキングの3種類があり私は会場の整理や順位の確認でした

 

さっそくゴール前で紙とペンを持ち、こちらも準備完了

スタートの時を選手と共に手に汗かきながら待ちます。

 

いきなりチアガールが準備をし女の子が肩に乗るおきまりのポーズで「よーいスターート」と叫びました!

 

一斉にズラーと一番最初の10キロランナーが飛び出していきます。

 

その後少々間隔をあけ5キロランナー、ウォーキングと順々にスタートして行きました!

 

さてこの光景をポカーンと見ていた私ですが、気をとりなおして待っていると早っ!もう一周回ったのかいと思う程早いランナーが返ってきました。

 

ゴール!さて名前名前と聞きに行くとスタート前に走っちゃったよという答え…

 

まぁ確かに早すぎだわな…

 

少々待つと続々とゴールを目指し突進してくるランナー、「うわ怖っ」と思いも逃げ出すわけにもいかないのでゴール後こちらも全力ダッシュ!名前を控えたらお次の選手とこちらもある意味ランナーでした!

 

しかし上位入賞者はほとんどが外人ランナー!

いやー違いますね…

 

しかし本当に人数が多く会場の整理は一苦労!

 

走るコースが参加者の選手に人気の皇居のお堀だったので、無茶苦茶大変でした。

 

でっかいメガホン片手に「横にはみ出さないでくださーい」とか「選手の皆さん完走おめでとうございまーす」とかを大声で叫びながら回るんですよ…疲れました。

 

ほぼ全てのランナーが完走し、周りを片づけた頃には疲労困憊状況・・・・

2時に遅めの昼飯を食べ、和太鼓の演奏や立教大学のチアリーディングを見て会場の撤収となりました!

 

撤収後解散となって無事何事もなく終わりました!

 

本当に良い経験が出来ました!皆さんも来年度是非参加してみてください!

大変貴重な体験・経験ができますよ!

 

追伸

その後学友会の面々と東京タワーに行き山手線田町駅で本当の解散となりました!

 

私は東京駅回りで帰ったのですが中央線(直通青梅線)で爆睡してしまい…

拝島駅で気付いたのは良かった…

 

狂言祭[【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載]

投稿日時:2009/10/21(水) 21:36

 

皆様こんばんは。
立て続けに出現しております、弥生です。


先日、聖学院大学の体育館で行われた狂言祭。
正式名称『聖学狂言発表会』
こうやってみると、ちょっと仰々しい名前ですね…笑

 

これは夏休み中に行われた集中講義【伝統芸能 狂言】を学んだ学生が、狂言と小舞を披露する会なのですが…

 

実は私、その狂言発表会に出演していたんです。
発表自体は平日に行われるため、高校生の方はご覧になれなかったと思いますが、結構本格的な仕上がりなんですよ。

今回の演目は狂言『柿山伏』、『口真似』、小舞、『三人夫』、『雷』、狂言を教えてくださった先生方によります、狂言『仏師』。以上の五つの演目となっていました。

衣装も本物の舞台で使用したものをそのまま利用させていただきました。(小舞の上部分は浴衣を着て、袴をはくというやり方でした)

とにかく本格的の一言に尽きるのですが、残念ながら準備に追われ、衣装を着て撮った写真が一枚もなかったという事態に…とほほ。

 

稽古は夏休みの8月17、18、19日、
9月1、2、3日の、計6日間行われました。


そうそう、これはちょっとした裏話なんですが、
普段は狂言と小舞、各一つずつという組み合わせなのですが、今回狂言をやる先輩方がとても熱意のある方々だったので、もともとの予定だった『口真似』+『柿山伏』をやることになったんです。

(私は小舞を覚えることで一杯一杯という情けない状態でした…とほほ)


先輩方のやる気と熱意に乾杯!
狂言を教えてくださった茂山千三郎先生も、『狂言を二つやると言い出した生徒さんは彼女らが始めてです』

と、(本番終了後、)驚きの心境を漏らしておいででした。


最初の授業の時から、立ち居振る舞いについてのお稽古はしっかりつけていただいていたのですが、正直最初のうちはただなんとな~く踊っていればいいと思っていたら大間違いでした、あはは…。

なんといっても、すべての動きをほぼ中腰状態でしなければならないので、足腰の強さがかなり鍛えられます。

どれくらい鍛えられるかと言うと、練習が終わって、その日のうちにふくらはぎに筋肉痛が発生するくらい鍛えられます。


扇の使い方やすり足の動き、細かい振りの際の手の動きなど、本当に丁寧にご指導いただきました。

 

緊張で頭真っ白状態だったので、本番にそれらが活かされたかは、ちょっと自信ないんですけど…。笑


狂言って、一見ちょっと取っ付きづらい印象があると思うんですよね。実際、私はかなりそういうイメージで授業にのぞみました。興味半分、といってもいいくらい。

 

だけど、実際に狂言を見て、やってみると、声をあげて笑ってしまうような面白いお話がたくさんあって、劇中に出てくる小舞の細かな動きがとても優美で素敵でした。

床を進むすり足や、扇を扱う手の繊細な美しい動き、ほうっと感嘆を漏らしたくなるような、そんな魅力が確かに存在しています。

 

見に来てくださった学生の方たちも、見ていて楽しかったと口々にいっていただけて、本当にうれしい限りでした。
学内を歩いていたら、数々の友人から、『小舞見たよー』とお声がかかるほど、皆さん楽しんでご覧になっていただけたようです。

 

皆様も聖学院の学生たちのように、この記事を機会に、少しでも狂言に興味を持っていただけたなら幸いです。

 

あ。
是非皆様も伝統芸能の狂言、履修してみてくださいね。(宣伝宣伝…笑)

 

☆アドミッションセンター職員より☆

職員が撮影した狂言祭の様子です。(後日プロのカメラマンが撮影したものと差し替えます)

狂言「柿山伏」

 

小舞「三人夫」

 

狂言「仏師」


次へ>>

ブログ最新記事

SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 8/2(土)オープンキャンパス開催  2014/07/31(木) 13:52
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 7/19(土)、7/21(月・祝)オープンキャンパス開催  2014/07/14(月) 18:03
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 7/1号  2014/07/01(火) 19:32
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 6/15号  2014/06/16(月) 12:00
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 5/31(土)オープンキャンパス報告  2014/06/03(火) 13:28
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 6/1号  2014/05/31(土) 09:36
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 5/15号  2014/05/15(木) 12:30
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 5/31(土)オープンキャンパス開催  2014/05/14(水) 16:17
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 4/15号  2014/04/15(火) 16:30
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 4/26(土)ミニオープンキャンパス開催  2014/04/10(木) 11:11
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 4/1号  2014/04/01(火) 12:30
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 3/13号  2014/03/13(木) 12:00
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 2/15号  2014/02/14(金) 16:10
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 2/4号  2014/02/04(火) 16:30
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 1/15号  2014/01/15(水) 12:00
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 1/4号  2014/01/04(土) 12:00
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 1/11(土)入試説明・相談会を開催  2013/12/19(木) 16:21
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2013 12/17号  2013/12/19(木) 16:09
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 『入学前準備教育』についてゼミで発表をした学生の感想レポート  2013/12/17(火) 13:20
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2013 12/2号  2013/12/02(月) 17:12

アーカイブ

資料請求(無料)
聖学院大学の入試情報
携帯メールマガジン登録
進学・修学支援制度
聖学院大学YouTubeチャンネル
聖学院大学から海外の大学へ
先生インタビュー
大学案内をネット上でご覧になれます。
よくある質問の検索とお問合せのページ
聖学院大学サイト