大きくする 標準 小さくする

ブログ一覧

ブログ 2009/2

次へ>>

虹色プリズム☆第59・60話[聖学院大学提供│携帯小説「虹色プリズム」]

投稿日時:2009/02/23(月) 12:25

 ★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆虹色プリズム
├第二章 銀幕の裏側で
└第59・60話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆

「ところがある日、会社にドキュメンタリー映画のことが発覚し、突如、単身赴任を命じられ、ブラジルへ飛ばされることになった。その時ゆりさんは妊娠していたが、信也君には知らせなかったようだ。
ゆりさんは一人で生むことを決心し、その代わり信也君と家族を苦しめることになるので二度と信也君には会わないと心に決めた。

 

だから、さくらさんが生まれたことも信也君は知らなかった。ゆりさんは隣町に引越し、信也君には知らせなかった。
もちろん私は知っていたが、口止めされたので信也君にはわからないと告げていた。一方、わたしはさくらさんのおじいちゃんの役を引き受け、生活に追われるゆりさんを支えた。
当時の部員たちもゆりさんのことはずいぶん心配し、いろいろと助けてくれた。さくらさんが3歳になった頃、おそらく部員の一人が知らせたのだろう、信也君はゆりさんに自分との子どもがいることをはじめて知った。
私にどうしてもゆりさんとさくらさんに会いたいといってきたが、ゆりさんは承知しなかった。


それでも自分の子どもであるならひと目会って抱いてやりたいという信也君の思いに応える形で、さくらさんだけを私が連れていき会わせることになった。
場所は、この川のほとりに立つ古民家を改造した料亭が選ばれた。昔の農家を再現した作りになっており、川につながったところには水車小屋が再現されていた。


信也君は奥さんにも話していたのだろう、蒼也くんとすみれちゃんを連れてきていた。兄弟として引き合わせたいと思っていたのだろう。


まだ幼かったさくらちゃんはすみれちゃんとすぐに仲良くなり、外で遊び始めた。私は信也君にその後のいきさつを話することに中に二人で入った。

蒼也くんはあまりに似たふたりを目にして混乱しているようだった。事故はそこで起こった。蒼也君と二人の妹はかくれんぼのようなことをして遊んでいたが、さくらさんが足をすべらせて川に転落したのである。子どもの泣き声がするのを聞いて騒ぎになったが、幸い少し流されただけで大学生に助けられた。
急いで救急車で運ばれ、しばらく入院したあと家に帰った。それから二度と会うことをゆりさんは許さなかった。

 

実は信也君は会社にドキュメンタリー映画の話が発覚後も、あきらめず仕事の合間に取材を続けていた。ビデオテープが何回か私の元に届けられたりしていたが、2度目の単身赴任が決まった。今度はインドネシアだった。
信也君は取材が進むと喜んで赴任したが、ある日交通事故で亡くなったと知らせを受けた。
不可解な死であったが、結局、交通事故と処理されたようだ。葬儀には蒼也くんたちのお母さんに許されてゆりさんとさくらさんも参列していたんだよ。」

 

ここまで一気に話した木戸は少し疲れた表情をみせた。

 



+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・

 

「大丈夫、おじいちゃん」
さくらが木戸にやさしく声をかけた。

蒼也はあまり母が話したがらない部分の父の話が聞けたことに満足していた。みんなもあまりにドラマチックな話に圧倒されていた。

蒼也が言った。

 

「部員のみなさん、そして出演者のみなさん、今日で撮影は無事に終わりました。最後の最後になって急に登場人物を増やして申し訳ありませんでした。でもそれにより、ストーリーに厚みと意外性が加わりました。

俺の夢の中にいつも出てきてなぞの言葉を残して消えていった少女のなぞも木戸先生のおかげで解けました。本当にありがとうございました。

あとは深雪先輩の力を少し借りて、編集の作業に入ります。きっとすばらしい作品に仕上がるとおもいます。期待していてください。」

いつの間にか、ひかりは、すっかり映研の部長の顔になっている蒼也の横顔を誇らしげに見つめていた。

 

 

 雷鳴と共に、スクリーンに洋館が映し出された。
軋む階段。ろうそくの炎・・・


 映像は一転して、川の流れへ。
人形が流されていく・・・


 夕焼けの中手をとりあう二人の少女。


さらに場面は変わり、まぶしい光の向こうに立つ、顔の見えない女性・・・

 

「待ってるからね・・・」

 

 


+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・

◆一般入試直前対策に!


センターレベル英単語メルマガ配信中!
平日毎日20単語ずつお届けします。
配信登録は、下記のアドレスへ空メール送信で。↓↓


emg@m.seigakuin.jp

 

+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・

 

掲示板『虹色プリズム』♪

 

聖学院大学が提供する携帯小説「虹色プリズム」をいつもご覧頂き、ありがとうございます!

読者の皆様の感想や応援メッセージを募集しています。ぜひ投稿ください♪

 

>>掲示板の利用はコチラから

大学生の春休みって?? byさっちゃん[【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載]

投稿日時:2009/02/16(月) 18:33

こんにちは!!お久しぶりのお目見えのさっちゃんです

今回は大学生の春休みの過ごし方など、ご紹介

私たち聖学院大学生は、今年は二月三日が授業終了でした★その後、特別講義や追試などがある人、ない人で分かれます!あるひとは、授業終了日の三日をすぎても大学へ登校しています!

それも、二月いっぱいか半ばくらいまでで、あとは本格的な春休みに突入!です[emoji:158]

さて、そうなると四月の頭までの長い春休みに何をいったいするのか???

 

 

私の周りのひとの過ごし方は、

運転免許取得  自動車学校へ通う。

男女とわず、そういうひと多いですね。

②けっこうきついアルバイトに明け暮れる。

こういう子は男の子が多いかもしれないですね!

勉強などしてみようかと、教科書をひらく。

さっちゃんはちょっとフランス語をもう少しやりたくて、勉強もしようかと思っております。

④バイトしたお金などで、旅行にいく。

などが、代表的な春休みの過ごし方ですね♪♪

これらの合わせ技(バイト&旅行とか)のひともいるでしょう。

大学生となると、高校とちがってアルバイトの口も多いし、自由になるお金もちがってきますから、みんな思い思いに春休み、過ごせるんです!!!!!

もちろん、高校と同じで部活に明け暮れる運動部員や文化部員も☆

 

みなさんも、春休みは大学生になったら、やりたいように、楽しく、好きなことができるから、今から楽しみなのでは??

やりたいことをして、自分らしく素敵な春休みを過ごすことが、授業が始まってからも集中するカギだとさっちゃんは思います

聖学院大学に入ったら、楽しんで春休みを過ごしましょう♪

 

さっちゃんでした♪

 

 

 

虹色プリズム☆第57・58話[聖学院大学提供│携帯小説「虹色プリズム」]

投稿日時:2009/02/16(月) 08:00

 ★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆虹色プリズム
├第二章 銀幕の裏側で
└第57・58話
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆

天然の萌が驚きの声をあげた。すみれも少し動揺していた。
さくらと兄弟であることは知っていたが、映画との関わりについてはあまり知らなかったのである。父のことを3枚の写真でしか知らないさくらはむしろ先が知りたかった。大げさにゆっくり話す木戸の話振りに少しいらいらしていた。


「おじいちゃん、先を早く話して」


「さくらちゃん、すみれちゃん君たちにとって少しショッキングなこともあるかもしれないけど、話すよ、いいかな。実は二人のお母さんには今日話すことを言ってある。お二人とも私にまかせるということだったので、話すことにしたんだ。」

「私ももう中学2年生です。どんな話でも大丈夫です。それよりも真実を知りたいのです。同じ父を持つ3月10日生まれのすみれと4月1日生まれのさくらさんがいるのか。」
すみれが口を開いた。


「みんなに聞いてもらってもかまわないのかね。」


「かまいません、父を信じていますから」

蒼也が兄弟を代表するように答えた。

 



+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・

 

「さくらちゃん、お母さんの名前もあったろう。風見ゆりさんは2年生の部員だった。信也君とゆりさんはとても熱心な部員で優勝作品の脚本を仕上げるのにゆりさんの力が大きかった。話題はいつも映画の話や読んだ小説の話で仲もとても良かった。私は顧問であったが、実は演劇が専門で、映画はよくわからなかったのだが、みんな研究熱心でどんどん自分たちで映画作りのことを学んでいった。


57-58イメージなかでも信也君の映像感覚はすごくて、映像が見えるような脚本を書いていたし、撮影になるとあたかも作る絵が先に見えているように指示することができた。普通の人間では考えつかないアングルからの撮影など何度も私たちを驚かせた。部員たちの結束も強く、顧問であった私がいうのも何だが、みんなで見事な作品を仕上げてコンクールに出品し優勝したのだ。


コンクールが終わって信也くんは大学を芸術学部にするか迷ってなんども私に相談にきたが、結局、両親のことを考えて国立の経済学部に進学した。さくらさんのおかあさんは一年後輩であったが、やはり映画とは関係のない短大の英文科に進学した。

私も映研の優勝の翌年に丸岡南高校に転勤となり、そこでは演劇部の顧問に戻り、丸岡南高校を最後に定年を迎えた、定年後は自分の劇団を作り、そちらで20年活動してきた。

卒業生たちとはしばらく年賀状をやりとりするだけであったが、私が劇団をやりはじめてからは公演を見に来てくれるようになり、部員が自然と集まるようになった。

信也君は卒業後、やがて商社に就職し、結婚。蒼也君が生まれた。ゆりさんは、短大を卒業して信用金庫に就職。もともと演じることも好きだったので私の劇団に入った。

信也君は商社に入り忙しく世界中を飛び回っていたので顔を出すこともなかったが、日本経済がバブルに浮かれているときに商社のやり方に疑問を持ち、悩みぬいて私のところに相談にきた。何回か話すうちに、昔の映画のことを思い出したのか、
商社をやめて森林伐採のひどいやり方を告発するドキュメンタリー映画を作りたいといってきた。かなり悩んでいる様子だったが映画の話になると別人のように輝いていた。

その時に熱心に話を聞いていたのがゆりさんだった。映画にする話はとんとん拍子に進み、信也君も元気を取り戻していった.....。

 


+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・

◆一般入試直前対策に!


センターレベル英単語メルマガ配信中!
平日毎日20単語ずつお届けします。
配信登録は、下記のアドレスへ空メール送信で。↓↓


emg@m.seigakuin.jp

 

+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・

 

掲示板『虹色プリズム』♪

 

聖学院大学が提供する携帯小説「虹色プリズム」をいつもご覧頂き、ありがとうございます!

読者の皆様の感想や応援メッセージを募集しています。ぜひ投稿ください♪

 

>>掲示板の利用はコチラから

たまには欧米文化っぽいことを。fromミシン[【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載]

投稿日時:2009/02/16(月) 03:47

こんにちは。欧米文化学科4年のミシンです

大学では試験シーズンも終わり、早くも長い春休みに突入。

4年生の私は2週間ほど前に学生最後の授業を

終えました・・・あーさびいしい・・・・。

最後の授業は「現代ヨーロッパ史」という授業で、その名のとおり現代のヨーロッパ事情についてです。

が、これがなかなか侮れない

今、なぜ不況が起こっているのか?先日あったイスラエルのガザ地区侵攻の理由は?グローバリズムってなに?EUって実はスゴイ!!戦争はどうしておこるの?戦争は儲かる!!・・・なんてことをずーっと授業の中でやっていくわけです。

私の専門はもっぱら、ヨーロッパの歴史が中心なので毎回この授業が楽しくてしょうがなかった

 

そんなわたくし、物凄いマンガオタクです。

あ、なんだか今このブログを見ている人が一斉にヒいた音がした気がする(笑)

いや、歴史とマンガが合体すると非常にいい作品が生まれるんですよ!!

・・・・前置きが長くなりましたが、今日は私が(勝手に)選ぶ欧米文化学科マンガ選書を紹介☆

受験の骨休めに、また受験が終わった方は大学への事前勉強に読んでみてくださいな

 

「ヘタリア」 日丸屋秀和 作

知ってる方は知っている、国擬人化マンガ!世界中の“国”が擬人化しているというこのマンガ。世界史に出てくるような話題がポンポン作中に出てきて歴史が楽しくなります♪

敵地のど真ん中にもかかわらずパスタを茹でてる呑気な(ヘタレな)イタリアとか・・・そんな実際に起こったエピソードをマンガで書いてくれてます。歴史嫌いにぜひ読んでほしいです

 

「MONSTER」 浦沢直樹 作

現在映画化されてる「20世紀少年」の原作を書いた作者のマンガ。ドイツがまだ東西に分かれていた頃のエピソードを混ぜつつ、日本医師がドイツで奇怪な事件に巻き込まれるというお話です。どちらかというと、歴史マンガというより、ホラーに近いかも・・・でも、現在のドイツの問題や事情が分かるので、現代史をやる際には非常にわかりやすいです。

 

「ヴィンランド・サガ」 幸村誠 作

ヴァイキングがイギリスを席巻していた頃の話です。このマンガのすごいところ・・・それはヴァイキングの生活や考え方を描きながらも、重厚なストーリーが展開していくところです!!殺し合いや略奪が横行するなかでの、人間の誇りや尊厳を嫌みなく描いているのが私の気にいっているところ

ちなみに、この時期はキリスト教がイギリスにやってきた頃でもあります。なので、そういったエピソードも含まれていてお勉強になる!!

 

「エマ」 森薫 作

先ほどのヴィンランド・サガから1000年後、19世紀イギリスが舞台。メイドと貴族の恋物語という、かなりベタなストーリーですが、ナメてはいけません。作者は相当なイギリスオタクで、当時の貴族や庶民、メイドたちがどのように暮らしていたのか、階級の差というものがどのようなものなのかを細かく描いています。注目点は当時の家具や、服、雑貨をきちんと描いてくれているので、それらがマンガの“絵”で見られること!!

 

「ベルサイユのばら」 池田理代子 作

歴史マンガの王道!!フランス革命期に断頭台に散ったマリー・アントワネットや彼女の護衛となった男装の麗人オスカルを中心にした少女マンガですね。実は私のゼミの先生の部屋にはこの「ベルばら」が全巻揃っている・・・・。先生曰く、「これね、すごいわかりやすいんだよ。面白いしね。」―――聖学院大学准教授のお墨付きです(笑)

作者の池田理代子さんは、ベルばらを通して日本でのフランスの認知度に貢献したということで、レジオンドヌール勲章(フランスで栄誉ある勲章)をいただいたそうです。

 

好きなものを語るって楽しいですね(笑)語るだけ語らせてもらいました。

とにかく、マンガのおいしいところは「ビジュアルで見ることができる」という点にあります

中高大と歴史がずっと好きで教科書や文献を見てきましたが、その当時の人たちがどんな生活をしていたのか、どんなものを使っていたのか、何を考えていたのか、を知るには文章よりマンガを見たほうがてっとり早いです。

 

では今日はこの辺で

 

 

[聖学院大学メールマガジン No22] 大学生の春休みとは?[聖学院大学メールマガジン・バックナンバー]

投稿日時:2009/02/15(日) 04:26

◆/*\◆/*\◆/*\◆/*\◆/*\◆/*\◆/*\◆/

 ┏┓────────────────────────┏┓
 ┗■┓  聖学院大学メールマガジン2008-09 No23        ┏■┛
  ┗■        (●´∀`)人(´∀`●)                                 ■┛
   └───────────────────────┘

\◆/*\◆/*\◆/*\◆/*\◆/*\◆/*\◆/*\◆/
┌──┐
│■■│┌──┐
│■■││■■│♪SEIG univ♪
│■■││■■│
┴──┴┴──┴───────

皆さんこんにちわ☆
コミュニティ政策3年のジェシカです。
まだまだ寒さが厳しいので、入試にはカイロとマフラーを忘れずに
(^∪^)v
今回のメルマガは。。。


┏┓──☆目次☆────────────┏┓
┗■┓1.春休みの過ごし方               ┏■┛
 ┗■2.オープンキャンパス                ■┛
  └─────────────────┘
★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        大学生の春休みとは?
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆
今回は、大学生の春休みの過ごし方をお話します☆

大学生の春休みはなんと!2ヶ月近くあります。
なので、地方から大学に来ている学生は帰省して、実家を満喫♪
休みは長いので、旅行もできたりするんですね(´∀`*)

私も出来たら旅行とか行きたかったんですが。。。
今年は就職活動をしなくてはならないので、
会社巡りをしています(笑)
後は、大学で行われている入学前準備教育のバイトをしています。

4年生になると、春休みは卒業旅行をしている人が多いです。
最後の思い出作りに海外へ行ったり、国内の好きな場所へ行ったり♪

この長い春休みは自分の趣味に時間を費やしたり、
旅行をしたり、帰省したりと様々なことに使えます☆

大学生になったら、充実した春休みを過ごしてください(≧ω≦)

 ★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     一足早く、ミニ・オープンキャンパス♪
        2月21日(土)10:00~15:00
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆

ここにきて、急に、予定変更が必要になってしまった受験生の方、
1・2年生でこれから進路を考えなきゃ、と思っている方、
資料請求はしたけど、受験校をどう選んだらいいか悩んでいる方。

     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

     2月21日(土)10:00~15:00
       ミニ ・ オープンキャンパス

個別相談コーナーでは、学科毎に教員が丁寧に対応します。

初めて大学にいらした受験生には「15分でわかる聖学院大学」。
[10:20-10:35 / 11:45-12:00]
聖学院の学部・学科、入試を、要領よくご説明します。

1・2年生の方向けには「今どきの進路選び」[10:40-11:20]。
学問発見資料室も用意しています。

----------------------------------------------
☆一般入試[C日程] 試験日:3/4(水)出願受付中!
↓出願状況は、HP、モバイルで毎日夕方更新しています↓
http://www.seigakuin.jp/admission/03successful/jokyo.htm
電話でも聞けます。048-781-0435

----------------------------------------------
◆一般入試直前対策に!
センターレベル英単語メルマガ配信中!
配信登録は、下記のアドレスへ空メール送信で。↓↓
emg@m.seigakuin.jp

----------------------------------------------
★サイトのお知らせ★みんな見てね^^/~
----------------------------------------------
オバマブームに乗って学生、院生、教職員が集まってわいわい作る
非公式ブログ
■これから欧米がおもしろい-聖学院大学キャンパスから
とうとう、アメブロランキング2439位!(カテゴリ33位)
http://ameblo.jp/oubei11

■携帯小説「虹色プリズム」
メールでは2/16に最終話が配信、
こちらから過去のストーリーを見られます。
http://www.seigakuin.net/blog_detail/blog_id=2&id=6

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏    編集後記
┏┌┬┬┐ 
┏││││  入試が迫っている人たちは風邪に気をつけてください☆  
┏├┴┴┤ もちろん、1・2年生の皆さんも!
┏ \ /   帰ったら、うがい手洗いを忘れずに(●´▽`●)
┏  ▼   次の配信日は3月1日です。
┏ 
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

○●○●○●○○●○●○●○○●○●○●○●○●

「面倒見のよい大学。入って伸びる大学。」
8年連続「面倒見のよい大学」としてランクイン!!

聖学院大学 アドミッションセンター
362-8585 埼玉県上尾市戸崎1-1
TEL 048-725-6191
Mail pr@seig.ac.jp
http://www.seigakuin.jp/

○●○●○●○○●○●○●○○●○●○●○●○●

次へ>>

ブログ最新記事

SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 8/2(土)オープンキャンパス開催  2014/07/31(木) 13:52
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 7/19(土)、7/21(月・祝)オープンキャンパス開催  2014/07/14(月) 18:03
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 7/1号  2014/07/01(火) 19:32
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 6/15号  2014/06/16(月) 12:00
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 5/31(土)オープンキャンパス報告  2014/06/03(火) 13:28
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 6/1号  2014/05/31(土) 09:36
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 5/15号  2014/05/15(木) 12:30
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 5/31(土)オープンキャンパス開催  2014/05/14(水) 16:17
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 4/15号  2014/04/15(火) 16:30
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 4/26(土)ミニオープンキャンパス開催  2014/04/10(木) 11:11
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 4/1号  2014/04/01(火) 12:30
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 3/13号  2014/03/13(木) 12:00
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 2/15号  2014/02/14(金) 16:10
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 2/4号  2014/02/04(火) 16:30
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 1/15号  2014/01/15(水) 12:00
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 1/4号  2014/01/04(土) 12:00
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 1/11(土)入試説明・相談会を開催  2013/12/19(木) 16:21
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2013 12/17号  2013/12/19(木) 16:09
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 『入学前準備教育』についてゼミで発表をした学生の感想レポート  2013/12/17(火) 13:20
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2013 12/2号  2013/12/02(月) 17:12

アーカイブ

資料請求(無料)
聖学院大学の入試情報
携帯メールマガジン登録
進学・修学支援制度
聖学院大学YouTubeチャンネル
聖学院大学から海外の大学へ
先生インタビュー
大学案内をネット上でご覧になれます。
よくある質問の検索とお問合せのページ
聖学院大学サイト