大きくする 標準 小さくする

ブログ一覧

ブログ 2009/9

次へ>>

志望理由書 by白妙[【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載]

投稿日時:2009/09/30(水) 20:17

こんにちは、(若しくはおはようございます、こんばんは)日本文化学科一年、白妙でございます(^ω^)ゞ

記念すべき、第一回目の記事はオープンキャンパスについて取り上げました。

 

今回もそれに関連したものを、皆様にお届けしようかと悩んだのですが、そろそろ小論文とか志望理由書について、悩む人が増えてくるのではないかしらって思いましたので、今回は志望理由書について。

 

指定校推薦の人は、そろそろ書き始める頃かと思います、志望理由書。

聖学院大学も含め、大体の大学が800字前後、書くことを要求されます。(と、高校の国語担当の先生が仰っていました)

 

えええ800字!そんなに書けるわけないでしょ!文章が思いつかないもん!って人から、えええたったの800字!少ないよ、削れないよ!って人まで色々いるんだろうなって思います。

 

そんな悩める諸君、いや皆様にプレゼンツ!出来るだけ具体的に、志望理由書の書き方。

高校・講師の先生や友人や親にアドバイスされた内容、自分で調べた内容をまとめてみました。それでは、どうぞ(・ω・)/゚+.☆

 

まず、志望理由書は2部構成から4部構成で書きましょう理由は、書きやすくて読みやすいから。

構成とかお堅くて、分かんないって人は流れ(ストーリー)で考えると理解しやすいです。私は最初、流れ(ストーリー)で理解しました。これは身近で飲み込みやすい。言葉は表現で印象変わります。

 

第一部:意思表示、学部学科 志望理由


将来の職業、学びたい内容について。

例:「○○になりたいので、或いは、○○について勉強したいので、聖学院大学に進学したい」

将来の希望と志望 学部学科が真っ直ぐ、結びついていることが望ましい。

難しい場合は、その学部学科で学ぶことが、自分の将来の職業にとって+になる理由。

簡潔だと良い。妙に過去を振り返る必要は無い。酔いしれちゃうかもだから。

 

第二部:エピソード、きっかけ、動機


上で書いた「○○になりたい、或いは○○が学びたい」と思った、エピソード、きっかけ、動機。

体験したこと、出会った人、完結的に述べると、原因について。

 

事前にメモを作成しておくと、物凄い書きやすい。メモ崇めたくなります(ぇ)

 

第三部:将来の展望、職業観、学問観


将来自分は、どんな業界でどんな職業に就き、どんな風に社会に関わり、貢献するか。

その為に、こんな勉強がしたい、こんな自分になりたい、ので大学では○○が学びたい、或いはしたい。

 

具体的に書く。自分の進路について、調べて資料をまとめておくと書きやすい。

聖学院大学なら、ボランティアとか。・・・こんなこと書いて大丈夫かなあ。しかも色づけしちゃった(´ω`;)

 

はっきりしない人は、志望大学について、聖学院大学について、もう一度よーっく!調べると良いかも。

こんな学生が欲しい!ときちんと書いてあります。

 

第四部:聖学院大学でなければならない理由、まとめ


〆が緩いと読み終わった後に、読み手ががっかりしちゃいますので、しっかりとね!

ここで志望大学について、聖学院大学について、調べた資料の内容が炸裂すると思います。

ですが、大学を褒めるのではないことを忘れずに、頭に留め置いてください。

 

「以上の理由で私は聖学院大学を志望します」とかで終わると良いのかなあ。

少なくとも、私はこれで書いたのですが。

 

文章というものは、自己アピール、自己発信だから、多少違う方が良いと思います。

ですが型通りに書いても問題ありません。

だって、それはあなただけの体験で経験で価値観だから。個性が潰れるとか、悩んだりせずとも大丈夫!

大学の先生に実際に言われたのですが、高校生なんぞに高等な文章は求めていないんだそうです。

 

目立つように、こだわりたかったら、万年筆で書いてみると良いですよ。

インクが指定されてないのなら、青とか茶色なら、許容範囲かと思います。

私は万年筆でインクの色は青で提出しました。万年筆は小説家気分でドキドキします(*´艸`*)

 

型通りに書いたら、文章が長くなりすぎたって人。

ビジネス用の文章の書き方を取り入れると、自分の文章の無駄がどこにあるか分かりますよ。

 

そうそう、小論文や志望理由書の為に、新聞を読み始めたりした方へ。

教授は大体、スケジュールの都合で9月あたりの記事内容を、問題に取り上げることが多いのだとか。

だから、近所の図書館に行って、9月の記事をチェックしておくと良いかもしれません。

 

最後に。あなたのその、血と汗と涙の結晶の志望理由書。

文章には必ず読み手がいるのだ、ということを忘れないでください。この言葉、私は先生に言われて、ドキッとしました。

 

それでは、また。次回は小論文か、面接について書こうかなと計画中。


参考資料:http://www5e.biglobe.ne.jp/~G-plan/senior/sibouriyu/jp_sibou_00.htm

http://www.kasaoka.okayama-c.ed.jp/kyoumu/sougougakusyu/18-siboriyu.pdf

 

訂正:上記のを参考としたのですが、似通った内容になってしまいました。言い訳がましいですが、志望理由書や小論文の書き方なんぞというものは、どうしても似たり寄ったりになってしまうものなのです。

口頭でしたので、証拠に当たるものを提示するのは難しいのですが、高校の先生と講師の先生の仰ったことを重点に書いているということに、間違いはございません。

 

 

☆アドミッションセンタースタッフより☆

聖学院大学のオープンキャンパスでは様々な入試の対策講座を開いています!

志望理由書の書き方はもちろん、個別での書き方指導や、小論文の対策講座もあります。

詳しくはこちら↓↓↓をクリック♪

10/17オープンキャンパスプログラム

9/19オープンキャンパス報告☆[SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG]

投稿日時:2009/09/30(水) 13:41

オープンキャンパスに来てくださった皆さん、

ありがとうございます!!

今回のオープンキャンパスでは、秋に入りいよいよ入試が本格的に始まったためか、推薦入試・AO入試対策講座や、面談・面接対策講座にたくさんの人が集まりました

皆さんの本気度が感じられて、こちらも身が引き締まりました

受付で聖学院グッズを受け取る参加者の方々

 

 

面談・面接対策講座の様子

 

まだまだ入試は序盤です

聖学院大学の入試対策講座を受けたことのないヒトは要チェック

これから始まる入試にそなえよう☆

 

それではオープンキャンパスアンケートの感想を紹介していきます↓↓↓

 

     スタッフの人の対応がとてもよかった(のりピーさん、暁さん他)

→毎回そう言ってもらえるように、対応していきたいと思います。

これからもがんばります。ありがとうございます。

 

     1号館のいけすが汚かった。魚がいるのですが汚くてかわいそう。もう少し、小さいところにも目を向けてほしいです。トイレの呼び出し音にラベルをつけてわかるようにして、間違えてしまう。

→そうですね、そういった小さいところにももっと目を向けるべきですね。トイレの呼び出し音にラベルをとのことでしたが、確かに間違えやすいかもしれません。改善できるようにしたいです。ご指摘ありがとうございました。

 

     とても親切でわかりやすく、楽しかったです。次回はぜひキャンパスツアーに参加したいです。(つばささん他)

→そういってもらえると、うれしいです。今度はぜひキャンパスツアーに参加してみてください。楽しめると思いますよ。

 

     院生と通りすがるときに必ず挨拶してくれるのもよかったです。今回来てみてよかったと思います。(6さん)

→挨拶って大切ですよね。これからも、そうしていきたいと思います。またきてください。

 

     やっぱりパンフレットだけじゃなくて、自分の目で、学校見てみたほうがいいなと思いました。(ひと☆さん)

→そうですよね、パンフレットだけでは、わからないことがたくさん大学にはあるので、たくさんのことを知って持ち帰ってください。

 

     私は、友人の付き添いで今回はじめて聖学院にきましたが、学生スタッフの方々などみなさん笑顔でとても良い印象をうけました。YWさん)

→ありがとうございます。これからもそういってもらえるように、努力していきたいと思います。

 

     験講義がとても楽しくて、早く勉強したいと思いました。(ゆっきーさん)

→体験講義で、早く勉強したいと思ってもらえてとても嬉しいです。大学に入ってから楽しんで授業を受けてください。

 

     個別相談での学科の説明がとても参考になりました。(ヨッシー)

→個別相談だと自分の聞きたいことがしっかり聞けるので、また機会がありましたら、是非、質問等してみてください。

 

     改めて学生さんの雰囲気のよさを実感しました

→改めてということは、何度かきていただいたのかな?ありがとうございます。また是非きてください。

 

     聖学院がどういった大学なのかがわかった

→実際に来て見ると色々な発見があると思います。参考にしていただけて、良かったです。

 

     先生などや学校の人たちがとても優しかったこと

→優しい先生が多いと思います。学校の生徒も明るい人が多いので、気軽に話しかけてみてください。

 

     AO、指定校の相談の対応が良かったです。(しょうちゃんさん)

AO、指定校で、わからないことがあったら何度でも、相談してきてください。

 

     先輩にいろんなことを教えてもらいました。(ゆっきーさん)

→是非、また来て先輩や先生に話を聞いてください。

 

 

 

次回オープンキャンパスは↓↓↓

10月17日(土)

10:00~15:00

 

次回もお楽しみに 

 

 

8/22オープンキャンパス人間福祉体験講義(報告)[SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG]

投稿日時:2009/09/19(土) 13:46

8月22日のオープンキャパス、人間福祉学科の体験講義では古谷野先生が、

「助け合いから人間福祉へ」という話をしてくださいました。

 

はじめに、古谷野先生の紹介をします。

古谷野 亘(こやの わたる)】
古谷野先生は、主に「高齢者福祉論」「社会調査法」「社会老年学」などの講義を受け持っておられます。

 

では、さっそく講義の内容をご紹介します。

ミレーの「落ち葉拾い」の絵に見られる「助け合い」
古谷野先生は、まず19世紀のフランスの画家「ミレー」の作品をいくつか紹介され、その中の1つ「落ち穂拾い」の作品から「福祉」の話に入られました。


この作品は、麦の収穫の時期に麦の収穫とは別に3人の裕福でない女性が「落ちた麦の穂」を拾っているのが描かれています。そして、これが実は「助け合いの仕組み」になっている、と先生は言われます。というのは、旧約聖書の中に書かれてある「全てを刈り取ってはいけない。貧しい者のためにとっておきなさい。」という掟、規則が守られているからなのです。そして、この助け合いの一つの規則は、旧約聖書の書かれた3000~4000年前に既にできていたわけなのです。

19世紀のフランスは、「フランス改革」の余波があった時代。社会福祉のない時代に、人々は、村の中にある助け合いの規則、風習に助けられていました。つまり、これが古い形の社会福祉であったのです。

 

「児童養護施設」の昔と今
日本でも終戦後、一番弱い立場の子ども達が取り残されました。でも、自然発生的に集まり、生きるための行動、大人から物(食べ物)をひったくることを始めました。そこで、大人たちが子どもたちに住むところを与え、食事を提供し、お風呂に入って清潔に、勉強を教える。しっかり教育をしようとする施設、今でいう児童養護施設ができました。

 

今でもその時代にできた施設はあり、入っている子どもたちもたくさんいますが、状況が全然違っています。今は、親はいるけど、子どもを大事に育てる親ではない。また、親元にいることができなくて施設に入っている子が多いのです。昔と違って食べ物がたくさんあり、着る物はあります。

 

そして、今の施設の子ども達は、しばしば生きる力が萎えてしまっているのです。「生きる力を取り戻してあげる」。これは、実は、昔の戦災孤児を育てるより、はるかに難しいこと。「食べ物がない、着る物がない」ことに対しては、分けることで助け合うことができました。

 

でも、今、施設に入ってくるのは、心の中、精神の中が萎えてしまい、自分の力で生きることができなくなった子どもたちが多くなってきている。それらをどう癒していくかが難しく、困難で、それなりの勉強が必要になってくるのです。

 

 

視覚障害を持った人を見かけたとき、あなたならどうしますか?
駅の構内で、視覚障害者を見かけました。さあ、あならならどうしますか?
古谷野先生は、その人の様子を見て何もしなかったそうです。というのは、その人は通勤の途中であるらしいこと、そして杖は持っているがほとんど使っていなかったので、その場所に慣れ、行動が習慣化しているということがわかったからです。

 

また、ホームで電車に乗ろうとしている視覚障害者がいました。ところが、電車が停車位置を1メートル過ぎた。前にはドアがない。さあ、あなたならどうしますか?

 

先生は、この時には声かけをしたそうです。困っている様子だったからです。ドアの位置を言葉で教え、肘を差し出しました。手を引くことはしませんでした。そして、先生が電車を降りる時に、車掌に「目の不自由な方が乗っておられます。」と教えて行かれたそうです。

 

なぜ、そのように対応できたのだと思いますか?

知識があるかないかの違いです。昔と違って人助けが難しくなってきた。その人が、どういう風に行動しようとしているのか知っていないと手助けすることができない。心が傷ついた人を支えるのにも知識がないとできない、理解してあげられないのです。

 

昔と現在とでは、手助けの方法が異なる。
その人が、何を必要としているのか、その人にどうしてほしいのかと聞く態度も必要です。

施設や病院の中では、知識と技術を必要とした専門職が必要ですが、社会全体にも福祉を勉強した人、福祉の心を持った人が必要です。社会に出て活躍してくれたら、過しやすい社会になっていくのです。

SPO合宿レポートbyのん[【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載]

投稿日時:2009/09/19(土) 11:18

こんにちは、欧米文化学科2年ののんです

 

今日はオープンキャンパスの日ですねっ。
私は今回のオープンキャンパスにはスタッフとしての参加ができなかったので、またの機会にオープンキャンパスについてはかけたらいいなぁと思います。
なので、今回は私の所属しているSPOで行った合宿について書きます
大学に入ったら、勉強はもちろんですが、他にも楽しいことがあるんだよってことを知ってください

 

SPOとは聖学院大学フィルハーモニーオーケストラの略称です。
高校や中学校で言う、吹奏楽部や管弦楽部の混ざったものです。
普段の練習は基本的に週3回で行っています。
今は10月の終わりにある創立記念音楽祭と11月にあるヴェリタス祭で演奏する曲の練習をしています。

今月の14日~18日に志賀高原で合宿を行いました。

 

練習は基本的には各セクション(金管楽器、木管楽器、弦楽器、打楽器)にわかれて、5人の先生に練習を見てもらい、後半は主に合奏をしたりというかたちでした。

団員にとってどういう合宿になったのか、それぞれいろいろ感じたことはあったと思いますが、私にとっては自分の欠点や癖をみつめて、克服に励んだ5日間でした。

 

合宿ではずーっと部屋にこもって練習をしていただけではなく、休み時間に先生や団員と一緒に、リフトにのって山へ登り、お散歩したりもしました。

空気もとってもよく、志賀高原の景色を満喫しました

夜は空にたくさんの星が見えました。
流れ星もみましたっ
お願い事はできませんでしたが…

 

 集中して練習をすることができたので、私にとってはとても充実した日を送ることができました
練習の成果がでるように、今後も頑張って練習して、本番に向けて頑張りたいと思います
みなさんも、もしよかったら、是非演奏会に来てください

 

以上、SPOの合宿レポートでした

いよいよ明日(9/19)オープンキャンパス!![SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG]

投稿日時:2009/09/18(金) 17:04

いよいよ明日9月19日(土)はオープンキャンパスです☆

明日は聖学院大学のオープンキャンパスです♪みなさん、準備はできてますか?

さて、今回のオープンキャンパスで行われる阿久戸光晴学長による学長挨拶は・・・・

なんと、絵本を使います!

「本当の学びのスタート」と題して、いとうひろし作『だいじょうぶ だいじょうぶ』という絵本を使って講演を行います。

このプログラムは10:00~10:40にチャペルにて行われます。

オープンキャンパス当日をお楽しみに

 

9月19日に行われるオープンキャンパスのプログラムは・・・

コチラ↓↓↓

当日は最寄り駅の宮原駅・日進駅から無料バスが出ます!

バス時刻表は→コチラから

次へ>>

ブログ最新記事

SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 8/2(土)オープンキャンパス開催  2014/07/31(木) 13:52
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 7/19(土)、7/21(月・祝)オープンキャンパス開催  2014/07/14(月) 18:03
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 7/1号  2014/07/01(火) 19:32
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 6/15号  2014/06/16(月) 12:00
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 5/31(土)オープンキャンパス報告  2014/06/03(火) 13:28
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 6/1号  2014/05/31(土) 09:36
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 5/15号  2014/05/15(木) 12:30
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 5/31(土)オープンキャンパス開催  2014/05/14(水) 16:17
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 4/15号  2014/04/15(火) 16:30
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 4/26(土)ミニオープンキャンパス開催  2014/04/10(木) 11:11
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 4/1号  2014/04/01(火) 12:30
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 3/13号  2014/03/13(木) 12:00
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 2/15号  2014/02/14(金) 16:10
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 2/4号  2014/02/04(火) 16:30
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 1/15号  2014/01/15(水) 12:00
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 1/4号  2014/01/04(土) 12:00
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 1/11(土)入試説明・相談会を開催  2013/12/19(木) 16:21
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2013 12/17号  2013/12/19(木) 16:09
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 『入学前準備教育』についてゼミで発表をした学生の感想レポート  2013/12/17(火) 13:20
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2013 12/2号  2013/12/02(月) 17:12

アーカイブ

資料請求(無料)
聖学院大学の入試情報
携帯メールマガジン登録
進学・修学支援制度
聖学院大学YouTubeチャンネル
聖学院大学から海外の大学へ
先生インタビュー
大学案内をネット上でご覧になれます。
よくある質問の検索とお問合せのページ
聖学院大学サイト