大きくする 標準 小さくする

ブログ一覧

ブログ 2010/2

次へ>>

春合宿byのん[【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載]

投稿日時:2010/02/27(土) 21:29

こんにちは
欧米文化学科ののんです(>∀<●)
今日は2月15日~19日にあったSPO(聖学院大学フィルハーモニー管弦楽団)の春合宿のお話をかきまーす!!



今回は新潟での合宿でした。
見渡す限り雪!!雪!!雪!!
とにかく雪まつり・・・笑
寒いっ、やばいっ・・・と思っていたのですが、練習場はそんなことありませんでした(*ノ∀`)

練習は夏と同様、各クション(木管・金管・弦・打)に分かれて練習をしたり、みんなで合奏をしたり。
各セクションの先生方のレッスンが主でした。

今練習している曲は、3月13日にある第5回定期演奏会でやる曲です
私は今回、トランペットとオーボエを吹くので、金管の練習と木管の練習とをいったりきたりで練習していました。

毎日ずーっと練習で気が狂っちゃう・・・と思いきや、合宿所の近くで行われていた鎌倉祭りにいったりもしました
全力で雪合戦をしたりも・・・笑







こんな感じで、寒さに負けず、SPOも頑張って練習をしています!!

ここでちょこっと宣伝を。

3月13日土曜日
聖学院大学フィルハーモニー管弦楽団
第5回定期演奏会
開場 13:30 開演 14:00

音楽祭のプレリュード/Alfred Reed
天国と地獄/J.Offenbac
十字軍の兵士シグール/Edverd Greig

よかったらぜひ足をお運びくださいd(´∀`*)

冬のリトリートbyのん[【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載]

投稿日時:2010/02/27(土) 21:10

ご無沙汰しています、欧米文化学科2年ののんです
最近寒かったり暖かかったり、変な気温が続いていますが、みなさん風邪引いたりしていませんか??



今日は2月8日~10日にあった冬のリトリートについてお話したいなぁと思います(*´艸`)
冬のリトリートとは学校行事の一つで、一つのテーマについてみんなで3日間語り合おう♪というイベントです。
1年生~4年生だけではなく、先生方も参加してくださいます。
普段一緒に過ごさない人たちとも仲良くなったり、いろんなお話ができます

今年のテーマは「それぞれの終着点~memento mori~」でした。
一見とても重たいテーマに聞こえますが、いろいろな意見が出ました。
最後に総括公演といって、学長先生のお話もいただきました。

私はリトリートの実行委員として参加しました
夏にもリトリートは開催されるのですが、今年は夏と冬と、両方実行委員でした(*´艸`)

リトリートでは話し合いだけではなく、みんなでゲームをやったり、ゴスペルを歌ったり、ティーパーティーわをしたり
意外と楽しいイベントなんです
実行委員側としても、みなさんが楽しんでいただけるように、日々楽しみながら企画やら準備やらをしましたっd(´∀`*)
おかげで他の学年の人たちとも仲良くなれて、私もとーってもハッピーになりました



また、今回のリトリートでは、ちょっと不思議な作成をしましたっ!!
参加者の写真を撮って、一つの絵にしよう
みんなの思い出になるように、またそれぞれの終着点に向けてみんなが頑張れるようにという思いを込めて、準備しました
そしたらこんな感じにできあがりましたっ(*ノ∀`)



ちょっと見づらくてごめんなさいっ・・・



冬休みに入っても大学ではいろんなイベントがあったりします(艸*″∀`w)
いろんな人に恵まれて、楽しくすごせる大学でよいなぁとつくづく感じる今日このごろです。

二月のあれこれ by弥生[【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載]

投稿日時:2010/02/23(火) 15:22


皆さんこんばんは、日本文化学科一年の弥生です。
今年は二月に入ってから、ずいぶんと頻繁に雪が降りましたね、埼玉でこんなに頻繁に雪が見られるなんて、すごく驚いています。

そんな私は現在、春休みを謳歌している真っ最中です。
毎日毎日ぐうたら…あ、これは関係ありませんね!

一般入試の皆さんは、現在はもっぱら受験シーズンですね。
気温の上下で体調崩していませんか?くれぐれも気をつけてくださいね。

この前、駅で入試に赴く学生たちの姿を見かけたのですが、その時に通学時間に関する話がちらりと聞こえてきました。

彼らの会話の中で、大学は授業が始まる時間が遅いから、一限は今よりずっと楽になる、なんていっていたのですが、その姿に過去の自分を見ました。

私も、大学にそんな甘い幻想を抱いていました…。

というのも、大学によっては、一限開始時間が、高校に通っていた頃よりずっと早かったりします。特に一年は、必修授業が一限に入っているので、逃れられない険しい道となっています。

実際、私はそのパターンでした。
聖学院は私が通っていた高校よりも授開始時間が早かったため、最初の頃は毎朝死闘でしたね…笑


一限に間に合うために乗る電車は、今まで経験したことのない満員電車。
慣れない頃は人酔いして、大学についてもしばらくげっそり状態で席に座っていたりしていました。

そうならないように、皆さんは自分の歩幅で、余裕をもって大学に着くまでの時間をしっかりと見極めましょうね。

時間配分をミスして、入学早々全力ダッシュはなかなか、つらいものがありますから…。


もちろんバスの利用もお勧めです。
大学のHPにあるバスの時刻表を画面メモしておくと、何かあった時すぐに利用できて便利ですよ。

ただ、一回の乗車に100円分のバス券を必要とするので、私はもっぱら歩いて大学に向かっています。

節約節約♪


では、皆さん楽しい春休みをお過ごしください。

タイ支援同好会Rung(ルング) byメタボーマン[【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載]

投稿日時:2010/02/23(火) 00:47

こんにちは

メタボーマンです

 

今日はこれまでベールを被っていた「タイ支援同好会Rung(ルング、タイ語で虹の意味)の話をします。

 

実はこの同好会メタボーが、会長を務めています!

会員は全15いますが、ほとんどが一年生で構成されている同好会です。

同好会自体は、同好会が立ち上がって今年の春で11です。その前も、人文学部欧米文化学科のサークルとしてありましたので、今年でもう十数年の老舗の同好会です。

 

ところでこの同好会何やってんの?と思うと皆さん感じるのではないかなと思います。

活動内容は、これまでは海外(タイ)に行って、学校(小学校)を建てたり、村に水道を引いたりと、色々なボランティア活動を行ってきました!

 

国内では、タイの山岳民族のモン族・リス族の民芸品を買い、6月の福祉ボランティア祭りや、11月のヴェリタス祭などで売り、そのお金を上記の建設などを行っている団体に寄付したりしました。 

 

去年は、学友会の総務委員会とともに乳がん撲滅キャンペーンの「ピンクリボン」に参加したりもしました!

 

今年はこれから、ラオス大使館の昼食会に呼ばれたり、5月の代々木NHK前広場の「ラオスフェスティバル2010の参加など、かなり色濃い活動となりました!

 

内容は、上記で解ったと思いますが、海外へのボランティア活動です!

しかし、同好会の会員は、趣旨にあう海外のボランティア活動に興味を持つ人から、海外に行きたい!という人もいれば、ただ何となく入ったという人まで、いろんな人がいます。しかも一年生ばかりの同好会なので、自分たちで作ってゆく同好会です。

 

興味がある方は、4月のクラブ勧誘デーに来て下さい!ほかにも、もっと自分の興味のある同好会・部活があります!そこで、「タイ支援同好会Rungに来て頂けたら嬉しいです!

 

さて一つお知らせですが、これから、タイを中心とした活動からもっと大きくして「東南アジア」を中心とした活動にします。そこで名前も「タイ支援同好会Rungから「東南アジアボランティア同好会Rungとします!また、先週の木曜日に同好会から、部活にするための「部活昇格案」も提出しました!

 

もしかしたら、クラブ勧誘デーの時に「タイ支援同好会Rungではなく、「東南アジアボランティア同好会()Rungに変更されているかもしれません!前の看板は残しておきますが、同じ同好会なので勘違いしないようにヨロシクです!

 

 

日進駅の木 byメタボーマン[【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載]

投稿日時:2010/02/21(日) 01:46

こんにちは

メタボーマンです!

 

今日は日進駅のとある木について話そうと思います!

 

去年の八月まで今バスの出ている西大宮駅のお隣の日進駅からバスが出ていました。

今でも日進駅から大学まで歩くと近いので、利用している学生が多いです。

 

日進駅川越行きホームを大宮側に歩いて行くと今日の題名の木はあります。

この木は現在生きているのかどうか解りませんが、半分に切られております。しかし、この木が切られずに青々と葉をつけていた時は相当の力があったのでしょう。柵が破壊されそうです。

 

私は自信をなくしたときなど、よくこの木を見るため日進駅に行きます。

木を見て「この木も柵にのめり込んでも必死に生きようとしたのだから、俺も頑張らないとな」と思うのです。

 

皆さんこの木のようにくじけそうな時やつらい時も頑張ってのり越えて下さい。そのつらさや、大変さは今後絶対に役にたちます!

次へ>>

ブログ最新記事

SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 8/2(土)オープンキャンパス開催  2014/07/31(木) 13:52
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 7/19(土)、7/21(月・祝)オープンキャンパス開催  2014/07/14(月) 18:03
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 7/1号  2014/07/01(火) 19:32
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 6/15号  2014/06/16(月) 12:00
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 5/31(土)オープンキャンパス報告  2014/06/03(火) 13:28
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 6/1号  2014/05/31(土) 09:36
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 5/15号  2014/05/15(木) 12:30
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 5/31(土)オープンキャンパス開催  2014/05/14(水) 16:17
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 4/15号  2014/04/15(火) 16:30
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 4/26(土)ミニオープンキャンパス開催  2014/04/10(木) 11:11
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 4/1号  2014/04/01(火) 12:30
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 3/13号  2014/03/13(木) 12:00
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 2/15号  2014/02/14(金) 16:10
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 2/4号  2014/02/04(火) 16:30
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 1/15号  2014/01/15(水) 12:00
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 1/4号  2014/01/04(土) 12:00
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 1/11(土)入試説明・相談会を開催  2013/12/19(木) 16:21
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2013 12/17号  2013/12/19(木) 16:09
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 『入学前準備教育』についてゼミで発表をした学生の感想レポート  2013/12/17(火) 13:20
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2013 12/2号  2013/12/02(月) 17:12

アーカイブ

資料請求(無料)
聖学院大学の入試情報
携帯メールマガジン登録
進学・修学支援制度
聖学院大学YouTubeチャンネル
聖学院大学から海外の大学へ
先生インタビュー
大学案内をネット上でご覧になれます。
よくある質問の検索とお問合せのページ
聖学院大学サイト