大きくする 標準 小さくする

ブログ一覧

ブログ 2011/7

次へ>>

東南アジアボランティア部Rung近況報告byマーキュリー[【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載]

投稿日時:2011/07/30(土) 00:55

こんにちは
マーキュリーです。
 
原田知世の「時をかける少女」聞きながらブログを書いています。
皆さんは「時をかける少女」の映画を見たことありますか?
私は、なぜかマレーシアで見ました。もちろん上映していたわけではありません。携帯用音楽プレイヤーに入れておいたものを、見ただけです。
いい映画ですね。
 
さて、今日は久しぶりに部活の事でも書こうかと思います。
私が所属している部活動は「東南アジアボランティア部Rung」です。Rungとは、タイ語虹の意味です。読み方は「ルング」もしくは「ルンッ」と読みます。
私もこの部活動に参加して三年となりました。三期も部長を務めていることになりますね。
 
一年時はまだ同好会でしたが、今期から部室や部費までもらえる団体にまで育ちました。
その当時、同好会から部活に昇格させた例が十年以上なく、かなり苦労しました。しかし当時の総務委員長や文化会連合幹事長の手助けと、仲間たちや様々な教職員さんたちの協力で部活に昇格出来ました。
 
これまで多くのボランティアや行事に参加しましたが、一番強烈に覚えているのは「ラオスフェスティバル2010」でしょう。昨年に参加したこの行事では、お店を出店し、フェスティバルも大成功で終わりました。(去年のブログに詳しく書かれています)

 
今年も新たな部員が入り、新生「東南アジアボランティア部Rung」として活動をしています。
今年最初の仕事は、「壁新聞」作成でした。
なかなか更新されない「壁新聞」でしたが、今回はデラックス版として四号館前「ボランティア掲示板」に張り出されています。前回まで一枚だけでしたが、今回は三枚の用紙に部員の個性が出た記事があふれており、読み応え十分の内容です。
次に「ラオス語絵本プロジェクト」に参加
これは日本語の絵本をラオス語に変換して(ラオスのこどもという団体が変換してくださいます)ラオス語絵本をつくるというものです。
現在進行形のこのプロジェクトは、あともう少しで完成します。私たちで作業した絵本(五冊です)は、ラオスのこどもを通してラオスへと送られます。

 
今年はこの夏に、来年から続いている「バーベキュー」や様々なボランティア活動に力を入れていきます。
皆さんも入学したら、ぜひ遊びに来て下さいね!

8/13高校生のためのサマースクール:建築クラス「建築の魅力」[SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG]

投稿日時:2011/07/29(金) 17:33


 サマースクールは、大学での学びは何か、高校とはどう違うのか、じっくり1日、大学の講義を体験する目的があります。これは受験生や3年生だけでなく、1・2年生の皆さんにも、大学の学びについて考えてもらいたいという、試みです。


 講義コース「建築クラス」では、本学のチャペルを設計した、建築家・香山壽夫先生をお招きすることになりました。



 香山先生が実際に撮影した、世界各地の建築や、町並みの写真をスライドで見ながら、建築に潜む魅力を探ります。

 建築・芸術に興味がある人はもちろん、世界の文化、デザイン、旅行に興味がある人にぴったりの講座です。





また、授業の終わりには、実際にチャペルに行って、その見どころをレクチャーしていただきます。



日時: 8/13(土)  10:00~12:00 (途中入退場はできません)


場所:聖学院大学 (宮原駅・西大宮駅からの送迎バスあります)

費用:無料

対象:高校生(大学生、先生・保護者の見学もOK)

定員:50名


講師:香山壽夫(こうやま・ひさお)

プロフィール

建築家。東京大学名誉教授、聖学院大学大学院特任教授。香山壽夫建築研究所所長。日本建築学会賞、村野藤吾建築賞、アメリカ劇場技術協会賞、アメリカ建築家協会名誉会員。本学チャペルで日本芸術院賞を受賞。







<主な作品>「彩の国さいたま芸術劇場」「聖学院大学礼拝堂」「東京大学弥生講堂」「東京大学経済学部校舎」「聖アンデレ教会礼拝堂」「三春町立桜中学校」「野々市町役場新庁舎」「東京YWCA会館」「長久手町文化の家」「可児市文化創造センター」「日田市民文化会館」「同志社中・高等学校」「神奈川県立芸術劇場」


------------------------------
「卓越したデザインの建築家。優れた門下生を多数輩出する教職者。貴重な研究成果をまとめる第一級の研究者。多彩な顔を持ち、第一人者として類稀な才を発し続ける、香山壽夫氏。建築作品は見る者をほっと落ち着かせ、感動を宿す。ドローイングの美しさ、絶対的なスケール感に見る者は唸る。」(建築ジャーナル2009.4より)
------------------------------

<8/13建築クラス:主なプログラム>

10:10-11:00 講義「建築の魅力」

  (香山先生が撮影した60数枚のスライドを見ながら魅力を説明)


11:00-11:45 チャペル見学 

(日本芸術院賞を受賞した、本学チャペルを見学、見どころを説明)



申込みはコチラ


他のコース紹介(心理・考古学・ワールドカフェ・福祉・小論文)はコチラ



<参考>
KENCHIKU (株式会社 建報社運営) のサイトで紹介していただきました。(2011.8.5 追記)



8/13サマースクール:高校生向けワールドカフェのご案内[聖学院ワールド・カフェ]

投稿日時:2011/07/29(金) 17:30


 東日本大震災、それに伴う原発災害は、さまざまな問題を浮き彫りにし、私たちに突き付けています。エネルギー問題だけでなく、これまでと同じ社会でよいのか、同じ生き方でよいのか。本当に未来や将来を考えることができるのか。

本学学生が、高校生と一緒に、自由な雰囲気の中で考え、語り合います。

「考える力」と「対話の力」を身に付くプログラムです。

(写真は、昨年のサマースクール・ワールドカフェの様子)






申込みはコチラ



<テーマ>

「私たちの未来、世界のいま」

日時: 8/13(土)  10:00~16:00 (途中入退場はできません)


場所:聖学院大学 (宮原駅・西大宮駅からの送迎バスあります)

費用:無料

対象:高校生(大学生、先生・保護者の見学もOK)

定員:50名


<主なプログラム>

1.10:15-12:00 ワールド・カフェのためのワークショップ
「未来ってどんなイメージ?」
午後のトークに向けて、実際に映像やシートを利用して、テーマについて考えを深めてみます。
講師:西村高宏[東北文化学園大学准教授]

2.13:00-15:00    ワールド・カフェ
3回に分けて、大学生と高校生が、テーマに沿って話し合います。
・いい未来って何? 悪い未来って何?
・今、未来に向けて何をするか

(ティータイム20分含む)

3.15:10-15:40    振り返り・閉会の挨拶
実際に話し合った内容を参加者で振り返り、体験・実感したことを共有します。

<講師紹介>

西村高宏
東北文化学園大学医療福祉学部 保健福祉学科准教授

1969年山口県生まれ。大阪大学大学院文学研究科博士後期課程修了。
専門は臨床哲学。<対話>という営みをとおして、哲学的な知の社会的接続の可能性を問い直すことが現在の主な研究テーマ。仙台の哲学カフェでファシリエータとしても活躍。


申込みはコチラ


他のコース紹介(心理・考古学・ワールドカフェ・福祉・小論文)はコチラ

8/13高校生のためのサマースクール:講義コース「心理」クラス[SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG]

投稿日時:2011/07/29(金) 15:56

サマースクールは、大学での学びは何か、高校とはどう違うのか、じっくり1日、大学の講義を体験する目的があります。

これは受験生や3年生だけでなく、1・2年生の皆さんにも、大学の学びについて考えてもらいたいという試みで、
今年で6年目の開催になります。

オープンキャンパスとは一味違う、“学び”を知ってもらうために、工夫を凝らしています。



講義コースの「心理」のクラスのアートセラピー入門。臨床心理士の、藤掛明先生が担当します。

クレヨンや鉛筆で、無心に絵を描いたり、空想を画用紙に描きとめてみることから「心の世界」をのぞきます。

自分自身の心理分析も体験できるでしょう。

何気ない子どもの絵を読み解くきっかけになるかもしれません。
 

 

講義コース:心理クラス

日時:8月13日(土)10:00-16:00

場所:聖学院大学 (宮原駅・西大宮駅からの送迎バスあります)

費用:無料    

対象:高校生(学年を問いません)

定員:50名






 講師:藤掛明(聖学院大学大学院人間福祉学研究科准教授)

 右は著作『雨降りの心理学』




 

▼プロフィール

長年、法務省の心理技官として、全国各所の矯正施設に勤務。2003年4月より、聖学院大学総合研究所カウンセリング研究センター、2011年から聖学院大学大学院。臨床心理士。徳島文理大学大学院、東京神学大学非常勤講師を兼ねる。日本犯罪心理学会理事、日本描画テスト描画療法学会常任理事。著書に『描画テスト・描画療法入門』(金剛出版)、『ありのままの自分を生きる』(一麦出版社)、『雨降りの心理学』(燃焼社)など。

 

<心理クラス 当日のプログラム詳細>

アート・セラピーの技法(2種目)を実際に体験しながらその背後にある
「心の世界」を学びます。
クレヨンや鉛筆で、無心に絵を描いたり、空想を画用紙に描きとめてみることから「心の世界」をのぞきます。自分自身の心理分析も体験できるでしょう。何気ない子どもの絵を読み解くきっかけになるかも。

1.10:15-11:45 アート・セラピー入門1

(描画療法を体験し、心の世界を感じる原則を学ぶ。「交互色彩分割法」)


2.13:30-15:00 アート・セラピー入門2

 (実際に描画テストを体験し、心の世界を理解する原則を学ぶ。
「雨の中の私画テスト」) 


*本講座出席者には、藤掛先生が関わった、カウンセリング関連冊​子をプレゼントします!

 

サマースクール申込みはコチラ
http://www.seigakuin.net/inquiry_detail/id=2

 

サマースクール他のコースの紹介はコチラ
http://www.seigakuin.net/blog_detail/blog_id=1&id=465

 

今の大学…レポートラッシュの巻byマーキュリー[【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載]

投稿日時:2011/07/25(月) 23:05

こんにちは
マーキュリーです。
 
このブログを見ている方は、高校生が多いと思います。
もう夏休みに突入されたのでしょうか?
 
今聖学院大学に来られると、切羽詰まった大学生を見られると思います。
まるで混雑した東北道の帰宅ラッシュを思わせるような、帰宅ラッシュならぬレポートラッシュの学生が多いからです。
 

大学を歩いているとどこからともなく
今日また授業でレポート出されちゃったよ
えーマジかよ
2500文字以上だってさ
お前今季何枚目?
7枚目だよ~
まだいいじゃないか
お前は?
11


というような声がいたるところから聞こえてきます。
 
今期は、東日本大震災の影響で大学生も一カ月遅く大学が始まりました。
その影響は、テストではなくレポート地獄という結果を招いてしまいました。
提出期限も来週までのものが、3、4枚は普通で、あと二週間ほどしかない今学期は、夏休みの楽しみよりもレポートが終わるかという心配のほうが大きいという状態です。

 
図書館のパソコンは毎日満席で、早く行っても満席、放課後も満席という状態。
しかもこの節電で、八時頃には二階から上の階が封鎖されてしまうという事態に…
 

頑張れ大学生!
頑張れ自分!
次へ>>

ブログ最新記事

SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 8/2(土)オープンキャンパス開催  2014/07/31(木) 13:52
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 7/19(土)、7/21(月・祝)オープンキャンパス開催  2014/07/14(月) 18:03
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 7/1号  2014/07/01(火) 19:32
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 6/15号  2014/06/16(月) 12:00
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 5/31(土)オープンキャンパス報告  2014/06/03(火) 13:28
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 6/1号  2014/05/31(土) 09:36
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 5/15号  2014/05/15(木) 12:30
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 5/31(土)オープンキャンパス開催  2014/05/14(水) 16:17
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 4/15号  2014/04/15(火) 16:30
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 4/26(土)ミニオープンキャンパス開催  2014/04/10(木) 11:11
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 4/1号  2014/04/01(火) 12:30
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 3/13号  2014/03/13(木) 12:00
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 2/15号  2014/02/14(金) 16:10
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 2/4号  2014/02/04(火) 16:30
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 1/15号  2014/01/15(水) 12:00
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 1/4号  2014/01/04(土) 12:00
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 1/11(土)入試説明・相談会を開催  2013/12/19(木) 16:21
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2013 12/17号  2013/12/19(木) 16:09
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 『入学前準備教育』についてゼミで発表をした学生の感想レポート  2013/12/17(火) 13:20
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2013 12/2号  2013/12/02(月) 17:12

アーカイブ

資料請求(無料)
聖学院大学の入試情報
携帯メールマガジン登録
進学・修学支援制度
聖学院大学YouTubeチャンネル
聖学院大学から海外の大学へ
先生インタビュー
大学案内をネット上でご覧になれます。
よくある質問の検索とお問合せのページ
聖学院大学サイト