大きくする 標準 小さくする

ブログ一覧

ブログ 2013/10

次へ>>

10/12開催 欧米文化学科オープンキャンパス体験授業 「アニメの歴史」[SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG]

投稿日時:2013/10/31(木) 15:58

10月12日(土)、オープンキャンパスの体験授業の時間に、欧米文化学科の畠山宗明先生に「アニメの歴史―アニメはなぜ「アニメ」と呼ばれるのか」についてお話ししていただきました。


アニメと親しむ外国人の写真などを見ながら考えました

ここ10数年で日本はアニメをはじめとした日本の大衆文化産業の振興を積極的に推し進めています。
その理由は、海外に日本文化の愛好者が増えているからです。

例えば日本のアニメは、ジャパニメーションと呼ばれ、世界で親しまれています。日本でも人気のアニメ『ポケット・モンスター』は世界60か国以上で放送されており、アニメ『ドラえもん』もアジアを中心に世界30か国以上放送されています。また、今年公開された映画、『パシフィック・リム』ではモンスターを「カイジュウ」と呼んだりしていました。それは監督が日本のアニメに感化されて作られたからです。

では、アニメとはどういう意味があるのでしょうか?
それは日本独自の文化なのでしょうか?

英語でのAnimationは活力、生気、活気という意味があります。俗にいう日本のアニメとは意味が少し異なっている感もあります。
逆に日本のアニメは、英語の「Cartoon Film(漫画映画)」の方がイメージに近いと畠山先生は説明されました。
しかし、だとするなら、それはなぜわざわざ「アニメ」と呼ばれるのでしょうか?


AnimationとCartoon Filmの違いについて
お話ししていただきました


それを考えるためには、日本のアニメのもととなった、「アニメーション」と呼ばれる技法や映画について考えなければなりません。

例えば今年亡くなった映画監督でストップモーションアニメーターのレイ・ハリーハウゼンは、実写映画『シンドバット黄金の航海』(1974年)の中で、クライマックスに粘土を使ったアニメーションを駆使しました。これは、実写ですが「アニメーション」と呼ばれています。

またそれは、実写映画と同じくらい古い歴史を持っています。
世界最初のアニメーションである、フランスのアニメーション作家エミリー・コールの『ファンタスマゴリー』は1908年)に作られました。

実は、実写もアニメーションも同じメカニズムから生まれています。
静止画像を連続して映写することにより、そこには「動き」が生まれます。動画はこのような静止画の連続上映から作り出されます。

このような技術を目にした人達は、それが死(静止画)から生(動き)が生まれたかのように感じ、また、動きそのものに命が宿っているような印象を受けました。アニメーションとは動かない(死んだ)画像から、まるで生き物のような動きを生み出す技術、動きそのものに生命が宿っているかのように表現する技術を指しているのです。

アニメーションとは、漫画や描かれた線で作られた動画だけを指すのではなく、動きを生き生きと表現するさまざまな技術を指す言葉なのです。アニメーションとはダンスや舞踏のような、物語よりも「動き」が強調された表現だとも言えるかもしれません。

日本のアニメはしばしばオタク文化に結び付けられます。
カワイイ女の子や、SF的なストーリーがその大きな特徴だとされます。しかし、アニメのもととなった「アニメーション」にまでさかのぼったうえで、もう一度アニメの表現を見直したとき、日本のアニメにおいても、様々に工夫を凝らされた「動き」を発見することができます。日本のアニメも、間違いなくこれまで作られてきたさまざまなアニメーション映画の子孫なのです。

このように、「アニメ」を「アニメーション」と捉え、その広い歴史の中でとらえ直したとき、私たちがよく知るアニメとは別の表現の可能性が、浮かび上がってくるのである、と畠山先生は締めくくられました。


欧米文化学科 ホームページはこちら>>

聖学院大学メールマガジン 2013 11/1号[聖学院大学メールマガジン・バックナンバー]

投稿日時:2013/10/31(木) 12:19

◆◇◆◇◆◇◆
○11/1、11/2ヴェリタス祭
○推薦入試締め切りせまる!入試情報
◆◇◆◇◆◇◆
 

こんにちは、欧米文化学科2年のかっつんです。
10/12ハロウィン仕様のオープンキャンパスが開催されました。
かぼちゃのランタンを作ったりと10月ならではのオープンキャンパスになりました↓   
http://www.seigakuin.net/blog_detail/blog_id=1&id=644


◆―――――――――◆
ヴェリタス祭(学園祭)開催!
◆―――――――――◆

聖学院大学の学園祭「ヴェリタス祭」を開催しています!


-----------------------
☆ヴェリタス祭 開催日時☆
11月1日(金)10:30~16:30
11月2日(土)10:30~17:00
-----------------------


昨年、私は部活のブースでフランクフルトを売っていました。
その他にも留学生の模擬店や、オーケストラ、聖歌隊のコンサート、ダンス部、アカペラ部などのライブなども行われ、盛り上がりました!!


今年もどんな模擬店やライブが行われるのか、楽しみです!


◆注目イベントはこちら◆
・11/1 「声優トークショー」 (13:00~14:00)
出演者:三ツ矢雄二・日髙のり子

・11/2「お笑いライブ」(12:00~13:00)
出演者:トータルテンボス・とろサーモン・トレンディエンジェル

当日の詳細はコチラ↓
http://www.seigakuin.net/blog_detail/blog_id=1&id=645


─…─…─…─…─…─

●11/2同時開催「入試説明・相談会」
10:00~15:00 予約不要・入退場自由

入試や学科のことなど、みなさんの質問に各学科の先生が答えます!
来場者には、ヴェリタス祭模擬店で利用できる「模擬店券」をプレゼント。


◆――――――――◆             
締め切り迫る!入試情報  
◆――――――――◆

これからの入試情報をお届けいたします!


●推薦入試1期
出願期間 ~11/6郵送【必着】
窓口受付11/6 9:00~12:00
審査日 11/9

●AO入試【講義型】4期
エントリー期間 11/11~12/18
審査日 12/21

●その他の入試
AO入試レポート型、英語特別、スポーツ推薦入試、推薦入試2期など開催。
詳細はこちら
http://m.seigakuin.jp/index.php?objID=237&PHPSESSID=e450b6aeba7ee79526cbc093faeb0c18


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
聖学院大学アドミッションセンター
http://www.seigakuin.jp
362-8585
埼玉県上尾市戸崎1-1
TEL 0487256191

*メッセージ配信停止は下記アドレスに空メールをお送りください。
unsubscribe@m.seigakuin.jp

10/12開催 こども心理学科オープンキャンパス体験授業「自己理解、他者理解」[SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG]

投稿日時:2013/10/23(水) 19:05

10月12日(土)、オープンキャンパス体験授業の時間にこども心理学科の村上純子先生に「自己理解、他者理解」についてお話ししていただきました。


村上純子先生による体験授業の様子

体験授業は、前半は講義型、後半はグループワークという形で行われました。講義に参加した受講生は初めての相手に緊張しながらも、活気に溢れた体験授業となりました。

村上先生は、人間は自己理解(自分を理解すること)と、相反する他者理解(他人を理解すること)を繰り返している生き物であると説き、その二つの間には自己開示(自分を見せること)が必要だと話されました。
この自己開示をしないと、他者は自分を理解してくれないと言います。

授業の後半では、受講生同士でグループワークを行いました。自己理解と他者理解、そして自己開示の実践です。村上先生からワークシートが配られ、自分に当てはまる物事と、他の受講生に当てはまりそうな物事を推理し、どれだけ正解するかというものでした。


グループワークを行いました

その中で、同じ答えを(例:「生まれ変わったら男になりたいか女になりたいか」など)示しても、理由は異なるものだということを知り、受講生は驚いていました。

村上先生は、グループワークをする理由として、ワークを通して人としての幅が広がり、他者理解につながることなどを挙げました。

最後に、心理学は人の心を勉強することであるから、受講生にグループワークを通して体験してもらった、自己理解、他者理解、そして自己開示というものは切っても切り離せない、大事な物であると締めくくられました。


こども心理学科ホームページはこちらから>>

10/12開催 児童学科オープンキャンパス体験授業「社会の中にある教育力について考える」[SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG]

投稿日時:2013/10/23(水) 18:53

10月12日(土)、オープンキャンパスの体験授業の時間にて、児童学科の小池茂子先生に「社会の中にある教育力について考える」についてお話ししていただきました。


      講義をされる小池茂子先生

人類の進化・歴史をひも解きつつ、教育という営みは人類の出現と共にあるのだと、小池先生は話されました。
最初に、「狩猟採集生活による教育的営み」についての説明が行われました。
タンザニアのラエトリで発見された人類の祖先の最古の直立歩行足跡化石(360万年前)の写真を示され、それが両親と子どもの足跡と推測されるものであることの説明を通して人類最初の教育は家族間において営まれたことが紹介されました。

狩猟採集生活の時代、父と母と子が生活を共にしながら、食料のありかや獲得の仕方、或いは外敵からの身の守り方、暑さ寒さのしのぎ方など、今日の生命を明日につないでいくために必要な知識や技術を親が子どもに生活を通じて教えた、この継承こそが教育的営みの最初であったというのです。

次に、家族単位の狩猟採集生活を脱して、人間が他者と共に集落を作って生活した時代の「村落共同体にみる教育」について取り上げられました。
近代社会の以前の共同体では、人々は家族の枠を超えて村を作り土地を共有し合い、農業生産や日常生活を互いに助け合うことによって自給自足的な生活を営みました。このような村落共同体の中での教育とは、先行世代の村の大人たちの手で、次世代を担う未成熟者たち子ども・青年たちを社会の一人前の構成員にしようとする営みでありました。

そして、学校という組織化された教育の場がなかった社会の中で行われた具体的な教育の仕掛けについて説明されました。その一つは、On the Job Trainingです。これは子ども或いは青年たちが大人と共に仕事をする中で、生活を営む上で必要な知識や技術を教え込んでいくというものです。また、年中行事や祭礼を通じた教育がありました。


   多くの高校生が模擬授業に参加しました

授業では、主に東日本の農村で行われてきた「鳥追い」という行事を例に引き、伝統的な行事に子どもたちを参加させ、子どもたちがその行事を楽しみながらも、そこにある一定の役割を与えることで、子どもたちに自分が生活する社会にある文化を継承させ、且つ農村社会の構成員としての自覚を育てていくという仕掛けがそこにはあったということが紹介されました。

さらに、大人たちがその社会に伝わる神話・民話・物語を子どもに話して聞かせることも教育でした。子どもたちは大人たちが語って聞かせてくれる神話や物語を通じて、自分たちが生活する社会の成り立ち、伝統、そして規範(何をするべきなのか、何をしてはいけないのか)を学んでいったのでした。

小池茂子先生は、人間の教育という営みは今から何万年も前から行われ続けてきたのだということ、そして近代になってすべての子どもたちが通える学校教育の場が出現する以前から、社会の中にはその社会の中にいる未成熟者たちを社会の一員に育て上げていく仕組みが存在し、教育の営みが行われてきたのだと締めくくられました。


児童学科ホームページは下記

http://www.seigakuin.jp/contents/faculty/child/
 

2013/10/5開催「聖学院大学創立記念音楽会」に学生が参加しました[【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載]

投稿日時:2013/10/21(月) 11:16

10月5日(土) 聖学院大学のチャペルで聖学院大学創立記念音楽会が開催され、ウィーン三重奏団による演奏が行われました。

このコンサートに参加した聖学院大学の学生で、高校生へのメールマガジンを担当している学生スタッフ「かっつん」がコンサートの様子をレポートしてくれました。


===========================

こんにちは、欧米文化学科2年のかっつんです。
10月5日に行われた、創立記念音楽会についてのブログを書こうと思います!

今年もウィーン三重奏団の方々を招き、チャペルにて演奏をしていただきました。


  
 
楽器は、ヴァイオリン、チェロ、ピアノです。
      
 ヴァイオリンは、ダニエル・フロシャウアー氏。
      
 チェロは、ラファエル・フリーダー氏。
      
 ピアノは、マクシミリアン・フリーダー氏が演奏されました。




この3人は、生粋のウィーン生まれ、ウィーン育ちであり、ウィーンフィルの中でも極めて希少な存在です。
曲は全14曲。アンコール3曲でした!

ウィーンフィルは本当に世界でも有名な管弦楽団なのですが、さらにその中の生粋のオーストリア人演奏者が、オーストリアが輩出したモーツァルトを奏でることに、私は最高の感動を感じました…!


他にも、ベートーヴェン、ショパン、ハイドンなど、有名な曲をたくさん演奏してくださいました。知っている曲も多く、生の演奏を聞けたのは、何とも言えない感動でした。
私が大好きな、「ノクターン」で有名な、ショパンの夜想曲第2番変ホ長調が聞けたのが嬉しかったです。


最後は、聖学院大学フィルハーモニー管弦楽団もダニエル・フロシャウアー氏、ラファエル・フリーダー氏と共演し、迫力ある演奏をしてくれました。
また、聞きに来た人も巻き込んで、拍手を促すなど、チャペル全体が一つになって、音楽会が終わりました。


もちろん、また来年も聞きに行きます。
みなさんも、どうぞいらしてください!!




※聖学院大学では、毎年、創立記念音楽会を開催。
ウィーンフィルメンバーによるコンサートを行っております。


◇参考

かっつんも作成しているメールマガジンはこちら
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー
http://www.seigakuin.net/blog_my_top/blog_id=6

10/5「聖学院大学創立記念音楽会 ウィーン三重奏団 抽選にてご招待」
http://seigakuin.d2.r-cms.jp/blog_detail/id=872





 

次へ>>

ブログ最新記事

SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 8/2(土)オープンキャンパス開催  2014/07/31(木) 13:52
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 7/19(土)、7/21(月・祝)オープンキャンパス開催  2014/07/14(月) 18:03
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 7/1号  2014/07/01(火) 19:32
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 6/15号  2014/06/16(月) 12:00
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 5/31(土)オープンキャンパス報告  2014/06/03(火) 13:28
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 6/1号  2014/05/31(土) 09:36
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 5/15号  2014/05/15(木) 12:30
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 5/31(土)オープンキャンパス開催  2014/05/14(水) 16:17
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 4/15号  2014/04/15(火) 16:30
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 4/26(土)ミニオープンキャンパス開催  2014/04/10(木) 11:11
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 4/1号  2014/04/01(火) 12:30
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 3/13号  2014/03/13(木) 12:00
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 2/15号  2014/02/14(金) 16:10
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 2/4号  2014/02/04(火) 16:30
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 1/15号  2014/01/15(水) 12:00
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 1/4号  2014/01/04(土) 12:00
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 1/11(土)入試説明・相談会を開催  2013/12/19(木) 16:21
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2013 12/17号  2013/12/19(木) 16:09
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 『入学前準備教育』についてゼミで発表をした学生の感想レポート  2013/12/17(火) 13:20
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2013 12/2号  2013/12/02(月) 17:12

アーカイブ

資料請求(無料)
聖学院大学の入試情報
携帯メールマガジン登録
進学・修学支援制度
聖学院大学YouTubeチャンネル
聖学院大学から海外の大学へ
先生インタビュー
大学案内をネット上でご覧になれます。
よくある質問の検索とお問合せのページ
聖学院大学サイト