大きくする 標準 小さくする

ブログ一覧

ブログ 実習・授業・部活動

次へ>>

10/12開催 欧米文化学科オープンキャンパス体験授業 「アニメの歴史」[SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG]

投稿日時:2013/10/31(木) 15:58

10月12日(土)、オープンキャンパスの体験授業の時間に、欧米文化学科の畠山宗明先生に「アニメの歴史―アニメはなぜ「アニメ」と呼ばれるのか」についてお話ししていただきました。


アニメと親しむ外国人の写真などを見ながら考えました

ここ10数年で日本はアニメをはじめとした日本の大衆文化産業の振興を積極的に推し進めています。
その理由は、海外に日本文化の愛好者が増えているからです。

例えば日本のアニメは、ジャパニメーションと呼ばれ、世界で親しまれています。日本でも人気のアニメ『ポケット・モンスター』は世界60か国以上で放送されており、アニメ『ドラえもん』もアジアを中心に世界30か国以上放送されています。また、今年公開された映画、『パシフィック・リム』ではモンスターを「カイジュウ」と呼んだりしていました。それは監督が日本のアニメに感化されて作られたからです。

では、アニメとはどういう意味があるのでしょうか?
それは日本独自の文化なのでしょうか?

英語でのAnimationは活力、生気、活気という意味があります。俗にいう日本のアニメとは意味が少し異なっている感もあります。
逆に日本のアニメは、英語の「Cartoon Film(漫画映画)」の方がイメージに近いと畠山先生は説明されました。
しかし、だとするなら、それはなぜわざわざ「アニメ」と呼ばれるのでしょうか?


AnimationとCartoon Filmの違いについて
お話ししていただきました


それを考えるためには、日本のアニメのもととなった、「アニメーション」と呼ばれる技法や映画について考えなければなりません。

例えば今年亡くなった映画監督でストップモーションアニメーターのレイ・ハリーハウゼンは、実写映画『シンドバット黄金の航海』(1974年)の中で、クライマックスに粘土を使ったアニメーションを駆使しました。これは、実写ですが「アニメーション」と呼ばれています。

またそれは、実写映画と同じくらい古い歴史を持っています。
世界最初のアニメーションである、フランスのアニメーション作家エミリー・コールの『ファンタスマゴリー』は1908年)に作られました。

実は、実写もアニメーションも同じメカニズムから生まれています。
静止画像を連続して映写することにより、そこには「動き」が生まれます。動画はこのような静止画の連続上映から作り出されます。

このような技術を目にした人達は、それが死(静止画)から生(動き)が生まれたかのように感じ、また、動きそのものに命が宿っているような印象を受けました。アニメーションとは動かない(死んだ)画像から、まるで生き物のような動きを生み出す技術、動きそのものに生命が宿っているかのように表現する技術を指しているのです。

アニメーションとは、漫画や描かれた線で作られた動画だけを指すのではなく、動きを生き生きと表現するさまざまな技術を指す言葉なのです。アニメーションとはダンスや舞踏のような、物語よりも「動き」が強調された表現だとも言えるかもしれません。

日本のアニメはしばしばオタク文化に結び付けられます。
カワイイ女の子や、SF的なストーリーがその大きな特徴だとされます。しかし、アニメのもととなった「アニメーション」にまでさかのぼったうえで、もう一度アニメの表現を見直したとき、日本のアニメにおいても、様々に工夫を凝らされた「動き」を発見することができます。日本のアニメも、間違いなくこれまで作られてきたさまざまなアニメーション映画の子孫なのです。

このように、「アニメ」を「アニメーション」と捉え、その広い歴史の中でとらえ直したとき、私たちがよく知るアニメとは別の表現の可能性が、浮かび上がってくるのである、と畠山先生は締めくくられました。


欧米文化学科 ホームページはこちら>>

聖学院チャンネル出演!byマーキュリー[【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載]

投稿日時:2011/11/24(木) 22:20

こんにちは
マーキュリーです。
 
ヴェリタス祭も終わり、普段通りの学生生活に戻りました。
ヴェリタス祭のときは、そんなに寒くなかったはずなのに、どんどん寒くなっていますね。そろそろ大学受験も大詰めの時期にもなってきましたから、風邪には気をつけて下さいね。

 
さて、11月19日、聖学院大学放送部が毎週収録して、浦和地区限定で配信されている「聖学院チャンネル」という番組に出演してきました。今回は、東日本大震災における駅前街頭募金活動で活動した「学生有志」について、いろいろとお話を聞かせてほしいとのことで、出演しました。
まぁ、「学生有志活動」は9月30日で終わったのですが、良い機会だったのでお受けしました。
聖学院チャンネル」には、部活動で二回出演させて頂いているのですが、なかなかアットホームな雰囲気を出すラジオ番組で、収録も終始アットホームな雰囲気を出しながらの収録でした。
 
今回は、学生有志の活動として、募金活動を行った学生二人と私の三人で参加し、募金活動や、緊急支援物資の件などを約30分お話しました。
収録自体は30分では済まず、聞き手の部員さんが、今回初めての聞き手役として収録だったらしく、1時間半ほどでしたが…(頑張れ一年!)
詳しい内容は、このブログでもお話したことなどで、省きますが、なかなか良い収録だったと思います。
 

また近々出演することとなったので、また報告しますね!
 

私の新年…学友会総務委員会「総会」byマーキュリー[【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載]

投稿日時:2011/09/08(木) 03:36

こんにちは
マーキュリーです。
 
大学の授業は震災の影響で一カ月ほど遅れ、5月のゴールデンウィークの終わりくらいから始まっていました。

しかし私にとっては6月から始まったように感じていました。
それはこういうことです…
 
6月1日に学友会総務委員会総会」が開かれました。
学友会総務委員会をはじめとする、学友会関係の委員会部活同好会が一斉に去年とは違う面々になって揃う初めての日です。
私は一年生から会長・部長と役職についてますから、この「総会」は毎年出ています。
なんだかこの「総会」がないと、新しい学期にはいったんだなと実感も湧かなくなっており、私の一年の節目の役割もはたしています。
 
今年が去年と違ったのは、「総会」での私のポジションです。
去年は「閉会動議」を行いました。これは、最後の会を締めくくるために一番うしろの席から、叫んで閉会を頼むことです。大変文章に表わしにくいので、興味のある方はぜひ来年総務委員会に入るか、部長・会長・幹事長・委員長になってください。
 
今年は「議長」に選出されました。
議長」とはこの「総会」を仕切るポジションです。
最初から最後まで壇上の上におり、少しでも滑舌が悪いとかなり恥ずかしい状況になってしまいます。
 
総会の日は大変です。
まず起きたら、口内炎が出来ていないかチェック!
口内炎出来ていたら痛くて大変ですから。(口内炎があったらその日はガッツで乗り切るしかない)
その後朝風呂、いつもはしない髪のセットから、念入りに歯磨き(歯ぐきから出血しましたが…)
朝飯は納豆!(まぁほとんど納豆ですが、今日は「金のつぶ」(ちょっと高い)かなみたいな)
スーツに着替えて、いざ大学へ!

ここまですると何だかマーキュリーは変態なんじゃないかと思われるかもしれませんが、いいんです!新年みたいなもんだから!気にしない!
まぁ出来は上々なんじゃないかなと思います。
私を選出して下さった方々の面子は、保てたでしょう(苦笑)
 
私は「総会」から始まって「総会」で終わります。
確かに変人ですが、部活の長を三期務めるとまぁ普通になってしまうんではないでしょうか。
 

総会の時の気持ちを忘れずに、今も「学生有志」「東南アジアボランティア部Rung」のリーダーを務めています!

東南アジアボランティア部Rung近況報告byマーキュリー[【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載]

投稿日時:2011/07/30(土) 00:55

こんにちは
マーキュリーです。
 
原田知世の「時をかける少女」聞きながらブログを書いています。
皆さんは「時をかける少女」の映画を見たことありますか?
私は、なぜかマレーシアで見ました。もちろん上映していたわけではありません。携帯用音楽プレイヤーに入れておいたものを、見ただけです。
いい映画ですね。
 
さて、今日は久しぶりに部活の事でも書こうかと思います。
私が所属している部活動は「東南アジアボランティア部Rung」です。Rungとは、タイ語虹の意味です。読み方は「ルング」もしくは「ルンッ」と読みます。
私もこの部活動に参加して三年となりました。三期も部長を務めていることになりますね。
 
一年時はまだ同好会でしたが、今期から部室や部費までもらえる団体にまで育ちました。
その当時、同好会から部活に昇格させた例が十年以上なく、かなり苦労しました。しかし当時の総務委員長や文化会連合幹事長の手助けと、仲間たちや様々な教職員さんたちの協力で部活に昇格出来ました。
 
これまで多くのボランティアや行事に参加しましたが、一番強烈に覚えているのは「ラオスフェスティバル2010」でしょう。昨年に参加したこの行事では、お店を出店し、フェスティバルも大成功で終わりました。(去年のブログに詳しく書かれています)

 
今年も新たな部員が入り、新生「東南アジアボランティア部Rung」として活動をしています。
今年最初の仕事は、「壁新聞」作成でした。
なかなか更新されない「壁新聞」でしたが、今回はデラックス版として四号館前「ボランティア掲示板」に張り出されています。前回まで一枚だけでしたが、今回は三枚の用紙に部員の個性が出た記事があふれており、読み応え十分の内容です。
次に「ラオス語絵本プロジェクト」に参加
これは日本語の絵本をラオス語に変換して(ラオスのこどもという団体が変換してくださいます)ラオス語絵本をつくるというものです。
現在進行形のこのプロジェクトは、あともう少しで完成します。私たちで作業した絵本(五冊です)は、ラオスのこどもを通してラオスへと送られます。

 
今年はこの夏に、来年から続いている「バーベキュー」や様々なボランティア活動に力を入れていきます。
皆さんも入学したら、ぜひ遊びに来て下さいね!

タイ支援同好会Rungラジオデビュー!byメタボーマン[【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載]

投稿日時:2010/03/23(火) 00:14

こんばんは

メタボーマンです!

 

「タイ支援同好会Rung」が、聖学院大学放送同好会のラジオの収録に参加しました!

 

放送内容は、浦和の近辺ならば、聞けるそうなので是非聞いてみて下さい!

内容は活動内容の詳しい説明や、同好会のこれからについて熱く語ってきました。

 

放送同好会の方々も、優しくして下さり、本当にありがたかったです!

曲のリクエストもかるく引き受けて下さって、フルコーラスで流されるようです。

 

ちなみにリクエスト曲ですが、副長はケツメイシの「サクラ」で、メタボーは、安全地帯の「恋の予感」をリクエストしました!(副長の考えでは、卒業式に合わせてという事で、メタボーはなぜか頭に浮かんだ曲がこの曲だったからです)

 

ちなみに放送は、浦和を中心としたローカルラジオ局のREDS WAVE 78.3から土曜日に聞くことができます!

 

 

残念ながら、私たちの出た放送分は、終わってしまいましたが毎回聖学院大学の新しい情報を聞くことができますので、どうぞ浦和にお住まいの方は聞いてみて下さい。

 

次へ>>

ブログ最新記事

SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 8/2(土)オープンキャンパス開催  2014/07/31(木) 13:52
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 7/19(土)、7/21(月・祝)オープンキャンパス開催  2014/07/14(月) 18:03
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 7/1号  2014/07/01(火) 19:32
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 6/15号  2014/06/16(月) 12:00
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 5/31(土)オープンキャンパス報告  2014/06/03(火) 13:28
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 6/1号  2014/05/31(土) 09:36
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 5/15号  2014/05/15(木) 12:30
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 5/31(土)オープンキャンパス開催  2014/05/14(水) 16:17
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 4/15号  2014/04/15(火) 16:30
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 4/26(土)ミニオープンキャンパス開催  2014/04/10(木) 11:11
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 4/1号  2014/04/01(火) 12:30
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 3/13号  2014/03/13(木) 12:00
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 2/15号  2014/02/14(金) 16:10
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 2/4号  2014/02/04(火) 16:30
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 1/15号  2014/01/15(水) 12:00
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 1/4号  2014/01/04(土) 12:00
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 1/11(土)入試説明・相談会を開催  2013/12/19(木) 16:21
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2013 12/17号  2013/12/19(木) 16:09
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 『入学前準備教育』についてゼミで発表をした学生の感想レポート  2013/12/17(火) 13:20
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2013 12/2号  2013/12/02(月) 17:12

アーカイブ

資料請求(無料)
聖学院大学の入試情報
携帯メールマガジン登録
進学・修学支援制度
聖学院大学YouTubeチャンネル
聖学院大学から海外の大学へ
先生インタビュー
大学案内をネット上でご覧になれます。
よくある質問の検索とお問合せのページ
聖学院大学サイト