大きくする 標準 小さくする

ブログ一覧

ブログ レジャー

夏休みの経験byメタボーマン[【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載]

投稿日時:2009/11/25(水) 00:07

こんにちは

メタボーマンです

 

今回はこの夏親父と二人でシンガポール・マレーシア・タイに行ってきた話をします。

写真・シンガポールチャイナタウンにて

 

十日近く滞在しましたがとてもいいところでしたし、親父と二人男同士で話す事も多くありました。

写真・シンガポールの屋台兼ファミレスであるホーカーズにて

 

この旅で興味深かった話を二つほどしようかと思います!

一つは歴史の詳しい人はご存知かと思いますが、今回旅した国々に日本人は多大なる迷惑をかけた歴史があります。

 

シンガポールでチャンギ国際空港から車で5分ほどのところに、チャンギ刑務所という刑務所があります。今でも使われている刑務所ですが、その隣が戦争資料館となっており貴重な資料が展示されています。

 

資料館は小さな教会を中心としてぐるりと囲むようにできています。

その小さな教会は戦中そこに収容されたオーストラリア兵が建設した教会でした。

 

その教会の前で中年の女の人と男の人が泣き崩れていました。

 

私は声をかける事などできませんでした。

 

彼らのご両親がここで日本人に殺されたのだと感じたからでした。

私と同じ人種で同じ言葉を話す日本人が同じ人間を殺したという歴史に私は泣くしかありませんでした。

 

戦争というのはやる方もやられる方も悪いと言いますが、戦争そのものが悪いのです。

 

戦う前に人間は口を持っているのですから、会話で解決できるはずなのです。

 

私はその教会で祈ってきました。私たちの祖先が行った恥ずべき行いを許してほしいと、日本という国はこの最大の過ちを忘れる事はできない、忘れずに子供たちへと伝えていく義務があると。

 

私が祈っている間にこんな出来事がありました。

親父が館内を周っているとシンガポールの子供たちが社会科見学に訪れていたそうです。

 

親父が通りかかると先生がある写真を説明していたそうです。ちょうど日本人がした惨たらしい行いの話のくだりだったらしいのですが、親父に気付いたのでしょうか、謝ってきたそうです。

 

親父は私たちが悪いのだ。気にしていないと言うと子供たちがちらほらと頭を下げてきたそうです。

 

親父の目にも涙が浮かんできたのですが後ろにいたオーストラリア人の男性が「昔の事だもう終わった事なんだ。」と優しく声をかけてきてくれたそうです。

 

皆さん、もしシンガポールに行かれましたらチャンギ刑務所内の戦争記念館にお立ちより下さい。

 

タイではおいしいものを沢山食べ、メタボを進ませてきました。

また水上マーケットや三島由紀夫の小説「暁の寺」の主題ともなったワット・アルンにも行ってきました。

 

写真・タイ水上マーケットにて

写真・暁の寺(ワット・アルン)

 

マレーシアではシンガポールから歩いて国境をわたりました。

しかしアクシデント発生!!!

 

昔は歩いてマレーシア国内へと入国できたらしいのですが今は国境までは歩けても、入国管理のゲートまでは国境からバスかタクシーを使わないと駄目らしく…

それを知らなかった私たち馬鹿親子は歩道もないトコを歩き、武装した警備に「フリーズ!」と怒鳴られ、はぁ…

写真・国境から見たマレーシアの街並み

 

帰りは有名なマレー鉄道で帰りました。(しかし車内でジーパンの股下が破れてるのに気が付き、はぁ…)

 

そんなこんな旅でしたが皆さんもひと段落つかれましたら男同士又は女同士で旅に行かれたらどうでしょうか?

こんなときにしか話せない話も出来ますよ!

 

写真・タイの人々の足トゥクトゥク

 

お付き合いありがとうございました!

旅行三昧。fromミシン[【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載]

投稿日時:2009/03/13(金) 21:53

こんにちわ。ミシンです☆

4年生の私はあと一週間ちょっとで聖学院を卒業してしまいます

卒業したくない4年の同期の仲間の間では「梅が咲いたねー」とか「暖かくなってきたね~」という卒業を連想させる言葉が禁句になっております(笑)だってまだ大学生やっていたい!!

 

そんなわけで、2月下旬から3月あたままでずーっと卒業旅行差三昧を友達としてきました

 

皮切りは「冬のリトリート」です☆

これは聖学院大学の学生が運営している宿泊行事で3日間一つのテーマにそって教職員やいろんな学生とディスカッションするというもの。余談ですが、これに出てると就活のときに役立ちます。

 

そのあとは私の所属している聖歌隊の合宿、横浜、浅草、お台場、草津などなど・・・

一か月の移動距離が半端なかった・・・・!

 

草津旅行では女の子ばっかりで、夜中はお菓子食べて、お酒も飲んで、足湯につかりながら雪を見てきました

まぁこんな調子で机いっぱいの菓子をすべて食べつくしました(笑)

 

聖歌隊の合宿はけっこうガッツリ練習しつつも、最終日のお楽しみ会で隊員たちみんなで出し物したり、河原で遊んだりと充実 なによりも、指揮者の友清先生がとても面白い方で、とにかくみんな練習中は笑いっぱなし一応、合唱の業界では有名な指揮者なんですが・・・・とにかく笑いに走る走る

これはみんなで練習中の写真。実際はもっと人いますよ(笑)

 

と、ここでちょっと告知です。

聖歌隊のコンサートが3月にあるので、興味ある方、チャペルを見てみたい方、歌好きな方、お立ち寄りください☆

 

聖学院大学聖歌隊定期演奏会

指揮 友清和親   ピアノ 岩瀬彩

3月22日(日) 14:00開場 14:30開演

チャペルにて  入場料 無料

曲目 Ave Maria、賛美歌「こころくじけて」、水のいのち など

 

私は入試のついでで見学したチャペルに感動し、ここで歌いたいなぁ~と思って入隊したクチです。なので、ほんとにうちの学校のチャペルを見ていない人は必見!!ついでに聖歌隊も聞きにきてください(笑)

 

ではでは今日はこの辺で。

 

 

フィンランドで学んだこと momoの日常[【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載]

投稿日時:2009/01/24(土) 15:55

 

皆様お久しぶりです^^レポートと就職で毎日ひいひいいってるmomoです。

先日、ブログでもなげいていた異文化間教育のプレゼンテーションを無事終えることができました♪

最終レポートも提出できたので、とりあえず一安心です。

 

今回私が研究したのは、フィンランドの教育について。

皆さんフィンランドという国について知っていますか?

日本の本州と四国を合わせたくらいの、北欧にある小さな国。人口は525万人と小規模だけれど、国民の学力は世界一なんです!!

今フィンランドの教育はさまざまな教育、保育雑誌でも取り上げられていて、フィンランド・メゾットなんていう本まで出版されているんですよ!!

やっぱり、世界一の学力の秘訣について知りたいですよね~

というわけで私去年・・・・・フィンランドにいってきちゃいました!!

 

残念ながら大学のカリキュラムコースにあったものではなく、外部のツアーに1人で参加したんですけど、とても勉強になりました。

実際の保育・教育現場を見たり、国の成り立ちや理念について学んで『だから、フィンランドは学力世界一なんだ』と納得するくらいすばらしい国でした。

正直、日本ではフィンランドのような教育はできないけれど、いろんな良い点を吸収して、日本なりの教育や保育ができたらいいなって思いました。

 

今回のプレゼンは、学んだことを形にしてまとめることができたらいいなっておもって挑戦したんです。

皆さんも、視野を広くもって、いろんなことに挑戦してくださいね^^

いろんなことに挑戦できるのは、学生の特権ですよ!!

 

年始の挨拶。fromミシン[【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載]

投稿日時:2009/01/10(土) 13:00

あけましておめでとうございますミシンです。

皆さんはどんなお正月でしたか~?私はもっぱら、寝正月です。

 

 

しかーし!!

今年の元日は友達と一緒に初日の出を見てきました

12月31日夜に舞浜に集合して、友達と夜中のディズニーランドで遊びまくり、夜明けは葛西臨海公園で初日の出を拝みました☆時間と体力があり余っている大学生だからこそできる強引なスケジュール(笑)

 

 

 

4年生の私はあと2ヶ月で大学を卒業してしまいます

遊べるうちに、たくさん遊んでおかないと!

それから勉強できるうちに勉強しておかないと・・・・

実は卒論の締め切りがあと数日後に迫ってきています。卒論に課せられた規定の文字数は

 

 

 

最低2万字。(200字づめ原稿用紙100枚分)

 

 

 4年生の友人たちの間では、「あけましておめでとう☆」の代わりに、「卒論どこまで書いた?」が挨拶になってます。

あぁ、なんて嫌な年始の挨拶

 

 

・・・・というわけで、これからが勝負の受験生の方、勉強がんばれ~♪

 

ブログ最新記事

SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 8/2(土)オープンキャンパス開催  2014/07/31(木) 13:52
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 7/19(土)、7/21(月・祝)オープンキャンパス開催  2014/07/14(月) 18:03
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 7/1号  2014/07/01(火) 19:32
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 6/15号  2014/06/16(月) 12:00
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 5/31(土)オープンキャンパス報告  2014/06/03(火) 13:28
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 6/1号  2014/05/31(土) 09:36
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 5/15号  2014/05/15(木) 12:30
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 5/31(土)オープンキャンパス開催  2014/05/14(水) 16:17
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 4/15号  2014/04/15(火) 16:30
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 4/26(土)ミニオープンキャンパス開催  2014/04/10(木) 11:11
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 4/1号  2014/04/01(火) 12:30
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 3/13号  2014/03/13(木) 12:00
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 2/15号  2014/02/14(金) 16:10
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 2/4号  2014/02/04(火) 16:30
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 1/15号  2014/01/15(水) 12:00
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 1/4号  2014/01/04(土) 12:00
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 1/11(土)入試説明・相談会を開催  2013/12/19(木) 16:21
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2013 12/17号  2013/12/19(木) 16:09
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 『入学前準備教育』についてゼミで発表をした学生の感想レポート  2013/12/17(火) 13:20
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2013 12/2号  2013/12/02(月) 17:12

アーカイブ

資料請求(無料)
聖学院大学の入試情報
携帯メールマガジン登録
進学・修学支援制度
聖学院大学YouTubeチャンネル
聖学院大学から海外の大学へ
先生インタビュー
大学案内をネット上でご覧になれます。
よくある質問の検索とお問合せのページ
聖学院大学サイト