大きくする 標準 小さくする

ブログ一覧

ブログ 学生ブロガーの自己紹介!

次へ>>

はじめまして byマーキュリー[【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載]

投稿日時:2011/05/13(金) 22:05

こんにちは
マーキュリーです!
 
新年度に入ったので自己紹介から入ります!
私は人文学部日本文化学科三年のマーキュリーと申します。
ブログは一年生から行っており、もともとはメタボーマンという名前でしたが、大人の事情(?)でマーキュリーという名前に変えました。
マーキュリーとは、セーラームーンのアレではなく、フレディ(クイーン)のほうですので、間違えないように…
 

一応東南アジアボランティア部Rungの長を今年で三期目の任期をこなしています。
趣味は、読書、音楽鑑賞、ボランティアなどなどですが、友達諸君からは面倒くさい状況に陥ることが趣味でしょという意味不明なことを言われてます(苦笑)

 
さて、前に更新したのが去年の11月なので、半年ぶりの更新になりました。
この半年社会も、私生活もだいぶ変わりました。一番大きなことは、3月の東日本大震災でしょう。大震災で被災された方にはお見舞い申し上げます。


あの日私の部活ではまだ活動中で、一日帰れなかった部員も多かったです。私は用事があり、家に帰ってきて今から大学行くぞという時で、最初疲れてるのかなって思ったとたんさらにグラッってきたのでやばいと思い、家に走って帰りました。
 
部員には何度も連絡を入れたのですが、まったく連絡が取れず、後に聞いた話では大宮駅や埼玉スーパーアリーナで、一晩過ごした部員もいたそうです。

 
もうあの地震から二カ月たち、復興も始まっていますね。
大学では学生有志で募金活動を行い、今私がリーダーとして活動の指揮にあたっています。
 
早く被災地が復興し、東北に笑顔が戻ることを祈りつつ
 

改名byメタボーマン改めマーキュリー[【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載]

投稿日時:2010/07/31(土) 02:52

こんにちは

メタボーマン改めマーキュリーです!

 

メタボーマン気にいってたんですが…

残念です…

 

ちなみにマーキュリーとは、セーラームーンに出てくるセーラーマーキュリーではありませんよ!(苦笑)

皆さんイギリスの「クイーン」というバンドを知っているでしょうか?

「ウィウィルロックユー」や「伝説のチャンピオン」、「ボヘミアンラプソディ」で有名なバンドです。

中学時代に私は、「クイーン」のベストアルバムと、「ヴァン・ヘイレン」のベストアルバムを買いました。それから、「クイーン」の大ファンでして、とくに、ヴォーカルの「フレディ・マーキュリー」が大好きです!(私は男好きではありません…)

 

他のブログや、アドレスにもマーキュリーの名を使っているので、メタボーマンについで気にいっている、ネームです!

 

さて、先週の金曜日から、大学も夏休み期間に突入いたしました

さて遊びに行こうかなと、予定表を見てみると、何と…「定例会」や「部活動」やらで、いっぱいになってました…

 

初日の金曜日も、部活が12時半からで、全然暇じゃない!(笑)

しかも、いつも騒がしい大学内には、人っ子一人いないありさま…

なんだか静かすぎて悲しくなりました。

 

 

まぁとにかく、今後とも「メタボーマン」改め「マーキュリー」よろしくお願いします!!!

自己紹介byメタボーマン[【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載]

投稿日時:2010/05/13(木) 14:40

こんにちは

メタボーマンです!

 

お久しぶりですが、皆さんお元気でしょうか?

初めましての方も多いかと思いますので一応自己紹介をしておきましょう。

 

聖学院大学の一匹狼ことメタボーマンです。(嘘です)

所属は日本文化学科で、やっとこさ二年生になれました。

部活は今年から部に昇格した「東南アジアボランティア部Rung(ルングと読み、タイ語で虹の意味です。)」に所属しています。この部活は、東南アジアを中心としたボランティア活動を行う部活です。同好会時代には、タイの山岳地帯に学校を建てる活動をしたり、水道をひく活動を行ってきました。部活になってからは、ラオス大使館を訪れたり、今月の22日、23日と東京の代々木公園で「ラオスフェスティバル2010」というチャリティー活動にも参加します。 

 

部活以外にも「日本文化学会」という人文学部日本文化学科内の団体にも参加しています。 

 

この団体は様々な活動をしていますが、とくに大きな活動として、「ヴェリタス祭への参加」と「沖縄探訪ツアー」があります。 

 

「ヴェリタス祭」というのは、聖学院大学の文化祭です。日本文化学会では、去年は沖縄をイメージしたソーミンチャンプルという食べ物と、ソーミンチャンプルを食べるにもヨシ、一休みするのもヨシの休憩所として二号館の一部屋を借りて、沖縄の首里城をモデルとした休憩所を作りました。

「沖縄探訪ツアー」は、ヴェリタス祭で表現した首里城を生で見てきました。また、その他にも沖縄の重要な建物や楽しいスポットにも行きました。興味がありましたら、日本文化学科濱田寛准教授の研究室まで 

  

さて所属団体はこれぐらいにして、趣味は読書・音楽鑑賞・ギターを弾くこと・古本屋巡り。聖学院のブログは学生生活から、部活の報告、学生生活から離れた個人的な事まで幅広く扱っていきます。重要な情報は他のブロガーや、広報課からの情報を見て、メタボーのブログは暇な時息抜き程度に見て下されば結構です。

 

では皆さんこれからもよろしく!

初めまして by P[【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載]

投稿日時:2009/09/06(日) 19:58

初めまして
人間福祉学部人間福祉学科3年のPと申します。
実はこの聖学院大学の最大の(?)学生主催行事である、ヴェリタス祭(学祭)の実行委員長を勤めさせて頂いております。
そこで、僕からは主にヴェリタス祭に関する記事を皆様にお伝えしようかと思います。

では、まず基本情報から。

今年度のヴェリタス祭の日程は、
11月3日(火・祝)、4日(水)
時間はいずれも10時~16時の予定です。

テーマは人十色』に決定しました。


また、今回は昨年までのヴェリタス祭とは一味も二味も違うものになっています。
初めて来られた方に楽しんで頂く為、常連の方にはさらに楽しんで頂く為の仕掛けをいくつか用意させていただきました
特に最終日、最後の最後に最高のフィナーレを予定しています。
これこそ今年のヴェリタス祭の象徴であり、最大の目玉です
・・・が、どんなものなのかについては今はまだ内緒にしておきます

他にも、今話題のアノお笑い芸人さんやミュージシャンをお招きして、さらにヴェリタス祭を盛り上げていきます

これからヴェリタス祭開催までの約2ヶ月間、ヴェリタス祭の最新情報を記事にしてお届け致します。
・・・たまにヴェリタス祭以外の記事を書くこともあると思いますけどね(笑)

それでは次回の記事までさようなら
以上、Pでした。

試験を終えて byのん[【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載]

投稿日時:2009/09/02(水) 00:14

はじめまして、欧米文化学科2年の、のんです♪
このブログにアップするのは初めてなのですが、大学のことが少しでもみなさんに伝える事ができるといいなぁと思っています。
最後まで読んでいただけると嬉しいです。

さて、今回はテストを終えて、ということで、私は「合奏指導」という授業について書こうと思います。

「合奏指導」の授業は、本来児童学科の授業で、欧米文化学科の授業ではありません。
聖学院大学には他学部履修という制度があり、自分の所属している学科ではない他の学部、学科の授業を履修することができます。
私は中学校の頃から吹奏楽を続けているので、授業でもできるなら受けたいと思い、他学部履修の制度を使って履修しました。

「合奏指導」は木管楽器、金管楽器、打楽器、弦楽器の4つのセクションにわかれて、
各セクションの先生について、勉強をします。
テストは大学のチャペルで行い、各セクションのアンサンブルと、「威風堂々」という曲を全員で合奏する演奏会形式の公開試験という形で行われます。

私は1年の秋学期からクラリネットを専攻していました。
吹奏楽を続けているとはいっても、私はトランペット吹きなので、クラリネットに関しては全くの無知でした。
授業では、楽器を吹けるようになるだけではなく、初めて楽器を触る人に対し、どう教えていくか、
楽器はどういう歴史を経てできたのか、合奏をする上でどのような役割を果たす楽器なのかなど、
様々な事を学ぶことができました。
とくに、子供に楽器を教えるにはどうしたらいいかということについて、深く考えさせられました。
楽器を吹くという、フィーリングな部分を、初心にかえり、学ぶことができました。

テストでは、木管アンサンブルはアマデウス・モーツァルト作曲のメヌエットを演奏しました。
専攻楽器は様々で、クラリネット、フルート、オーボエ、ファゴット、バリトンサックスでアンサンブルをしました。
普通こんな編成でアンサンブルをやることなんてないんですよ。笑
みんなバラバラの楽器だったのですが、とても楽しく練習もできました。
 
本番前に初めてチャペルで練習をするのですが、みんな緊張のせいか、なかなかうまくいきません。
そんなとき、先生がかけてくれる言葉一つ一つが心にしみます。
先生の影響力はすごいなぁと感じました。
本番は無事にアンサンブルも、合奏も終えることができました。

テストというと、必死に勉強しなきゃというのがほとんどかもしれません。
もちろん必死に練習はしたのですが、それより、テストにもいろいろなものがあって、
中にはとても楽しい物があるということを知ってもらいたいと思います。
私は本番がテストだったということを忘れていたぐらいです。笑
人前で演奏する機会は、みなさんあまりないと思います。
こういう素敵な経験をみなさんにもしていただきたいです。

とても楽しく取り組めた試験でした、という報告です♪♪
もし興味のわいた方がいらしたら、聖学院大学でぜひ履修してみてくださいね。
次へ>>

ブログ最新記事

SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 8/2(土)オープンキャンパス開催  2014/07/31(木) 13:52
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 7/19(土)、7/21(月・祝)オープンキャンパス開催  2014/07/14(月) 18:03
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 7/1号  2014/07/01(火) 19:32
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 6/15号  2014/06/16(月) 12:00
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 5/31(土)オープンキャンパス報告  2014/06/03(火) 13:28
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 6/1号  2014/05/31(土) 09:36
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 5/15号  2014/05/15(木) 12:30
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 5/31(土)オープンキャンパス開催  2014/05/14(水) 16:17
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 4/15号  2014/04/15(火) 16:30
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 4/26(土)ミニオープンキャンパス開催  2014/04/10(木) 11:11
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 4/1号  2014/04/01(火) 12:30
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 3/13号  2014/03/13(木) 12:00
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 2/15号  2014/02/14(金) 16:10
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 2/4号  2014/02/04(火) 16:30
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 1/15号  2014/01/15(水) 12:00
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2014 1/4号  2014/01/04(土) 12:00
SEIGAKUIN UNIV Open Campus BLOG 1/11(土)入試説明・相談会を開催  2013/12/19(木) 16:21
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2013 12/17号  2013/12/19(木) 16:09
【The 聖学院物語】 パンフレットには載っていない物語を掲載 『入学前準備教育』についてゼミで発表をした学生の感想レポート  2013/12/17(火) 13:20
聖学院大学メールマガジン・バックナンバー 聖学院大学メールマガジン 2013 12/2号  2013/12/02(月) 17:12

アーカイブ

資料請求(無料)
聖学院大学の入試情報
携帯メールマガジン登録
進学・修学支援制度
聖学院大学YouTubeチャンネル
聖学院大学から海外の大学へ
先生インタビュー
大学案内をネット上でご覧になれます。
よくある質問の検索とお問合せのページ
聖学院大学サイト